公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
イタリアの準備いろいろやって夕方京都入り。京都は祇園祭や。例年通り長刀鉾でちまき買って、四条を木屋町まであるくが、人でいっぱいや。インフルエンザの影響などもうまるで無しや。木屋町のバーでギネスとオールドパー一杯づつやって、神馬に移り、加茂茄子のしぎ焼きとシロエビの天婦羅で一杯。暑いときこそ、酒のぬる燗が美味しい。
なんだ、あのやる気のないブログはと昨日の更新のに関して各方面からお叱りの電話を受けた。
ほんっと、でも疲れがどどっと出て、よろよろしながらイタリア旅行の準備してるんすよ。
例のニューヨークのラ・ママがスポレートに持ってるアーチスツ・レジデンス。エレン・スチュアートが気に入って建てたということだ。
アッシジとかも近くていいところだと蘭さんが言ってた。天井桟敷時代、演劇フェスで訪れたということだ。今もフェスは開催されてるけど、音楽、オペラだけだと『路上』に来ていただいた九條今日子さんが言っていた。
要するにプロ相手のワークショップらしくて講師として世界中から10名ほどの演出家が招待されていて、私もそのなかのひとりというわけだが、行ってみないとよくわからない。招聘される演出家のなかにはメレディス・モンクとかロメオ・カルテルッチの名前も見える。劇作家のワークショップの講師はチャック・ミー。チャック・ミーはニューヨークで『AOI/KOMACHI』を公演したときに二晩続けて見に来てくれた人だ。人気の劇作家である。私もこの劇作家が好きだ。
そういうわけで、会うのが楽しみな人々が満載だが、行ってみないとわからない。私は一応『AOI/KOMACHI』の英文テキストとDVDを携えて行こうとしているが、とにかく行ってみないとわからない。
それにしても外国旅行は行く前がめんどくさい。
京都と日芸の前期最終授業もまだある。
祇園祭の蒸し暑い京都には週末行くことになっている。鉾のあたりでまたちまきを買うのである。

で、小夏、睦、愛は立派にお留守番ちまちた。
ペットシッターさんによると、ほんっと毎日元気で食欲旺盛だったとか。えらい!立派!猫の鑑!
京都の大学キャンパスに野良ちゃんたちが多数いて、この子等も可愛いのだが、うちの子たちは幸せだと思う。
くっすん。
まあ京都も無事終わったわけだけど、これほどブログ更新しない輩も珍しいだろうけど、とにかく三猫は元気いっぱいで、私ときたらもう眠い眠いというか、眠れる眠れるで、日々こんこんと眠り続けている。皆さん、ご心配無用。とにかく眠くて仕方ない。ではおやすみなさい。わたくし何もやる気が起きません。後のことは皆さんでよろしくお願いいたします。
いやはや東京公演無事千秋楽迎え、終わりました。

今日から京都入りで金土日公演。
で、小夏たちは今回初めてペット・シッターさんのお世話になるわけよ。もう人間の私のほうが大緊張なわけよ。緊張しても仕方ないんだけど。
すぐ帰って来るからね、小夏、睦、愛!
くっすん。
日々飲み過ぎで、はっきり言ってお疲れである。で、これが興行を仕切るということなのである。

しっかしわが同世代、50を目前にしたおとこたちはいろいろ考えること多きなり、だな。とにかく代表作はこれからだ!夏はイタリア、スポレートだっ!
初日を控えた前日に、何が花山大吉だ江古田正生だ、と小夏にしかられる。
とにかく今日初日!
「素浪人花山大吉」がついに最終回を迎えた。シリーズの後半は新キャラクター、お咲ちゃんが登場し、もっぱら彼女と焼津の半次の掛け合いばかりとなって花山様の出番が減っていったわけは、近衛十四郎が当時すでに糖尿病が重くなっていたということだ。最終回に至ったのも実はドクターストップが入ったせいだと、私たちは今インターネットから知ることができる。
江戸に戻るのを決意して立ち去る花山様、現実に近衛氏はこの数年後に亡くなる。そうした知識のせいか、後半は回を重ねるにつれて花山様の表情に疲れが見えてくる。ゆえに最終回のその後姿は感慨深い。

で、「路上」、三本ゲネ無事終わる。思いのほか、みなさんくたびれたふうには見えない。いよいよ明日初日。

ところで、これも大島渚ネタなのだが、初のやくざ映画になるはずだったのが、やはり実現ならなかった『日本の黒幕』のシナリオもまたすぐれて変態的だ。
登場する少年テロリストの名前が、江古田正生というのが笑える。これは明らかに足立正生のことだ。足立氏は日芸の映画学科出身だから江古田というわけだ。








常々といってもたまになのだが、一個の舞台はひとつの音楽に勝てるかなんてことを考えたりするのは、私の音楽好きの故なのだが、いやー今回歌が入ってほんっと音楽の力ってもんを実感する。歌があると楽しくって仕方なくて、自然と体が動いてしまう。そう、アメリカン・アイドルの審査員のひとり、ポーラ・アブドューのように!
クソ、二日どしゃ降りの真っ只中に遭遇だ。
それにしても、三沢追悼記事の中身の濃さ、充実度、スポーツ紙ではやはり東スポがダントツだなあ。

今朝はぼんやりとして小夏のしっぽを踏んづけてしまった。小夏大絶叫で、しばし睦、愛も固まってた。許して小夏、ぼくをぶって小夏。
こっちがくたびれている時はほんっと足元気を付けないと。
いやはや二日間、三作品ぶっ通しの稽古をしたが、稽古たっぷりしたーって感じ。勝也さんは思いの外けろっとしていて、この人の体力って尋常ではない、っていうか力のいれどころ、ぬきかげんがわかりすぎるほどわかってるんだな。

で、三沢の死には驚いた。社長と兼任ってのもさぞや辛かったろうに。最近の体つき、ストレスをためてるって感じだったしなあ。まさに戦死だよなあ。

行き帰りの電車で大島渚著作集を読む日々だが、大島の文章の面白さをつくづく発見した思いだ。
映画にならなかった「ハリウッド・ゼン」のシナリオも読めて、お得感満載の著作集だ。しっかしこのシナリオ、観念と普通のドラマツルギーが和解せずに共生しているようなホンで、さすがオーシマ、変態的な代物だ。