公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
それにしても、昨日の「アメリカン・アイドル」の結果には呆然とした。なんと本命で実力ナンバーワンのメリンダがトップツーにあがれず、落ちたのだ。本命が優勝しないという噂は本当だった。まったく納得のいかない展開だが、視聴者投票というから仕方がない。あるいは優勝候補には、いつも自分が投票しなくてもという視聴者の意向が働いてしまって思いの外票が伸びないという結果になってしまうのではなかろうか。
とにかく、トップツーのふたりには私はまったく興味を覚えないので、私の「アメリカン・アイドル」は最終回を待たずにこれで終わった。
それにしても、この番組を見てつくづく思うのはアメリカっていうのは巨大なド田舎ということだ。で、このド田舎者が世界の警察とかいって仕切ろうってんだから、なんだかねえ。
でも、付け加えておくと、私、決してアメリカ人、嫌いなわけじゃない。っていうか好きですよ。たまに、うるさいなあって思うけれど。

で、小夏は昨日は一日中、身重の体をだるそうにして家にいた。いよいよという雰囲気だ。普段より食欲がなく、やたら甘えてくるので、もう今夜あたり出産かとも思ったが、なかった。

そういうわけで、私は、言葉の荒野に戻ります。
なんか、だるい天気ですよね。日本の夏の前って感じだよね。
観世さんの死で、残念で不幸なのは、マネージャーだった荻原さんがすでに亡くなってしまっていることだ。観世さんの仕事の幅は広く、また人脈も広いと思われるのだが、それらを唯一把握していたと予想される方が、今現在いなくなってしまわれている。
四月の事故は、観世さん本人が、自分のこれまでの仕事をまとめて整理してみようと思っていた矢先の交通事故だったいうことも聞き、返す返すも、残念でならない。これは日本の演劇史にとって、痛手だ。
寺山演劇についての講義を終えて、研究室に戻ってきたところで、観世さんの訃報を聞く。総務に飛んで事情を聞く。合掌。現代劇の最後の舞台は「黒いぬ」だろうか。
一月に急逝されたなつみさんの追悼会に行った。
「なつみ秋葉楠野さんを偲ぶ会 楠野裕司さんを励ます会」
会場は赤坂のブルー・ルームという場所で旧キャバレー・ミカドということだ。
広い会場には大勢の人が詰めかけていた。しかもいろいろな分野の人々でこのご夫妻の交遊の広さを物語っている。
会場の入り口には裕司さんが来場者ひとりひとりを出迎えていた。こういう時はほんと何をどう声を掛けていいかわからない。自分がそうなった時を想像してみると、元気出してとか言われたって、元気なんて出るわけがないし、励ますって言っても別に励まされたくもない。ただ、裕司さんの健康を気遣った。裕司さんも大病をされているから、正直言って追悼会のことを裕司さんの知り合いという方から電話をもらった時は、裕司さんが亡くなったのかと早合点した。
私たちは直接、このご夫妻に公演を世話になったというわけではないが、いろいろ助けてくれて、サンパウロの裕司さんの家にお邪魔したり、ピンカもらったり、ご夫妻が日本にいる時、こちらの公演がある時などは、見に来てくれたりした。
会場でひさびさにサンパウロのラウル・高木氏に会い、ライターの小林君とも再会した。小林君は今は東京に戻っているという。この彼はサンパウロで一ヶ月に11回強盗に遭ったという猛者だ。ってどこが猛者なんだか不明だが。

バーでは、この日のためにピンカも用意されているというので、ひさびさにカイピリーニャを飲んだ。ピンカのカクテルで、私はこれをリベルタージュ地区・日本人街の飲み屋金太郎でよくあおっていたのだった。
パフォーマンス・タイムが始まった。加藤登紀子さんの歌である。加藤さんのサンパウロ公演に裕司さんが関わっていた縁ということだ。
このパフォーマンスのプログラムがやたら豪勢で、大野慶人氏による、大野一雄氏のマペットのダンスが続き、さらにあがた森魚氏の歌、あの「赤色エレジー」を生で聞けたのである。
興奮ものであった。プログラムには笠井さんの名前も書いてあったので、心待ちにしていたら、全然出てこないので、人にどうしたのだろうと尋ねると、笠井さんは今はイタリアだという
さらにほろ酔いでいろいろな人に再会した。
J・A・シーザー氏に今大学で「レミング」をやろうとしていることをしゃべった。
森崎・寺山・偏陸氏と長話をした。重要なたくらみ話であった。これについてはいずれ正式に発表されるだろう。
なんやかんやで、人が亡くなって集まる席というのは、その死者がお膳立てを組んでくれていたかのように、生きている者どうしの出会いを生み出すのである。

