公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
湿気やーね。今日6稽古前、FM世田谷のインタビュー収録でMCの植本潤ちゃんにのらされていろいろいらんことしゃべっちまった。いやー、潤ちゃん人をのらせるの上手いねー。おれなんか基本、猿だからおだてられるとすぐ木にのぼっちまうのことよ。

なんかクソのように忙しいって,これ前に書いたな。歌舞伎町ではまだ職質はされてない。
今稽古場、歌舞伎町のど真ん中でやってんすけど、おら水を得た魚、猫にマタタビよ。おらの芝居はやっぱりこういう場所、土地で作らなきゃいかん、おらのノリが違うってことよ。静かで集中できるって触れ込みの山や田舎じゃいかんのよ。自分というのが、よく見えてくる歌舞伎町の日々よ新宿は最近つまんなくなっだのなんだなってレベルの話じゃないのよ。その場所の精霊との相性の問題なわけよっ!
とにもかくにも、なんやかんや、てんやわんやでクソのように忙しい。ということは、クソというのは元来忙しいものだったのか。

とにもかくにも友愛社会なんて高校の生徒会長みたいなこと言ってる党首の党はいかんな。
『路上3』の稽古が本格的に始まる。
なんかおもしれーぞ、これ。
私は謙虚な人間だからこれ以上のことは、書くまい。
昼夕と二回東スポを買ってしまう。
短編戯曲のゲラ届く。せりふの時代の次号は短編戯曲特集で、いろいろな方が書く予定。面白いと思いますよ。400字詰めで20枚の勝負ですわ。
そういうわけで、土曜日は『路上』の顔合わせ、読み合わせだった。日芸の授業は二年目突入でいささか楽しい。
で、ぼちぼち新たな執筆なども開始しつつあり、忙しいなと思ってたら、また人の逝去の報が届く。しばし諸行無常の境地。
明日は横浜。
その人の死のことを明日は今の母にはまだ知らせまい。
久米大作氏より『路上3』の曲が上げられてくる。
路上のテーマ曲までできたのである。いいですよお。
乞うご期待!

ところで小夏は母猫でありながら、最近一番アクティブになっとる。

DSCN8894.JPG

セクシー・ポーズ。まだ熟女ではありません。

DSCN8895.JPG

しかし、どうですこの貫禄。
外で近所の牡がぎゃーぎゃーケンカしててうるさいのを、なんか「にゃんあんにゃんころねっにゃあ」とか小夏が話かけると、ふたりはすごすご退散していきました。姉御ですよ。
久しぶりに『気狂いピエロ』を見たのだが、ほんっとこれでゴダールが死んでいてくれたら他人はどんなにか気楽だったろうかと感じ入ってしまった。ゴダール伝説すなわち青春伝説として分かりやすく流布、刻印されただろうに。
生き残った宿命としてゴダールは以後傍目にはやまほど複雑さを背負い、ある意味演じなければならない羽目に陥る。この事態を認めるか否という態度決定を強いてしまうところが、ゴダールの過剰な現役さ加減だ。
この現役さと同い年のイーストウッドの現役さの度量を比較論じなければならない。
このふたりの巨匠と呼びまとめてしまうには、あまりにあまりの変態な過剰さについて。
花山大吉見ていたら同じチャンネルで座頭市も始まってしまっていよいよ忙しくなってしまった。
で、新しい木枯らし紋次郎見て丁寧に撮っていていいのだが、今の時代劇は悪役が難しいなと感じたのは、渡辺いっけいが悪いのではまったくなくて、悪役造型のシナリオ段階でのことで、絵に書いたような悪役がうざったくて途中で飽きるんだよね。
ところで時代劇といえば京都だが、私のこと、もう京都に住んじゃってると勘違いしてる人がいるけど、違いますからね。
わーい、休みだ、休みだ!こんなうれしいことないよ。先週末はずっと京都でくたびれたよ。私がいないとどうも睦が情緒不安定になってるみたいだし、この休みはうちの娘っこたちと思う存分遊ぶ。っておれが遊んでもらってんだけど。