公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

ニューヨークはえらく寒いっすよ。ところどころ溶けていない雪も残ってますし。

ヒルトン・ホテルで「パリスにおれが来たからと伝えてくれ」とフロントのホテルマンに伝言して街を歩く。
で、ブロードウエイで、って中野ブロードウエイじゃないぞ、念のため、『HAIR SPRAY』とか見ちゃった。
そいで、リハとかフォトコールとかやって、いよいよ本番の日は快晴で暖かくなったわけよ。
で、客席は満席でアメリカ人の観客率が高く、リチャード・シェクナーとかも来ていて、無事終了。すごい拍手にスタンディング・オベーションも出たよ。ほんとだよ。
レセプションはまたいろいろな人がわいわい興奮していて、ポーラとも再会できたし、よかったよ。
なんか個人的にはニューヨークとの第三幕が開いたって感じかな。
第一幕は八十年代、19歳で初めて来て、それから何度となく訪れた時期。
二幕目は九十年代、ACCのグランティーで来て、その後『マクベスという名の男』の上演、NYUでの三島の近代能楽集の演出などなど。
この間なんで来なかったのとか聞かれるが、単純にやけに忙しかったし、別に呼んでもくれなかったから、いかなかっただけだよ。

ポーラによるとボストンの新聞にもあの後いいレビューが出たそうだ。
で、日本居酒屋りきでスタッフのお疲れ様会。
「マツイはトランプタワーに住んでるんだって」という会話に照明の大野が怪訝な顔してるので、どしたんすかと聞いたら、一瞬世田谷の松井憲太郎さんのことだと思ったんだって。んなわけねーだろ。でも松井さんがトランプタワーから出てきて、「やあやあ、いらっしゃい」とかやってたらおもろいな。

で、今日は日本領事館の桜井大使に昼食を招かれて、笠井さん、麻実さんらと公邸に赴く。なんか最近アメリカは日本をまともに見ようとしている、かつてのエコノミック・アニマル観から比べると段違いだという話などなど。確かにそう感じますよ。これはマンが、アニメ、映画、松井などのおかげかも知れない。演劇もがんばらないとな。
そういうわけで、みんな元気だ。

到着した日は、ジャパンソサエティの芸術監督塩谷さんと久々の再会。I come back to NY!ってわけ。
42ストリートあたりまでぶらぷら歩いて屋台のホットドッグを頬張る。私の好み、マスタードとザワークラフト。味は前と変わらない。ニューヨークで一番好きな食べ物がこれ。

早速ニューヨーク市立大学で私に関する催し物があるってんで、35ストリートのホールへ。そこでゲストのリチャード・フォアマンと再会。フォアマンさんは今新作上演中ってんで、明日行きますとうきうき。
客席にはジョシュ・フォックスも登場。で、この日のプログラムは一時間半の間にいろいろ趣向をこらしていてほんっとおもしろかった。
まずはキャロル・マーチンによる私の劇についてのレクチャー。そして『マクベスという名の男』、『オブセッション・サイト』、『ハムレットクローン』、『KOMACHI』のビデオのキャロルの説明つきの一部分上映。それからアメリカの俳優、演出家による『AOI』と『KOMACHI』の一部リーディング。最後に私、キャロル、フォアマン、リーディングの演出家ふたりを交えての座談と客席からの質疑応答。と、どうです、盛りだくさんでしかもそれが無理なく進められてほんっと楽しかったですよ。私は思い出した。自分はニューヨークのこのさくさくしたリズムとテンポが肌に合っていたのだったと。東京もレクチャーやらシンポジウムとかやる際にはいろいろ考えたほうがいい。業界だけで通じる言葉で長々とした時間をかければいいというものではない。私はシンポジウムにおいてもエンターテインを考える。
レセプションではニューヨーク大学の学生たちに囲まれる。みんな、いろいろ質問してきたよ。日本の今のナショナリズムなどについてとか興味深い質問もあって、みんないろいろ日本のこととか勉強してるよ。で、いろいろ思って感激の一夜でした。涙も出そうでしたよ。この街は私を待っていてくれていたんだという思いで。

夜、劇場をのぞいて、近所で焼き鳥を食べる。

リチャードとぼく。

『AOI』と『KOMACHI』のリーディング。
シンポジウムでのぼく。いっとう右がリチャード。左へいって演出したケン・ワット、今回の翻訳もしたオガワ・アヤさん、ぼく、通訳をした俳優のジェームス・八重樫、キャロル。

