彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
今回ウンブリアに来ているラ・ママのスタッフはミーア、ビリー、藤藪さん、ディビッド、パコで、このうちディビッドは普段はラ・ママのスタッフということではなく、ウンブリアには毎年従事し、パコはローマに住んでいるひとだ。
とにかく、この人々、驚くほどによく働くので、感心、脱帽してしまう。受講者、講師の世話、食事の支度、部屋のそうじ、料理の手伝い、洗濯までしてくれるのだ。このうち洗濯までしてくれるのには驚いた。いいのかなと思った。私の黒の靴下、誰かが間違えて持ってったらしくて、見つからなかったけど。
いやー、よく働くねえと言うと、このようにエレン・スチュアートに教育されるのだという。
部屋には鍵はなく、また貴重品も置きっぱなしだ。そのような相互の信頼関係から、ここの生活は始まっているということだ。
ミーアとビリーは夫妻であり、まだ一歳に満たない娘のユナは私の指を握るとなかなか離さない。このユナは賢い顔つきをしていて、滅多に泣かない。
このユナもいずれ舞台人として育ち、どこかで私と再会するのである。あのときの君と会ってるぞと老人である私は告げ、美しく育ったユナを抱擁するのである。
短期間の滞在だったが、このスタッフのみなさんの適切なホスピタリティーで快適に過ごし、ローマに向かう車のなかで、少し感傷的になってしまった。私には珍しいことだけど。年とったかな。

DSCN9992.JPG

ディビッド。

DSCN9995.JPG

ヒップホップシアターのダニエル。

DSCN9996.JPG

左がミーア、右が藤藪さん。


それにしても日々、暑いっすね。
私、もうこもりっきりで物語紡いでます。元気になったり、憂鬱になったりで。
アッシジが車で四十分ほどと聞き、、ロッセリーニの『神の道化師、フランチェスコ』にお世話になっている身にとっては是非行かねばと思い、車の送迎を主に担当するパコに頼んで連れて行ってもらった。ローマ住まいのパコもアッシジは子供の頃行った以来で、何も覚えていないという。

田之倉稔氏の『林達夫・回想のイタリア旅行』のなかのアッシーシ゜の光景は美しいが、現在のアッシジはどうも一観光地といった印象を免れ得ない。しかし、聖フランチェスコ教会の地下のフランチェスコの墓で、私は自分自身が静謐さに満たされていくのをされるがままにして、しばしその場に留まった。

DSCN9928.JPG

アッシジの小道。

DSCN9929.JPG

石で造られた町である。

DSCN9930.JPG

教会の外観。

DSCN9932.JPG

教会の丘からの眺め。ウンブリア。

DSCN9935.JPG

丘の上の城。坂道を上がっていくのだが、暑くて途中でばてて、ここまでにして、降り、カフェでビールを飲む。

翌日の午前、今度はスポレートの町にディビットに連れて行ってもらい、日本で買うと馬鹿高いワイン、モンテファルコ、オリーヴオイル、プロシュート、黒チーズ、バルサミコ、白トリュフなどを買い込んだ。

DSCN9940.JPG

スポレート。森の上の水路跡。ここの雄大にして深遠なる光景はゲーテが『イタリア紀行』で書いているらしい。これを私はまだ読み通していないのだ。

一休みして元気が出てきたので、続けます。

翌日、みんな緊張の面持ちで発表。
一組目は外から始まり、中へ導いていく。

DSCN9960.JPG

冒頭の映画監督である男の語り。

DSCN9964.JPG

老婆が上の階段から現れる。

DSCN9965.JPG

中が映画館という移動演劇仕立て。

DSCN9967.JPG

二組目もやはり男の語りと共に移動し、屋外の舞台へ導かれる。

DSCN9971.JPG

三組目もまた語りとともに地下のリハ室に行く。

DSCN9972.JPG

すると役がスイッチして違う役者が男として横たわっている。

DSCN9974.JPG

傍らの釜から老婆が出てくる。

DSCN9976.JPG

階段を上がっていく老婆。

DSCN9977.JPG

老婆、老人、男のやりとり。

ここでタイム・アップとなったが、まだ二組残っている。本来なら翌日の午後になるのだが、午後の部のダニエルが、このまま午後続けたらどうか、自分は明日午前午後続けてやれればいいから。ヒップホップと私のものはずいぶん違うから受講者も生理の切り替えが大変だろうか、と提案があり、昼食後の午後引き続き私がやることになった。

DSCN9979.JPG

で、四組目。釜でポルノ画像を鑑賞している老婆。
たまたまアン・ボカートのワークショップを受けた同級生というこの四人はきわめてポスト・モダンふうの演出で仕上げた。非常に脱構築的で、おもしろかった。

