彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

そういうわけで、、京都に戻ってきて、昨日は入試の採点。

それにしても大阪では楽屋から劇場ロビーに行ったところ、なんか客層の空気が違うんで、さすが大阪、オバチャン帝国と思ってたところ、隣の劇場の吉幾三リサイタルだった。私こういうこと実はよくやる人で、フィリピンに行った時など、世田谷のアジア企画のメンバーとはぐれて遅れて劇場に着いて、ミュージカルだって聞いていたのが、なんかスペイン人みたいな人ばかりが踊ってるなあと思って、見終えて劇場出て、みんながいないのでどしたんだろってところで、みんなが見ているミュージカルはこことは違う地下の劇場で、私が見ていたのはスペインのダンス・カンパニーの公演だったとわかった。
もっとも、梅田でそのまま吉幾三見て、どうも今までの「AOI」と違うなと佇むわけはないのだが。

この日は長谷川の誕生日だった。演じてる最中の時間に三十路を迎えたと喜んでた。

なんか酔いがまわるのが早い。

七時起床で午前中大学で後期入試。面接。
それを終えて京阪で大阪入り。
マチネ。客席の幅が広いので集中が散逸するのではとも危惧していたが、思いの外、そうでもなかった。もっとも普段ドラマシティでやられるタイプの舞台ではないであろうから、唖然としたおばさんもいるかもしれないが。
出来はすこぶる好調。
すぐソワレ。
これがまたいい出来だった。
麻実さんはますます凄くなっていく。
京都造形芸大の杉原、木村、木之下、土屋といった面々が見に来てくれた。

そういうわけでいっとう不安があった大阪公演が無事終わった。

みなさん、お疲れ様でした!
福岡もこの調子でいきましょう!

夕刻大阪入りして、台本の英訳とかチェックして舞台稽古。
まあ、いろいろあるわけよ。ブログじゃ楽しげなことしか書かないけど、いろいろあるわけよ。
そいで舞台稽古終えて京都入りして今ホテル近くのガストで夕飯食べ終えたわけ。
大阪駅のホームの反対側は東京行きの寝台銀河で、なんかそれに乗っちゃいたい気もしたりして。
でも大阪はまだそうでもないんだけど、京都にいると、やっぱり東京に帰りたくてしかたなくなるんだよね。
新幹線の車中で「おそめ」って伝説の京おんなのノンフィクション読み終えたんだが、こういうのを読むにつけても東京と京都の違いを感じるよなあ。
とはいうものの京都は飲み歩くと楽しいんだけどね。「おそめ」も木屋町のバーのママに借りた本で、読んだから、この滞在中に返しにいこうっと。この本なかなかだよ。修羅だよ、修羅。
それにしても小夏が恋しい、あの温もりが。

そういうわけで、橋本の幕が開いた。
開演しようって矢先に、ちょいとしたトラブルがあって、客席にいた私は何が起こったのかもちろんわからず、ああ、神様、また私に試練を与えようというのですか!
って、どたばた裏走っていっても仕方ないし、いやーな汗かいていたのだが、それから無事始まった。
芝居の出来はよかった。これまでの稽古でも見ることのできなかったほどのいい出来だった。
お客さんも暖かかった。橋本のみなさん、どうもありがとうございました。
おかげさまで、長いツアーの、とてもいいスタートを切ることができました。
そういうわけで、終演してのんびり煙草吸ってたら、乾杯するんで早く来いってせかされて、楽屋に向かうと、みなさん、もうずらっと揃ってて、オフィシャルな空気のなか、挨拶しろっていわれて、私は楽屋で乾杯っていうから、ビールにソフトさきいかかなんかで、でれでれ飲んでいればいいんだろうぐらいにしか予想していなかったもんで、なんだかわけのわかんないことしゃべって、手塚さんにつっこまれた。
こういうときのつっこみは、手塚さんは素早く、的確なのだ。
頭いいつっこみの人がいると、私はほんと救われる。
そういうわけで、まだまだこれから長いんだし、みんな大人だから、どっか飲みにいくなんてことはせずに、散会。家まで遠いということもあるが、この芝居、俳優には異常なほどの緊張と集中を要求するもので、疲れはこまめに取らなければならない。

そういうわけで、彷徨邸近くの焼き肉屋で牛、豚足、ユッケ、チヂミにマッコリ飲んでおだあげた。

で、日曜は休みにして、あゆ聞いたり、『笑点』見てへらへら笑ったり、『アメリカン・アイドル』見たりしていたわけよ。
この番組は、見ると見入ってしまう。気楽に見ることができないのは、私が今や審査員のサイモンみたいな立場にいるからで、才能ってのは俳優も五分でわかるよなあってことなんだよねえ。って、古いフレーズだけど、ゴーマンかましちゃうんだけど、その才能がいつ開くかは断言はできないが、その有無は五分でわかるってことなんだ、結局。だから、俳優教育ってなんなんだってことなんだ。
てなこと考えたりして、けっこう真剣に見てしまうのよ。
それと今の等身大のアメリカがわかるっておもしろさかな。
ほんっとアメリカ人って変だよなあ。
って見終わったら、小夏がやってくる。
で、小夏とうつらうつら寝てしまった、おれ。