レセプションでのぼく。学生たちはみな真摯だったなあ。

で、まだ続くんですが、昨日は仕込み日なんで、朝劇場をちょいとのぞいて、スーパーで水とかビール買ってから、WTCへ。つまりかつてのグラウンド・ゼロ。
それにしても地下鉄きれいになったなあ。八十年代に最初来た者にとってはこの変遷はおもしろいなあ。9.11後、さらにきれいに、さらに親切になったなあ。九十年代、この街は老女のような街、比べると東京は中年とか思ったが、今は東京が老女、ここはテロで年齢を喪失させてしまったってな感じかな。
で、再開発中のWTCを目の当たりにして当時のテレビ映像も思い出して、私、涙があふれてしまった。
で、ダウンタウン、思い出の場所をうろうろして、ユニオン・スクエアのどでかい古本屋ストランドで時を過ごす。
で、夜はリチャードの劇を見に、セント・マークス・チャーチへ。
『WAKE UP MR.SLEEPY!YOUR UNCONSCIOUS MIND IS DEAD!』ってタイトル。
いつもと違うのは映像をふんだんに使ってることかな。そのぶん俳優の魅力がないんだけどね。
で、見終えて近くの老舗ビール居酒屋でがんがん地ビール飲んで、同じテーブルのベルギー人に芝居の宣伝して帰ってきた。

で今朝は朝食で長谷川とばったり会って、長谷川と手塚さんは昨日ブロードウェイで『トーク・ラジオ』を見たという。
みんなと全然会わないんだけど、何してんだろうと聞くと、あの手塚さんもニューヨークでけっこうテンション高くなって、いろいろ歩き回ってんだという。やはりこの街は芝居屋を高揚させる磁場を持っている。

ボストン公演が終わった。
街は溶けかかった雪が氷状になり、本当に寒い。

昨晩はエレベーターでぼんやりと降りてくる長谷川とばったり会い、どうしたのかと聞くとトイレが詰まったという。そう、どうもホテルの便所の水の流れは低い。しかも日本人は紙を使いすぎのきらいがある。後で長谷川に尋ねると、やはり、うんこが水にぽちゃんと落ちる、あのぽちゃんが嫌であらかじめ紙を水面に敷くのだという。そういうことだから詰まるのだと私は説教した。まず実を流してから拭いて紙を流すのがこつなのだといってやった。どうだ、長谷川、勉強になっただろう。
長谷川は近所でまずいラーメン屋を見つけたとも語った。ラーメン屋という名前で、スープが゜ほとんど醤油だという。

本番を終えて、笠井さんも誘って手塚、剣持、長谷川という面々でチャイナタウンの中華屋に向かう。私はそこで久しぶりに日本酒のお燗を飲む。料理はまあまあ美味しく、みなさん元気になる。
中村は胃痛だ。福士氏は寝ているということだ。夜になると復活してどこぞで暴れる心づもりだろう。

夜、部屋のビデオで全米話題となったコメディ『ボラット』を見る。最中、不意に猛烈な眠気に襲われる。やれやれ、やっぱり時差ぼけが抜けていない。十二時前に寝る。

今朝は快晴。さて、これからニューヨークへ向けてバス移動だ。

で、およそ四時間、道が空いていて思いの外早くマンハッタンに到着。
ホテルにチェックイン、およそ七年ぶりのニューヨーク!
持参した古いガイドブックにはまだワールド・トレード・センターが載っている。
やさしく、残酷で、いたいけな街に、私は戻ってきた!

小夏から、元気ですかにゃんのメールがある。
さびしいにゃんって。
待っててね、小夏。でも本当にこれ野良ですから、帰ったときにはいなくなってしまっているかも知れないのがとても心配でさびしいです。


初日が開いた。無事に開いたのである。
俳優、ダンサー、みんな、さすがだった。うなってしまったよ。スタッフも大変だったろう。これからもっと大変なのだが。
字幕は少しカットしたのだが、台詞にかなりの反応があり、終演後二、三の観客に聞いたのだが、面倒に感じないというので、このままいこうと思う。特に『KOMACHI』には客席、大笑いしていたな。それが全部、笑って欲しいところで確実にくるんだ。
レセプションでは見終えて興奮気味のお客さんに囲まれたのである。
よかった。いいスタートが切れた。
私にとってはひさびさの海外公演の醍醐味を感じている。
地元のボストンの新聞にも前記事が載った。松坂のピッチングも大きく取り上げられてるよ。
隣の小劇場ではニール・ラビュートの『FAT PIG』ってのやってて、そこに出演している俳優たちも、こちらを見たい見たいといっていたよ。