DSCN9981.JPG

これも四組目。いかにもニューヨーク実験テイストのKOMACHI。

DSCN9986.JPG

最後の組。今は使われていない地下のカフェの空間でパペットの男が歩きながら語る。

DSCN9987.JPG

さらに3人の役者が入れ替わり立ち代り男を演じ、影絵、仮面なども使われ、様々な演劇言語が駆使されて飽きなかったが、どの手法もいつか見たことのある光景とも言えた。

というわけで、五組の『KOMAGHI』、それぞれなかなかに趣向を凝らしていた。
その後、個々のパフォーマンスについて批評しあうディスカッション・タイムがあったのだが、けっこうみんなお互いのものに対して意見を言うのに遠慮気味なのが、特徴的で、私にとっては不思議だった。

終わり時間も近づいて私個人と私の仕事についての質疑応答となり、終わったのであった。

DSCN9989.JPG

ディスカッション。バッテリー不足でぼやけてしまった。

DSCN9990.JPG

終了後、みんなで記念撮影。ぼやけてしまった。

グループ分けして、自分たちで作り、発表するというのは、これまでのワークショップのなかでも初めてのことだったということで、みんなけっこうプレッシャーだったらしく、夕食後は打ち上げのようにリラックスして普段より騒がしい面々であった。

ちなみにこれまでの日本人の講師はヨシ笈田氏と人形遣いの田中純氏だということだ。

この夜、私はウイスキーで酔っ払って大騒ぎ。
というのはウソ。受講者の大量の質問に応じ、静かに就寝したのである。



前回書いたようにこのワークショップは様様な国から舞台人を呼んで、ヴァラエティに富んだ中身を狙っている。
私はテキストに『AOI/KOMACHI』を選んだ。これは英訳もされているし、能の謡曲をもとにしているので、外国でのワークショップに合っていると思ったからだ。

私はまず能楽について、自分が知っているできる限りのことを、壁に貼った模造紙に単語を書き連ねつつ語った。

DSCN9923.JPG


DSCN9925.JPG

質問が少ないので、これは食いつきが悪いと思い、やや焦った。
そのまま『AOI』に入る。九段落に分けて、受講者にそれぞれ役柄を振り分けて最後まで読んだ。
読み終えると、質問が多く飛んだ。
次に『AOI』のDVDを観た。
全員、すさまじいほどの食いつきようで、質問がさらに飛び交った。
麻実さんの演技に関心する人が多かった。
受講者と一緒に観ていたヒップホップ・シアターのダニエルはアメリカ人俳優は自然な演技をする人とある種非日常的な演技をする人、それぞれ分かれているが、同時にやる、つまり、自然でありながら非日常もやるひとはあまりおらず、すばらしいと感心していた。
この日はこれで終わりで、ほっとして夕食。
能楽に関しては、どうやら質問するにはあまりに遠い、未知のことだったようだ。ちなみに三島由紀夫の『近代能楽集』のことにも触れたが、三島の名前を知る人はひとりもいなかった。

次の日は野外で『KOMACHI』を読み、まずファーストステップとしてそれぞれに老婆を演じてもらった。私のワークショップは言葉と身体、台詞と身振りの関係性についてとうたっており、『KOMACHI』は絶好のテキストなのだ。台詞に対して台詞で応じないときの俳優の身体は一体何に依拠すればいいのか。という遠大なるテーマを掲げているのであった。無論答えなど出なくていいのだが。

DSCN9921.JPG

この後、屋内リハ室に移って『KOMACHI』のDVDを観た。

DSCN9926.JPG

みんな実にいいふうに感じ入っていた。笠井さんに感動していた。

この日は夕食後、みんなやけに陽気で、全員でアカペラで歌合戦とんり、私は「津軽海峡冬景色」と「時の過ぎゆくままに」を歌った。

次の日は3人一組のチームを作り、『KOMACHI』をネタにして自由に10分から15分のパフォーマンスを作り、発表するというのをやった。作る時間はおよそ二時間。
それぞれにチームは散り、話し合い、作り上げていく。
そして発表。五組によるさまざまなKOMACHIが披露された。

DSCN9950.JPG

座布団を路地の道にみたてた組。

DSCN9951.JPG

この後、組替えをして『KOMACHI』の前半部分を明日発表ということにした。ただし、戯曲の台詞のカット、コラージュなどはなしという条件だ。
すると、その夜、それぞれの組が夜を徹して創作にかかりだしたのである。テキストを読み込むために今夜はワインを控えるというひとあり、ペットボトルい゛人形を製作するひとあり、深夜まで音楽が聞こえてきたのは、どこかでリハーサルを重ねているせいだ。
私は感じ入り、驚いてしまった。
もし、私が受講生として参加していたら、一番不真面目な男となっていただろう。