そして今日、小説のゲラ、チェック。
明日は大阪だわ。

いよいよ初日だ。
優雅に小屋入りしようと思っていたが、やはりそうもいかない。 幕開きまであと数時間、大人がみんなで一気に緊張する時間がやってくる。
花粉アレルギーで体中が痒い。
幕が開いたら、また更新します。
演劇の神様はいる。
私は、なんの照れもなく演劇嫌いと名乗りつつ演劇現場に携わろうとする演劇人は、結局ただのスノッブに過ぎないと思う。
ではまた後でね。

今日はアメリカ行きのビザ取得のため、朝の八時半、アメリカ大使館へ行き、なんだかんだ用事足して、杜のホールはしもとに1時頃着。
はーるばるきたぜはーしもとって感じだが、いい劇場だわ。 そいで七時半から「AOI」のテクリハだったが、少しこぼれて、長谷川の車で八王子まで送ってもらった。長谷川の話だと八王子には医療刑務所があって、脱獄者が出るのだという。あとやくざとキャバクラが多いんだと。
そういう話をふーんと聞いて明日に備える。いつもの通り初日が開くまでの劇場での一日は長い。

稽古場に撮影のために見学で天才カメラマン宮内氏、おうおう現れる。
宮内氏、見て帰る。
滞りなく稽古が終わる。
制作部からツアー、アメリカ入国のためのビザ取得の説明など。

佐伯一麦から本が届いたので行き帰りに読む。『石の肺』というタイトルで自らのアスベスト禍について書いたノンフィクションだ。
私どもといたあの日あの時、佐伯は実はこんなに大変だったのだと思い知らされる。私と飲んでいる時はそんなそぶりを露ほど見せなかった。それどころか、こちらが世話を焼かれるほうで、ニューヨークに三ヵ月滞在する前に飲んだ時は、「あっちにいけばこういうもんも食べられなくなるだろ」と焼鳥を大量に注文するのだった。
その優しさに、焼鳥ぐらいニューヨークにあるとは言えず、頬張った。佐伯には佐伯の意地があったのだろう。しかしそれはお互いツッパッテルというわけでもなく、俺達は自然なのだった。結局俺達はバブルなんてものとは無縁だったと言える。
生活がやや安定して、申請を却下されて不払いになっていた国民年金を、さかのぼることができる分の支払いを始めた、というくだりは身に染みる。
佐伯よ、君は今なにをしているのだ。
って本を出版したのだな。
手紙を書くよ。手紙だ。君にメールは似合わない。というか、君は携帯もPCも持ってないだろう。君はそんなもんを持つ必要などない。同い年の君は、同い年でこういう男がいるという意味でかけがえのない存在だ。

とにもかくにも三月三日、橋本で初日が開く。
みんなー、楽しく厳しくいこうぜっ!!

本番が近づくにつれて、通しでもダメ出しが減り、演説も減るのが私にはいつものことで、今回もそうだ。
大体、よくなるために稽古をしてきたんだから、よくなっていってるに決まってんじゃねーか。
そういうわけで、今日もほとんどダメ出しとかなし。

話は変わるが、このあいだの飲み会で手塚さんは野田さんの「ロープ」のことを話したのだが、日本の中堅演劇人にとって、小劇場から現代演劇へ、というイノベーションの意識の有無が設定されうるかも知れない。
私は「ロープ」を見ていないから、判断できないのだが。

ただし、アングラから現代演劇へ、というタームはありえない。アングラは徹底して、どこまでいこうとアングラだからアングラなのであって、だからアングラを褒めようとする人はよっぽど注意しないと、褒めたその時点でアングラでなくなってしまう。ここいらのことは、やはり平岡正明氏は上手だ。ふさしぶりにマチャアキの評論集読んでんだけど、おもしろいねえ。
ってこんなこと書くと、また剣持たまきさんに、五十代と間違われるかも知れない。
って剣持さんは革命三馬鹿の平岡正明なんざ、知らないだろうが。
とにかく私は四十七歳だからね、剣持さん。

で、自分はなんだと思ってんだって? アングラなの、小劇場なの、現代演劇なの?
わからない。いわぬが花よ。

写真は稽古後、ボー然としている中年二人組。このコンビで一年後、「神なき国の夜V」もやるので、よろしく。今のところ『ワニの涙』ってタイトルの予定。

今日は衣装パレード。って別に衣装着て町に繰り出すってわけではなくて、衣装着て具合見て着たまま通しをやろうってこと。
それで両方のチームがお互いのを見たわけ。手塚さん、笠井さん一様に「AOI」がずいぶんと変わったという感想である。
とにかく全員がのっている。
稽古はこれで残すところあと二日。

ところで写真は麻実さんの紫綬褒章パーティーでの唐さんとのツーショット。
思えば唐さんと初めて会ったのが、私が二十二歳だったから、そうか、あの時唐さんは四十二歳か。生意気盛りの私を唯一受け止めてくれたおとな、この世で私のことを、たけしと呼ぶ唯一の男性である。
私の生意気を受容するどころか、「たけし、もっとやれやれ」と各所で煽る唐さんで、この日も即時に、会った頃に戻ってはしゃいでしまう私どもなのでした。

昨日は俳優諸氏と飲み会だったのだが、私は早々に酔っ払った。
手塚さんは減量して痩せたシルエットが定着して、ますます役にはまってきたな。 「AOI」のほうは、これもまた恐ろしいほどの出来栄えを見せ始めている。ある意味初演とはまるで違うものになっているとも言える。
なんとなく見ていて恐ろしい瞬間がある。
ところで写真は眠るメメ。