彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ちょっと前のことなんだけど、このアルモドバルの新作見たんですわ。
水曜のレディースディにぶちあたったこともあってか、最前列の席しか残ってなくて、やめようかとも思ったのだが、その日を逃すと見られないので、我慢して見た。
いやー、おもしろかったねえ。もうアルモドバル、メロの名手だね。
で、今稽古は飛び飛びでやっててその合間に『インビクタス』見た。

稽古はもう33名の熱気にでなんかすごいっすよ。

で、映画なんだけど、いいっすよ。
でも見る前に普段のイーストウッド映画よりかは食指が動かなかったのは、題材が偉人伝らしいということで、その予感が少し当たった。やっぱりイーストウッドの主人公は、性格的に欠点のある市井のアメリカ人がぴったりだ。
でも、最後のラグビー会場のシーンがすごいのは、これ観客本当にこの人数エキストラ集めたのかってことで、CGじゃないよね、これ。それとも実映像との合成?パンフレット買わなかったから、このあたりまったく情報不足なのだが、もし全員エキストラなのであれば、まあ、すごいもんだわ。

それにしても終日曇天で寒い日々が続き、パリの冬みたいだ。ってあまりパリの冬も知らないのだが。
『ターミネーター』はおもしろかったし、『エイリアン』も好きなのだが、なぜか『タイタニック』は見ておらず、当時感動したと言う人を小馬鹿にしていたわけは、ちょうど私がニューヨークにいた時期、アカデミー賞授賞式があってテレビでその実況を見ていたのだが、ジェームス・キャメロンがオスカー像を抱えて「私は王だ」とのたまっていたのを、なんて不遜なやつだと憤慨したからだった。
『タイタニック』はまだ見ていないが、もっと後になって監督のこの言葉は映画からの引用だと知った。なんだ、そういうことだったのかと、ジェームス・キャメロンに悪いことをしたと思った。
マンハッタンにはその時期ちょうど柄谷さんも自著の英訳出版の件で滞在していて、『タイタニック』を見て泣いたという話を聞いて、二の句が継げなかった。柄谷さんの映画の趣味はかなり独特というか、おもしろくて、『八甲田山』も大好きで泣いたという。あとお好みは『大脱走』、『ナバロンの要塞』。要するに男たちが共に難題に取り組む話が好きなようだ。

で『アバター』を2Dで見たが、おもしろかったねえ。3Dで見なかったのは別に理由があるわけではなくて、近所の映画館がそうだったから。
おもしろいっすよ、単純に。
でも、これがまたアカデミー賞を取るのだったら、アメリカはアフガンから撤退すべきだし、京都議定書に関してももっと積極的に協力すべきだよなあ。

イーストウッドとアドモドバルの新作を早く見たい。
もうくったくたよ。
でも気分転換に映画館行くわけよ。
『パブリック・エネミーズ』見ました。さすが生真面目なマイケル・マンだけあって生真面目に撮ってるよねえ。でもなんで今デリンジャーなのかいまいちピンとこんなあ。アメリカ国民おおむね金融機関に怒ってるから、かつての銀行強盗の映画見て憂さをはらそうってことかな。
ジョン・ミリアスの『デリンジャー』のラストにも確かあったと記憶してるんだが、デリンジャーを追い続けて殺したFBI捜査官のその後の人生の末路がやたら泣けるよなあ。犯罪者とそれを追う者が一枚のコインの裏表であるというストーリーの典型だよなあ。

で、『大市民』の初稿上がったわけよ。
初稿だからまだわかんないんだけど。
で、この日はやたらと脳が冴え渡っちゃってファスビンダーの『ブレーメンの自由』読んじゃて、さらに夜中に『愛は死よりも冷酷』見たりしたら、全然眠れなくなっちゃった。
って寝たけれど。
そういうわけで、くどいけれど、おれ、五十歳になりたて。
全共闘世代でも「太田省吾と同い年ぐらい」でもないからねっ。失礼な。で、なかなかいいよ。五十歳って。今日も起きると「ああおれ五十なんだなあ」ってすがすがしい。

で、タランティーノの『イングロリアス・バスターズ』見たけど、おもしろかったねえ。映画館でひとりで大爆笑してたのは、おれ。
いやー、タランティーノやっぱ好きだわ。選曲の趣味なんかもおれと似ていてやんなっちゃうな。いいよ、この大ひんしゅく映画。ウォーターズとタランティーノはやっぱ特別だな。絶対ヒューマニズムに転向しないで欲しい。本当に脳の刺激になったな。

