公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
そういえば会場を後にしてエスカレーターに乗ったら篠井英介さんに声かけられて、篠井さんも皺が増えたなあとか思ったら北村魚さんだった。マニアックな話だ。わかる人にはわかるだろう。
で、感想としては、深浦の死は最終的にはテレビ・ドラマ俳優としての死ということだな。で、昔一緒にやっていた我々としては舞台人としての死を強調してやろうってことなのだが、やはり無理があったな。
というのが、お別れ会の感想だな。
演劇のジャーナリズムは会にはあまり見かけなかったということは、世間がそうは思っていないということなんだな。

で、これでやっと終わったと思ったら、またまた取材、いろいろ依頼された。深浦はなかなか解放してくれない。
それにしてもこんなにいろいろ反響があるとはねえ。大腸がんということもあるのだろうが。

で、世間が勘違いしてほしくないのは、第三エロチカは深浦退団後も20年あまり続いていて、その20年ほうが実は濃くて、波乱万丈で怒涛の歴史を抱えているということで、彼女はあくまで「初期の」第三エロチカの中心女優だということをしっかり認識してくれないと、他の劇団員が浮かばれない。
私の優柔不断のせいで、劇団の解散時期を逃してしまい(数年前に格好の時期があったのだ)、解散は延び延びになってしまっているが、しっかり劇団を閉じてから、どういでもいい思い出話に耽りたいものだ。
『ゆらゆら』を見たが、だいじょぶかね、鐘下君。

で、恵比寿に向かって、深浦加奈子お別れ会。
会場のホテルで喪服に着替える。
大勢の人。お葬式が家族葬だったせいもあるのだろう。
弔辞、読む。
いろいろな人がいたが、マスコミはシャットアウトという方針のせいか、ジャーナリスト、評論家がほぼいない。いてもよかった。
元劇団員も大勢きていたが、別におもしろみもないので、とっとと帰る。どうも基本的に終わった事柄に関して興味が湧かない。
京都の中華屋で一杯やってて巨人の九連勝を店のテレビで知る。いいぞ巨人!
劇場をいろいろ下見。
2010年秋、『新宿八犬伝・第五巻』をやろうと考えております。気が変わらなければ。
ただいまより、協賛者等々大募集。
早朝、京都に飛んで会議、ふたつやって新幹線終電で戻ってくる。

で、昨日は吉祥寺で文学座アトリエ見て、京都駅で買った赤福を差し入れする。
それにしても、なんか古くさーいアメリカの戯曲だな。なんでこれやんなきゃなんないのか、いささか不明だ。ま、みなさん元気でなによりだ。

で、それにしても、どーでもいいことだけど、最近ニュースの被害者とか加害者の写真で、今のものが手に入らなかったせいか、中学か高校あたりの卒業写真からもろ転載しましたって、写真使うの多いじゃない?あれ、変じゃないすか?

おれなんか、なんか起こしたり、なんかの目に遭ったりしたら、この彷徨亭のちょびひげ写真使われちゃったりして、川村毅が、のぞきで捕まりましたとかいって、この写真出たら、まぬけでまぬけで、当分外あるけねーな。
どーでもいいことただけど。
今日はいろいろ働いた。自宅でフジテレビ特ダネ!の取材、収録。深浦のこと。番組スタッフに一番怯えたのが小夏で箪笥の下に考えられないほどひらべったくなって隠れる。
で、三茶で原稿のゲラ渡していろいろしゃべって、キャロット・タワーで戯曲セミナー二時間。イェリネクとポスト・ドラマについてくっちゃべる。みなさん、真剣に聞いてくれて嬉しかった。
ところでイェリネクのウルリケの第一部の翻訳があがったので読む。なんかいろいろ忙しい。真夏の停止した時間が懐かしい。
ところで、先日映画館で「ハプニング」を見て暗澹たる気分になった。これをアメリカの観客はどう見たのだろうか。なんかとことん今のアメリカ人の自信喪失ぶりを見させられた感じで、そのブルーな気分をこっちにふるな、って言いたくなる。
今年度でベニサン、トップス、新宿コマ、閉館ということで、街と劇の周辺はまた様変わりしていくな。

で、最後だってんで、新宿コマの北島三郎特別公演を見たわけよ。私、コマ行くのなんと初めてでした。
もう満席、やってくれるね、さぶちゃん!
入り口んとこでさぶちゃん記念ペンライトっての無料でもらえんだけど、なんたって客層おっさん、おばちゃんだからペンライトふってても全然歌のリズムとあってなくて、ただヤミクモに振り回してるだけのおばちゃんもいて、さぶちゃん歌いづらそうだったよ。
そいで開演中には通路をやたら徘徊するおばちゃん、おっちゃんもいて、みんないったんトイレいくと席がわかんなくなっちゃうんだな。
おもろかったよ。さすが、さぶちゃんの公演だよ!
で、一部は芝居で国定忠治。
で、休憩になって生ビール片手に屋外の喫煙所いくと、スポニチの某さんとばったり会っちゃって、まさかこういうとこで知り合いと会うとは予想もしてなかったんで、びっくりしてると、あちらも、「なんで、ここに君が」と絶句してた。
喫煙所はコマの正面横で、もろに歌舞伎町の光景が目の前で、ビール飲みながら、街を見られてなんかよかったなあ。
で、後半は歌で二時間弱、さぶちゃん、大いに唄ったよ。よかったよ!

ところで、話は変わるが、この国の首相は、あのマンガ好きのお調子野郎になってしまうのだろうか。
このお調子ものは、マンガをもっと世界に広めるために支援するとかかつていってたが、もちろん私もマンガ好きだからマンガが好きと公言するのはいいが、それを文化政策にすると本気で考えてるのだろうか。マンガ、コミックは政府がなんかしなくてもちゃんと商売になってんだからいいんだよ!もっとやることあんだろが、このお調子こき!
といいたくなるのは私だけだろうか。
あ、私だけね。

ところで、深浦の追悼のビデオで、彼女が第三エロチカを私とふたりで旗揚げしたと取れるようなニュアンスのことを話しているのを見たが、これは事実と違う。もともとの中心は私ともうひとりの女性O・Mさんである。
O・Mさん、ただいまティーファクトリーでは第三エロチカのかつての資料等々を集めたりと解散に向けて歴史編纂作業にとりかかり始めています。
どうしているのでしょうか。
ぜひティーファクトリーにご一報ください。
原稿書き。

それにしても東京スポーツの島地勝彦氏のエッセイはいつもおもしろい。おとなの読み物だ。

夕刻、「アエラ」の取材を受ける。
これもまた深浦のことだ。来週発売の号ということだが、これをもって彼女絡みの取材は打ち止めにしたいところだ。

新宿のビール屋でヴァイツェンを一杯やって帰る。
取材、インタビューでいろいろ昔のことを聞かれ、いろいろ思い出し、帰ってきてぐったりしていると、親族の方より電話があり、生前におけるお礼の言葉などいただき、身に余ることなので、しばし言葉を失った。
ご家族で静かに密葬されるということだ。これが彼女にとっていっとうふさわしいと私は思う。顔を見たいだなんだというのは、生きているものの身勝手だ。ご両親はご健在であるのだから、親にとっては自分の娘として見送りたいに決まっている。
私のなかではこの一日で、葬儀に参列した気分だ。
私は十分である。