彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
青森の公演日は二日間とも快晴で大盛況だった。
そういうわけで、私のマリーの日々は終わった。
公演を重ねるにつれて、この哀しい男娼の息子を思う気持ちに同化していってしまった。寺山修司と母はつとの関係を思うと同時に、私は自分の周辺の肉親についても思っていた。そういうわけで、マリーは他人事ではなくなっていたわけだった。
青森では寺山ゆかりの様々な人に会った。
そして宇野さんは、この青森公演を含めて全公演につきあった。
今回、宇野さんと助手でありご本人もイラストレーターである野村直子さんとの出会いは私にとって貴重なことだった。
宇野さんの人柄は偉大だった。本当の巨匠とは、このように威張らず、誰にでも同等に接する人であり、好奇心の衰えない人のことを指すのだとつくづく感じ入った。かくありたし。

思えば不思議な公演だった。森崎偏陸氏からの依頼により、実現されたこの舞台、十代の時、さまざまな影響を受けた寺山に、演じるというかたちで今一度接するとは想像もしなかった。
手塚さん、菅野さん、笠木、中村、伊澤には本当に感謝したい。彼らが確実に魅力的に演じてくれたこそ、私のマリーは成立し得たのだ。
『ワニの涙』からすぐ後に、同じ楽屋でマリーのメークをしているという現実の不思議さに、「これだから舞台っておもしろいよなあ」と手塚さんと語ったものだった。
そして、すぐに『路上2』が始まる。

ところで、猫たちは青森に行ってる最中、病院に三泊預けたのである。
旅立つ日の午前中、私はひとりで小夏、愛、睦を入れたキャリーボックスをふたつ抱え、病院に向かったのだが、もう心配で心配で。公演の最中も頭から離れなかった。
うちでは家中を駆け回っている三猫が、ケージで過ごさなければならないと想像しただけで、胸が痛んだ。
ストレスでハゲができたりしていないだろうか。ケンカなどしていないだろうか。
でも、みんな元気だった。毛も抜けていなかった。
病院の匂いを染み込ませた体で、ひさしぶりの家、自分らのテリトリーを鼻をくんくんさせて確かめていた。
それで、ほぼ一日中、熟睡したのだった。ふだんの食事の時間にも起きてこずに、こんこんと毛布のなかで眠り続けた三猫だった。
やはり、病院でのケージの生活は、相当緊張したのだろう。でも、三猫一緒だったから、どうにか不安をしのいでいたのだろう。
もう、いとしくって、いとしくって、しかし、こっちも疲れてるもんだから、隣でどっと眠り込んでしまったよ。

青森から帰った翌日、猫たちを引き取って、その足で日芸の授業に向かったのだが、思いのほか元気だった、私。
いよいよこの土日、「毛皮のマリー」、青森公演。
これまで、作家モード、演出家モード、教員モード、ボス猫モード、助べえモードといろいろ人生のギアチェンジをそのつどやってきたが、これほどまでの女優さんモードは初めてよん。
あたし、やるわ。もうやるっきゃないのよ。
「毛皮のマリー」、東京公演、無事終わりました。
多数のご来場ありがとうございました。
わたくし、お客様に有形無形の励ましをいただきました。
千秋楽は寺山氏の命日。同時に私の田端の祖父の命日でもありました。この祖父もまた芸能、芸術が好きな人でした。
今週末は青森公演。

で、今は晴天のGW下、なにもしておりません。
愛と睦のダブル発情の猛攻にただただ耐える日でございます。
うちの子、激しすぎるぞ。どうも他の猫と比べて聞くにつけ、まあ、小夏の娘だからなあ。
って、外をふと見ると、塀の外側で、小夏のこれも娘めめとなんか黒猫が交尾してやがんだ!
その気配でうちの娘っ子たちはまたニャーギャー騒いどるんだ。
どうなる、ニッポン!
いろいろあったが、初日開く!演じた!しゃべった!飲んだ!

愛と睦は、気候がよくなって周囲に他の猫たちがうろうろするせいか、情緒不安定気味である。
あるいは人間の公演期間の不規則な生活が影響しているのかも知れない。かわいそうだ。気の毒だ。だから、蒲団にしょんたれしてしまう睦をむやみに叱ることもできないのだ。
終わったらゆっくり遊べるからね。
いやあ、快晴の今日は、稽古最終日だが、昨日と一転して快調、カイチョー。一日ぶりに自信が戻ってきた。

で、GWに入った街や電車の女子たちは、みな気合入ってまんな。うちの女子たちが、さかりがつくのも無理ないな。人間もこうなんだからね。恋の季節ね。

で、明日は小屋入り、仕込み、場当たり。
あさって初日。
私、これでまた当分役者やるつもりないから、今見ておかないとね、みんな。

これが終わったら次はオリンピックの強化合宿だ。
毎日新聞の取材、受ける。記事は30日に掲載されるらしい。

で、昨日は宇野さんのメークが始まった。私の顔をキャンバスにして宇野画伯が筆を走らせたのであった。
さらに助手の野村さんともども全員のメークをされたのであった。
そして、そのまま稽古。いよいよ本格的に劇の人物が出現されたのであった。
そして、私はその後、ステージ・ウエヴのインタビュー。

二時間のメーク、稽古、インタビューとやって、今日は正直言ってばてばてで、もう口はまわんないし、台詞は忘れるしで、稽古ぼろぼろ。
ああ、私、本番台詞忘れないかで不安。
いよいよ宇野亜喜良さんの衣裳があがってきて、衣裳を着ての通し。
汗だくで稽古終えて、その足で新幹線で京都入り。授業。今年の実習、授業発表は二回生は劇作家協会新人戯曲賞最優秀作の黒川陽子さんの『ハルメリ』。三回生は『ワニの涙』をやる。

愛の発情終わる。やっと静かな日々。

明日はメイク合わせだ。
とにかく忙しい。無駄口をたたいてなどいられないほどだ。
せりふはやっと入ってきた。でも時折変なことを言う。

愛の発情がすごい。そのオカルト的な鳴き声で明け方起こされる。
平穏な日々はまだ遠い。

尻尾遊び小夏.jpg

これは愛のことを心配する小夏。
いやはや稽古あり、京都あり。
そして今年から日大芸術学部演劇科で戯曲の授業を持つことにもなり、先週はしっちゃかめっちゃかで、もういろんな人に会って、忙しいってなもんじゃない。
昨日は江古田と所沢と渡り歩いた。初めてのことが多く、神経がパニくる。

それにしても、どうも正確にせりふ入らず、せりふを考え、思い出しながら芝居をしているので、演技が小さくなる。

睦の発情は爆発せずに終わったが、また愛が高音を発している。
暖かくなってるせいもあり、いろいろありか。

DSCN4876.JPG
寺山修司のせりふは決して覚えやすいものではない。それはほとんどか対話ではなく、果てしなくモノローグに近い詩であるからだ。

睦が文机のパソコンの近くでションベンを垂れる。