で、芝居じゃカステルーチの『神曲・煉獄篇』見たけど、なんか、アヴィニヨンで大絶賛で、とか言われたり、いろいろすごいとか言われて見ると、へいへいおっしゃる通りすごーござんすとしか言えないよなあ。
なんか、現代演劇の後進国の日本よ、見よ、EUの底力はどんなもんだいとか言われてるみたいで不愉快だよなあ。
まあ、おもしろいけど、ありがたがって見てやるもんかってな感じだよなあ。
どーもまだ日本は欧米人をありがたがり過ぎだよなあ。
マクバーニーとかいうイギリス野郎もまったく気に入らない、おれは。

稽古の合間を縫うようにしてファスビンダーの未見の「四季を売る男」、「不安は魂を食いつくす」を見たが、いいねえ。
私の書く劇とファスビンダーの映画、彼自身のダグラス・サーク体験以後のものとの共通項を指摘する感想は正しい。
それはメロドラマの構造を積極的に導入する方法において、だ。
『アルゴス坂の白い家』も実は実にサークちっくなところがあり、演じる者は盛大にメロと戯れなければならない。そのことを演出家がまったくわかっていないと、ぼんやりとした上演となってしまう。
時間がぽっかり空いたので、『空気人形』を見たが、なかなかに残る映画だ。男の性欲が直裁に描かれていてけっこうヘビーであり、日活ロマンポルノのテイストがある。性の背後に見え隠れするどうしようもない暗さだ。
故に、恋愛初期のカップルにはすすめられない。
となると自然ひとりで鑑賞することになるわけだが、ひとりで見た私はどしーんと暗くなった。牛丼でもかきこんで、かりそめの生の謳歌をしなければやっていられないという気分になった。

ところで東スポで愛読している島地勝彦氏のエッセイが『甘い生活』というタイトルで単行本化された。これまで、この珠玉の連載エッセイをたまに切り取って保存していた身にとっては、まことにうれしい限りだ。
すんばらしい人生訓の数々である。
『しんぼる』を見たが、思ったよりつまらなくなかった。
前半は呆れつつ見ていた。
まぐろの握りを醤油無しで食べ、食べ終えたところで醤油が出てきて、「遅い!」と醤油瓶をはたくシーンなど、こんなテレビサイズのギャグをスクリーンで見たくもなかった。
中盤よりおもしろくなってきて、要するにこれは松本人志の世界制覇の野望と妄想のプロモーションだな。ラストの松本が麻原影光に見えるのは蓬髪と髭とオウム服のような白いパジャマだけのせいではなく、後半の世界への視線が完全に麻原的妄想だからね。要するにラストは地球の未来の運命は我が手にありってことだからね。
それとメキシカン・レスラーの部分の演出がもっとまともに上手かったら、最後のオチがもっと効いてたのになあ。ここ笑ったけど。

でも、やはり監督本人でなくて、もっと演技の上手な俳優にやらせるべきだったな。本人がこの男を演じてしまうと、結局芸人松本人志の野望というふうにしか捉えられなくなってしまい、その分映画が小さくなってしまった。
しかも、本人の演技がまるで下手ですよ。ぎゃあぎゃあ大声ばっかあげてて大画面で正視できる代物ではないですよ。
でも、この映画、全体においては好きですね。
もう一度いうけど、もっと上手い人がやれば、立派なサイコ・スラプスティックになったのに。
と逆算して考えると、北野武ってのは紛れもなく映画俳優なんだな。
モントリオール映画祭で根岸吉太郎監督、賞取れてよかったよねえ。
去年の滝田洋二郎監督ともども、こういうたたき上げの監督の映画が外国で賞取る光景ってうれしいよねえ。
この二監督とは、私、私が二十代のころ、会ってんだ。
異形の俳優がいるって噂で、監督がおれを呼んだわけ。
で、会うと、おれ、思いの外、整った、普通の人なんで、監督のけぞっちゃったわけ。
こういうことは随分と昔ありましたよ。
ま、舞台と普段じゃ違うし、根岸監督のほうのは、頭丸狩りって条件だったし、おれやったわけないのよね。確か柴田恭平の敵役かなんかだったな。
ま、しょせん、おれ、俳優じゃないわけだ。
『サブウェイ123』を見た。
70年代、パニックものが流行って、『サブウェイ・パニック』っちゅうのがあって、ウォルター・マッソーが出てたんだっけかな。
そのリメイクってんで、見に行ったわけ。
まあ、悪い映画ではないが、サスペンスにはなってないな。
でもニューヨークの地下鉄の肌触りを思い出したりして、楽しかったけどね。
ところで某週刊誌の映画評の星取り表と、おれの感想っていつも真逆よ。だから、星一つが大勢のを見に行くと、たいてい当たるんだな。
映画見巧者ってのもたくさんいるけど、当てにはならんね。