公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
人に薦められて、テレビ番組『ソプラノズ』をDVDで見始めたが、けっこうおもしろい。アメリカのテレビ・ドラマの質は高いねー。映画がドラマとして軒並みだめになってるのは、テレビ・ドラマのせいかもね。
ごりっとした映画が観たい。ペドロ・コスタの新作とか見たいが、この手のは渋谷あたりでひっそりやっててひっそり終わっちゃうから、いつも見逃してしまう。新宿、吉祥寺あたりでやってくれるシアターが出来るといいのですが。

書く日々。やや頭がおかしくなってきた。
左耳が聞こえないというあゆが心配だ。
サンドウィッチマンがこれからやっていけるのかどうか、心配だ。上手の人は大谷亮介氏にちょっと似ている。

『セリ・ノワール』を見る。アラン・コルノーが監督で、原作が、ジム・トンプソン!の『死ぬほどいい女』だから、否が応でも期待が高まっていたが、まあまあだな。ラストにひねりが欲しいな。原作の小説のラストはすさまじいんだからさ。それにしても死ぬほどいい女ってどんな女なんだろって考えて、読んだ時は終日、死ぬほどいい女とつぶやいていた時期があった。

で、『ワニの涙』、第二稿上がる。
今三茶の映画館でペドロ・アルモドバルの「ボルベール帰郷」を見終えたところだが、なんとも素晴らしい。アルモドバルはまた女のドラマの傑作を撮ってしまったな。ヴァギナとペニスに関する科学的メロドラマである。すがすがしい夜なり。しなければならないことが山積みだが、今夜はこの余韻に浸っていよう。

帰宅する。
気が付けば、多頭飼いの世界である。
『あるいは裏切りという名の犬』という映画を観た。
極上のフィルム・ノワールとまではいかないまでも、よかった。
老いた娼婦をやってるミレーヌ・ドモンジョが泣かせるねえ。
まあ、アラン・コルノーとまではいかないなあ。アンリ・ベルヌイユの新版ってとこかな。コルノーの『真夜中の刑事』とか『メナース』とかよかったよねえ。それとジャック・ベッケルの『現金に手を出すな』みたいなフィルム・ノワール観たいよねえ。あと初期のメルビルとか。
それにしても、『あるいは裏切りという名の犬』って邦題はけっさくだよ。原題は『36分署』みたいなもんだから、配給元がつけたのだろうか、最近の邦題ではダントツだよ。
昔は、配給元がいい邦題いっぱい考えてた。『旅情』とか『慕情』とか、『恋のエチュード』なんか監督のトリュフォーが原題よりいいって言ってたっていうじゃないの。
今は原題をカタカナにしただけで怠慢だぞ。
『ダイ・ハード』なんてわかんねえよ、『死んでたまるか!』とかにしろよ。
あと『マイアミ・バイス』ってのもわかんねえ。『海水浴刑事』にしろ。
あとちょっと古いけど『ナイン・ハーフ』なんてのも、わかりにくいから『やってばっか』ってのはどうだい。『オーシャンズ11』なんて気取りやがって『11人の泥棒』でいいだろ。『シリアナ』とか『シッコ』ってのは、まあそれなりに印象深いからいいか。
で、新作の劇のタイトルを『あるいは小夏という名の猫』って、そのままだろがっ。
このタイトルいろいろ応用できる。
『あるいはカワムラという名の馬鹿』
とか
『あるいは絶倫という名のちんぽ』
とか。
失礼しました。