なつみさんは、エイミーに似た大柄の美人だった。エイミーってのは山田詠美のことなんだが、ほんと最初エイミーが現れたかと思った。ほんっと、さっぱりしてて、できるひとだった。できるひとってのは、威張らないし、突っ張らないし、自然にすてきなんだよな。
献花でろうそくの火をともし、位牌と遺影を見上げた時には、泣けた。
ジョニーが来日したってんで、じゃ新宿で待ってるからって言って待ってた。池林房で。来ないので篤さんに伝言を頼んだ。
「ジョニーが来たなら伝えてよ。二時間待ってたと」
って、これ東スポのデイブ・スペクター、ちょいパクりました。
まずかった?
なんか朝から気分がよくて新幹線のホームでニーナ・シモン大声で歌いながら歩いてしまった。いいんだ、変な人に思われたって。

で、昨日NHKのニュースで今度の朝の連ドラ書く鈴木聡氏が映ってたんだけど、おっさんだなあ。鈴木氏は私と確か同い年ぐらいだと記憶しているが、私もよく五十代、十歳年上に見られるものだから、自分もこんなもんかとショックを受けた。もっともいつまで経ってもハゲもせず、白髪でもなくて、黒々とした髪で腹筋隆々なんてのは気味悪いし、いやみだ。深みに欠けるってもんだ。

で、次、連ドラ、私どうっすかね。普通の会社員の家の出で、コンテンポラリー・ダンスをやってる貧乏な女の子の成長期。タイトルは「おどりっこ」っての。どうだす、NHKさん。

今新幹線のアナウンスで「なかのいいお友達どうしで乗車している方にお願いします。新幹線にはお休みになる方も仕事をなさる方もいらっしゃっるので、あまり大声でおしゃべりにならないようにお願いします」ってのがあったけど、対象は絶対オバハンだと思う。
昼間、突然携帯に「追悼式は出られますか」という電話があって、なんのことかわからずにいたら、ブラジル、サンパウロのなつめさんが、今年の一月、心臓発作で急逝されたということだった。まったく知らなかった。追悼会のことも、誰かがメールで送ったというのだが、届いていなかった。なつみさんは、サンパウロとダンス、演劇の世界では知る人ぞ知る方で、たぶん私と同い年ではなかったろか。ご亭主の裕二さんはさぞかしショックのことと思う。
人は本当に突然、前触れなく、逝ってしまう。
来週、赤坂で追悼会。

執筆後、いせやに行く。
東スポで井筒監督が、昔のディズニー映画『黒ひげ大旋風』のことに触れている。長い間、この映画のことを忘れていた。小学生の時、父に連れられて見たのだが、えらいおもしろいドタバタ・コメディだった。ビデオも見ないなあ。今度探してみよう。
いやー、ヘイ大久保さん、じゃなくってルー大柴さん、再プレイク中ってんで、私としてはベーリーベーリーハッピー。
ルーさんは、ユーたちも知ってる通りティーファクトリーの『クリオネ』に主演の監督役でトュギャザーしてくれたのよ。
おれに似てるとか言われて、おれとしてはあんなショート・レッグ、つまり短足じゃないと思ってんだけどねー。まあ、これでルーさん、ベーリー・ビジーになって、なかなかステージ、インポッシブルになっちゃうかも知れないけど、おれはウエイトしてるから、シー・ユー・アゲイン、ステージ・アゲインだぜい。
ああ、ルー語ってタイアードだなあ。やめた。
そういうわけで、ルーさんって人はもともと舞台俳優志望で素顔はほんっと紳士で真摯な方で、神なき国の夜の最終話『ワニの涙』にも是非なんらかの格好で出て欲しいところなんだけどね。

で、昨日は昨日で庭の木の虫の駆除に知り合いの花屋さんが来てくれたんだけど、小学校の校庭に捨てられてた生後一週間ほどの子猫を連れてきた。別に見せに連れてきたわけではなくて、なんか今にも死にそうで目が離せないっていうのね。
この彼は花屋さんで小学校のPTAの会長をしていて、捨て猫のことを公表すると、逆に捨てる人が増えるってんで、親募集もしないで、会長と校長とあと用務員のおじさんが引き取ることにしたという。
で、見るとほんっとちっちゃくて、ほとんどネズミですわ。
で、この子猫を見て、小夏ってのは一歳になるかならないかで、こんなネズミみたいのを二匹を生んで育てたんだなあと思い、さぞかし大変だったろうなあとしみじみしてしまいました。
小夏が、子供のめめとハナグロとで現れたのは去年の八月、餌を見つけると、二匹を呼んで先に食べさせてから、自分が食べてた。わたしらが近づくと、シャーっと威嚇して警戒しておりました。
今は二匹とも他のテリトリーで元気にやってるようで、小夏は小夏で今わたしらを信用して膝上で爆睡しているその姿を見ると、苦労したんだろなあと、けなげでいたいけでならない。
あの大変さの記憶があって、もしかしたらもう小夏は子供は産まない気なのかも知れない、もしかして。
で、庭に消毒剤撒いたので、二時間小夏、外に出せないので、ニャーニャーいうところを無視していると、なんでって顔で裏切られた感丸出しにして部屋の片隅で静かになって香箱座りをしておりました。
で、二時間経っておんも出て、帰ってくると、もう、なんで無視するのう、怖かったんだよお、とばかりにもうべたべたにくっついてきた。すいません、猫馬鹿で。
もうキャット、キャット、キャットだぜ。
トュギャザーしようぜ!

