彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
取材、インタビューでいろいろ昔のことを聞かれ、いろいろ思い出し、帰ってきてぐったりしていると、親族の方より電話があり、生前におけるお礼の言葉などいただき、身に余ることなので、しばし言葉を失った。
ご家族で静かに密葬されるということだ。これが彼女にとっていっとうふさわしいと私は思う。顔を見たいだなんだというのは、生きているものの身勝手だ。ご両親はご健在であるのだから、親にとっては自分の娘として見送りたいに決まっている。
私のなかではこの一日で、葬儀に参列した気分だ。
私は十分である。
深浦加奈子の訃報。
なぜか、今日一日、ティーファクトリーの電話は鳴りっ放しだったという。不思議といえば不思議だ。彼女が退団して二十年になるというのに。

テレ朝のスーパーモーニングの録画。二十分ほどしゃべる。
とりあえず、以上。
昨夜、深浦加奈子、逝去の電話が入る。

今日になって詳細を知る。
テレ朝『スーパーモーニング』からインタビューの依頼がくる。
いやはや、昨日全国大会終わって帰ってきました。
はっきりいってバテたな。
普段はまだ寝てる時間に芝居見るんだからねえ。
それに高校生のエネルギーが、がんがんこっちに来るから、もう体力使うよ。で、へろへろになって帰ってきた。
九月一日はNHK、BS2で全国大会優秀作をめぐってのナマ番組に出演します。ひさびさにテレビ出るなあ。

ってんで、猫ちゃんたちとしばらくぼーっと暮らします。
で、今日高校演劇の全国大会はじまるわけね。私、開会式でなんか言わなならんわけよ。ま、出たとこ勝負ってことで。

で、昨日の赤塚さんの葬儀でのタモリの弔辞はお見事だったねえ。多分紙には何も書いてなくて、いかにも読んでるふりをするというギャグであろう。

私は以前ハイナー・ミュラー、バカボンのパパ説を唱えたことがある。ミュラー信者たちには無視されたけど。これでいいのだ!
で、オープンキャンパスっちゅーのやってて今日が最終日なんだけど、昨夜は南座で岩松さんの芝居見た。四条通りは人であふれてて、夜だってのになんか尋常でない暑さでめまいがしたな。で、バー寄ってウイスキー飲んでたら赤塚氏逝去のメールが来る。武居さん、今はご遺体の側にいるんだろな。60年代が消えていくなあ。80年代とは、積極的な60年代への反駁故に60年代とは無関係ではなかった。というと80年代を持ち上げ過ぎだろうか。少なくとも60年代への無知や無視はなかった、とは言いたい。
で、このあいだは親族と赤坂見附の焼き肉屋で飲み食いしてたら例の雷雨の日で、当分帰れないねえとか言ってたら飲みに飲んで、どうやって帰ったかも定かでないほど酔っ払った。で、今はまた京都でオープンキャンパスってやつ。旦那48歳、働いてるよ。

ところでウヤマさん、元気デスカーッて、多分キョロンと元気だろーね。
そういうわけで、『路上2』、無事、滞りなく、終わり、今の今までボヤッとしております。まだ当分、実生活のテンポに戻るのは難しいだろう。今はただの猫好きが高じてるいかれた男である。

花田清輝の映画論集を精読するが、実におもしろい。

で、今月は上半期最後の教員モードをやって、夏は全面的に作家モードに突入し、書きまくる。小説とあと来年の戯曲を書いてしまおうかとも考えている。アイデアがちょいと脳みそから零れ落ちそうだから。
で、『路上2』、いよいよ今日四時と明日千秋楽2ステージです。
勝也さん、快調だな。毎日お客さんと飲みにもつきあってて、体力だな。私なんぞ、飲み疲れで、もう居酒屋に座っただけでも疲れて、人の話もまったく脳に入ってこない。
で、昨日は長谷川が来て、最近ブログで映画のこと書きませんね。って言われて確かに、今年上半期はほんっと映画を観る時間がなかった。

で、歌舞伎町の信濃屋でアブサン・フェアやってて、おーってな感じで買っちゃったよ。
で、飲んだよ。ほんとに昔のヨーロッパの味かね、これ。EUの味なんじゃねーか。
で、『路上2』ってのやってんだけど、昨日は平岡が四倉と渋谷を連れてきた。何を隠そう、このふたりこそ、私の高校時代、海よりふかーい関係にあったふたりである。正確にいうと、四倉は大学時代、第三エロチカに誘って、卒業してからのほうがふかーくなって、渋谷はほんと高校ではいっとうふかーいつきあいをした。つまり親友だった。
で、四倉は今はテレ朝のプロデューサーであり、渋谷は成功した編集者、さらにふたつのペンネームを持って小説も上梓している。
で、渋谷とは三十年ぶりくらいよ。
もう高校の時は一緒に悪さしたり、悪さ考えたりしていた仲よ。
で、いろいろしゃべったわけよ。
二軒目はナジャ行って、ジェームソンのボトルいれて飲んでたら、四谷シモン氏も現れたりして、わーわーしゃべったわけよ。

路上シリーズをやってると、ほんっと不思議な出会いに出くわす。
さらに、いよいよ自分が人生の後半を生きているのだと実感する。
これは第二章か第三章か。

高校時代、高校生活も、思えば濃かったなあ。深かったなあ。