セント・パトリック・デーのパレードはなかった。
しかし、今夜はあつちこちのバーでクレイジーが繰り広げているということだ。
終演後、バーに誘われたが、辞退した。初日であり、騒ぐには早すぎる。
昼間買ったアイリッシュのシングルモルト、knappogue castleを飲む。おいしいウイスキーです。ボストンでは夜十一時以後はビールをはじめとするアルコール類売ってくんないんだよね。ここってけっこうストリクトね。だから酒飲みは昼間ごっそり調達しているわけ。
結局面倒なので、夕飯もまたカップ麺で終えちゃった。あとチーズ齧って。

今朝は快晴。ベーグル食べました。

起きた。
ホテルの窓から外を見ると、雪が路上に積もっている。降ってはいないが、雪空だ。
セント・パトリック・デーのパレードがどうなるのかは不明。
昨夜のリハは典型的な時差ぼけ通し稽古だった。殊に『AOI』はみんな眠りながら演じていた。しかし、人のことをあまり言えないのは私も客席で猛烈な睡魔と戦っていたのだった。
朝はめっぽう元気で、今も朝飯ベーグルにもちょいと飽きたので、キムチ味のカップヌードル食べ終えて、ブログちゃりちゃりやっているのだが、夕方五時頃からじんわりと眠くなっていく。

で問題は字幕で上下に置かれた二台のモニターに映されるのだが、戯曲の台詞全編を載せているもんだから、いかんせん多すぎる。だからカットしようということになって、私が昨夜と今朝、その作業をしているわけだが、実はこれは作家の作業ではない。他人がやったほうがずばっと切れるのだが、いたしかたない。
で、何度も言うようにブログちゃりってる暇もそうないようなのだが、ホテルの部屋からワイヤレス・ランで出来ることを今知って、ちゃりってるわけだ。今まではずっと劇場のグリーン・ルームから送信していた。
台詞劇の外国語上演ってやはり楽じゃないけど、やらなければね。日本の現代演劇のためにも、絶対。外国公演ってのは自分たちを伝道師か巡礼みたいに思わないとできない。
そういうわけで外は寒そうだ。
今日の初日の反応を見て、字幕はまた変えていこう。
それにしても年とったなと思うのは、早くも和食が恋しくなってきてしまっているってことで、ほんっとアメリカさんの食い物はどれも大味だわ。
それにしてもボストンってのは静かな街だ。天候のせいでそう感じるのかな。
では、これからバスで劇場に向かいます。

小夏、おまえは元気にしているのだろうか?

午後から雪が降り出した。風も強い。

昨夜は手塚、剣持、福士、中村、長谷川といった面々でシーフード・レストランに。
ビールを注文すると、若者たちはパスポートを見せろ、と言われる。つまり、未成年者にはアルコールは出せないということだが、指摘されたのが剣持、長谷川、中村ってのはわかるが、なぜか手塚さんまで入ってる。で、剣持さんと手塚さんはパスポートはホテルに置きっぱなしだったので、めんどくせーから水でいいーってことになった。
福士と私は何の疑いもなくオヤジに見られたってことだが、なんか納得しねえぞ。パスポート見せろっておれも言われたくなった。
ボストン名物はクラムチャウダーとロブスターってんで、それらをオーダーしたところ、大量に頼み過ぎちゃって、みんなくえねー、くえねーって言ってるところ、黙々と全部平らげてしまったのは福士と私ってやはりオヤジふたりで、私は食後にウイスキーを二杯飲んだ。
帰り道、福士さんは、長谷川注文しすぎだってぶつぶつ文句たらたら。
で、ホテルのバーに福士氏に誘われたが、ここで飲み出すと確実にいってしまうと思い、辞退。

この旅での誓い。
旅太りしない。
飲み過ぎない。
調子に乗らない。

これから雪の中、リハーサルって別に外でやるわけではないが、プロジェクターが一台壊れたので、現地調達。
明日はいよいよ本番だ。

そうこういううちに雪はさらに強く降り続け、現在除雪車も登場しましたよ。
リハの後、みんなで雪合戦してかまくらとか作って、そのなかでウイスキー飲む予定。

昨日ボストンに着きました。
機内で見た映画は『007カジノ・ロワイヤル』に『ナイト・ミュージアム』。
それと延々とテレビ・ゲームにはまっておりました。
福士氏はウイスキーで大酔いだったな。
007はおもしろかったが、なんかふつうのアクション映画になったな。洒脱なおとなのおとぎ話でなくなった。もっとも若い頃のボンド話ってことだから、おとぎ話以前のボンドったことかな。

そいでワシントンDCから乗り継いでボストンに着きました。
暑かったんですわ。
でも今日は雨、曇りで気温は下がっていて、明日は雪だそうだ。
そいで昨夜は福士氏とレストラン探して街歩いたんだけど、見つからなかったのでホテルに戻ってホテルのレストランでラム肉食べました。