で、突然全然関係ないんですが、母親殺害、頭部切断事件で、殺された母親が47歳で、私と同い年というのが、けっこう気になっていて、いよいよ私も子供らに殺される側の年齢になったんだということですね。別に殺されるのは何歳でも起こりうるんだけど、いろんな犯罪者を描いてきたけど、もう加害者側の生理だけでは書けない年になったって実感かな。このことは『フクロウの賭け』を書く時に思ったことであるんですけどね。こういう事件があるといっそう身に染みます。
そういうわけで、ブログ移行したわけだが、だらだらしていたら手塚さんから、『AOI/KOMACHI』の記事が日本版、アメリカ版両方のニューズウイーク誌に出ているというので、慌てて手にしていたニューズウイークのページを開いた。買ってあったのだが、まだ見ていなくてまるで知らなかった。驚いたなあ、うれしいなあ。アメリカ版はもっといいところに掲載されているというので、買おうと思う。
大体、日本ってとこは自国の文化、芸術に対しては不親切で意地悪なんだけどね。

で、松坂、完投できてよかったねえ。でも松坂って、国内でも開幕当初はこんなもんだったよなあ。だから心配することないんだよね。
井川はマイナー落ちだけど、ビートたけしが井川がチューインガムを噛みながら投球していると、集中力を高めるためっていうより、味わってるとしか見えないってコメントには、当たってるから笑ったな。

で、ちょっと前にテレビで川上麻衣子が、プードルの子犬だといって山羊の子供を売りつける通信販売の詐欺が流行っているというのを聞いて、多くの方々に吹聴していたところ、東スポによると、これは新手の都市伝説で笑い話なのだと知って、ずっこける。東スポでは、このことがロンドンの東スポみたいので話題になっていて、日本人はプードルをあまり飼っていないから、こういうことになるらしいとまじめに分析しているらしい。
そういうわけだから、私からプードルの話を聞かされた方々、あれ、嘘でした。

母親殺害頭部切断に関して、子供が親に殺意を持つことはなんら異常なこととは思えないとか、いろいろつらつら考えていたのだが、今回のこの少年に関しては、どうも親の抑圧、干渉への反発からとも思えず、特殊ケースだと考え直す。
こうした殺人に関して「あってはならないことです」とコメントするのは当たり前のことで、「あってはならないこと」なのだが、なぜ起こったのかかを善悪という概念を超えて考えるのが演劇なのだということを大学の一回生の前でしゃべる。

寺山の授業をしていると十代の頃、初めて見た天井桟敷の舞台『疫病流行記』のこと、寺山さんに初めて会って詩集にサインをもらったことなどが陶然とよみがえってくる。

で、小学生の頃、村田英雄の「ふけばとぶような将棋の駒」という王将の歌詞が本当なのかどうか確かめたくて、大人が対局中、将棋盤に向けて、息を吹きかけたところ、本当にばらばらに駒が飛び、ひどく怒られたことを思い出す。

で、小説の連載第五回目を書き終えてほっとする。なんかいよいよ大変なことになっとるな。
で、今演劇エッセイ集のゲラが届く。

小夏はどっか遊びにいってしまっている。

昨日は世田谷で死ヴァリを見た。演出のコーベさんは、『AOI/KOMACHI』に二度も足を運んでくれたり、京都の大学に講義にも来てくれたのだが、その都度すれ違いで会えなかったので、終演後、会って話した。いろいろヤン・フォッセのこととか聞けたりして、有意義な時間を過ごした。アントワーヌ、それと通訳につきあってくれためぐちゃん、ありがとう。舞台を見て思ったことは「せりふの時代』次号に書くとして、まずは翻訳がよくて、出演者が皆真摯に取り組んでいるのが見えて気持ち良かったとだけ、ここではとりあえず書いておこう。

で、今日は昼間くたびれてぐったりしていたのだが、急に絵心が勃発して小夏の絵を色紙三枚に描いたり、執筆もしてしまった。
これから「アメリカン・アイドル」を見るつもりだが、ぼちぼち今日あたりでサンジャヤは落選だろう。