七年ぶりのアメリカ。ジャパン・ソサエティーの宮井さんとも七年ぶりに再会した。
日本人だとわかるとみんなしてマツザカ、マツザカっていってキスしてくる。
ってのは嘘で、とにかく今朝は十時に起きて、東京から持参したゲラをチェック。

そいで今は劇場のグリーン・ルームでこのブログちゃりってて、これから字幕の英文のチェック。
ってこんな具合よ。

写真は劇場。いい劇場だよ。俳優たちも大喜びですよ。
でも、初日がセント・パトリック・デーで、劇場の前の大通りでパレードがあるらしく、客足が心配ってことだ。
とにかく、みんな元気っす。

福岡公演も無事終わったとのこと。
では、北米ツアー、いってまいります。
公演先でもブログやろうとは思っていますが、つながんねーだのなんだのあった時はすぐあきらめます。けっこうホテルですったもんだすることあるんだ。それでめんどくせーってやめちまうんだ、よく。

旅の準備終わったら、なぜかしんとした気分になった。
明日は四時半起きだから、八時にねちまうか。

写真は出発前のおれだが、なんと乗る航空会社はANAにもかかわらず、お気に入りの鞄はJALだったのである。
このまんまANAのカウンターにいってしまったのである。じっと見つめられたので、何かと思ったら。
すいません、ANAさん!

関係者のみなさん、この写真、問題だったらすぐ削除するんでいってちょーだい。

福岡公演が終わった。といっても私は京都にいた。この公演だけは行けなかったのだが、本番当日の午前中、電話で様子を聞いたところ、キャスト、スタッフともどもすこぶる快調ということで安心しました。
私は入試の判定会議に明け暮れておりました。それにしても大学用語も私が学生の頃と比べるとやたら英語が多くて、シラバスってなんのことやら最初わからなかった。わかります?大学と関係ない方、シラバスって。要するに講義要項のこと。なんで講義要項じゃいけないんだよ。なんでスイーツなんだよ、お菓子でいいじゃねーかよ。あと何がポートフォリオ提出だよ。なんだかわかんねーよ。業績資料でいいだろが。
あとわかんなかったのが、キャリア・デザインで、どういうデザインなんだろって数年悩んでたら、なんだよ、就職課のことじゃねーかよ。就職課じゃいけねーのかよ。
なんか英語流入阻止のフランス人みたくなってきたが、どの世界も英語にすんの好きだよなあ。
じゃ、おまえの『ニッポン・ウォーズ』もなんで『日本戦争』じゃないかって?
うーんとだってこれだと硫黄島からの手紙みたいじゃないですか。

そういうわけで、東京に帰ってきて、いろいろゲラとかチェック。アメリカ行きの準備もしなきゃなんないし、ブログやってる人が必ず一度は書きそうなフレーズだが、ほんっとブログちゃりちゃりやってる暇ないんだけどね。でもなんかこれ癖になってきてしまいました。

演劇が社会のことを描くのは当然のことで、社会の事件、政治を扱うから社会派と呼ばれるのではなくて、社会派とは取り扱った事件、事項に正義の立場を表明することで、そこに必ず糾弾するべきとみなす対象を設定する。作家側は無論正義についていて、告発の姿勢を示す。
これを社会派という。
私は社会の事象を扱うが、社会派ではないというのは、絶対、正義を作中に設定したくないということで、そうした視点はジャーナリズムに任せておけばいいのであって、舞台はテレビのコメンテーターとは違う役割を担うべきだと思っている。
っていそがしぶってるくせに、なに勝手におだ上げてんだ、おれ。
別に誰かに何か言われたってわけでもなくて、朝起きてからそんなことぶつぶつ考えてました。

明日はまた京都いかなきゃなんねーんだ。めんどくせーな。

そういうわけで、、京都に戻ってきて、昨日は入試の採点。

それにしても大阪では楽屋から劇場ロビーに行ったところ、なんか客層の空気が違うんで、さすが大阪、オバチャン帝国と思ってたところ、隣の劇場の吉幾三リサイタルだった。私こういうこと実はよくやる人で、フィリピンに行った時など、世田谷のアジア企画のメンバーとはぐれて遅れて劇場に着いて、ミュージカルだって聞いていたのが、なんかスペイン人みたいな人ばかりが踊ってるなあと思って、見終えて劇場出て、みんながいないのでどしたんだろってところで、みんなが見ているミュージカルはこことは違う地下の劇場で、私が見ていたのはスペインのダンス・カンパニーの公演だったとわかった。
もっとも、梅田でそのまま吉幾三見て、どうも今までの「AOI」と違うなと佇むわけはないのだが。

この日は長谷川の誕生日だった。演じてる最中の時間に三十路を迎えたと喜んでた。

なんか酔いがまわるのが早い。