DSCN9953.JPG

昼間。四十度を超える暑さのなか、でも余裕のでてきたオレ。

DSCN9959.JPG

ウンブリアの山を右手にして、ますます調子こいてるオレ。本当は時折東京の猫たちを思って寂しくなり、こっそり泣いていたオレ。

ここらでくたびれたので、続きは次回にします。




60年代、ラ・ママのエレン・スチュアートはまずスポレートの町を気に入って町中のアパートメントの一室を購入し、さらに町から車で15分ほどの、オリーヴ畑に囲まれた一軒家とその周囲の土地を買い、自分たちで改装及び開墾して、現在のアーチスト・レジデンツを建てたという。
13年前の夏からこのワークショップは開催され、贅沢なことにこのレジデンツは夏の三ヶ月だけ使われ、あとは空き家だという。

ワークショップはセッション1、2に分かれていて、受講者はそれぞれに15名程度。どちらかを受講して終える人もいれば両方受ける人もいる。セッション2の後には戯曲のワークショップが十日間あり、そこでは受講者総入れ替えで劇作家が受講する。講師はなんとチャック・ミーである。
劇作家が受講すると書いたわけは、このワークショップがプロを相手にしたものであり、受講条件は英語ができるということと、二年以上プロの現場にいて、なんらかの実績を上げている者ということだ。

今回のワークショップの講師陣を書いておこう。
セッション1はまずメレディス・モンク。彼女はムービングのワークショップを行ったという。
リズ・ダイアモンド。シェイクスピアの『冬物語』のコーラスの部分をテキストにしていろいろやったというところから推測するとイギリス人だろうか。
リアッティー・トゥエは北京オペラ。
カーマ・ギンカスはロシアから来て『かもめ』のニーナのせりふを中心にいろいろやったらしい。
マイケル・マルマリノスはギリシャからでギリシャ悲劇のコロスの部分をテキストにしたという。
これでセッション1は終わりで、2の最初の週が私とダニエル・バンクのヒップホップということになる。
次の週がロメオ・カステルッチとロシア人のレイ・フォンダコスキーでこのふたりが何をやったかはまだ知らないが、カステルッチは現実の馬を使ったワークショップをやるらしく、そのために五日間、馬が飼われるというのだ。結局ただの乗馬訓練だったりして。
五日間をふたりの講師が来て午前午後交互に四時間やるというプログラム。
明日午前の番だと九時から始まるので、酒は控えて眠り、午後の日だと夕方四時からなので、前日はウイスキーを二杯ほど飲める夜というわけだった。午前九時から午後一時。昼飯とシェスタがあり、午後四時から夜の八時までが夜の部というわけだ。
講師は一日四時間のワークショップ以外はフリーなわけで、この間私は車で40分ほどのアッシジに行ったり、スポレートの町に出て散策したり、主には本を読んでは眠るという日々を送り、大いにバケーション気分を味わったが、いささか退屈もした。
朝食は簡単にパンで済まし、昼食と夕食はここの管理人兼料理人のエリーザさんが日々、イタリアの家庭料理を振舞ってくれ、正真正銘のイタメシを堪能し続けた。
16名の受講者の内訳は男がたった3人とここでも女子多しの演劇学科状態で、国籍はアメリカ、ロシア、韓国、シンガポール。シンガポールの3人などは国費で来ているという。
俳優、演出家、振付家、衣裳デザインなどに関わる人たちであった。
みんな至極まじめであり、酒もほとんど飲まない。一番飲んでいるのは私であり、ウイスキーのコップを片手にふらふらしていると、わー、飲んでる飲んでると囃し立てられた。
スタッフの藤藪さんに聞くと今年はことにまじめな人々が集まっていて、たいてい「さあ、飲むぞ」と騒ぎをリードするやつがひとりはいるのだが、今年はいないという。

DSCN9886.JPG
部屋の窓からウンブリアの田園と山が広がる。

DSCN9888.JPG
ここで昼食、夕食を食べる。

DSCN9890.JPG
釜である。ここでピッツァなどを焼くのである。

DSCN9891.JPG
正面玄関

DSCN9892.JPG
私の部屋。ゲストルームの一角。

DSCN9893.JPG
ベッド。

DSCN9894.JPG
ベットの上の明かり。

DSCN9895.JPG
部屋の片隅に立てられた不思議な屏風。

DSCN9896.JPG
ベッドの傍らに置かれた宝島の宝石箱。たぶん小道具に使用されたものではないか。あるいは古道具か。

DSCN9898.JPG
窓辺に移動したこの椅子で日々まどろんでいた。

DSCN9903.JPG
オリーヴの木。

DSCN9904.JPG
建物の裏手のオリーヴ畑。

エレン・スチュアートさんは毎年ここに来るのだが、今回は体調すぐれず、私の滞在中にはニューヨークで静養ということだった。90歳だという。
エレンとラ・ママのヒストリーを知らない若者が最近多すぎる、エレンの功績をアメリカ人たちは過小評価だ、と憤慨するのがラ・ママのスタッフの言葉であった。「どこもそうだよ」と私は答えた。本当にいまや先進国の文化の貧困な状況はどこも変わらない、日本だけのことではないようだ。悲しいことに。つまり、どこにももはや幻想はないということだ。
次回は私のワークショップの模様をお伝えします。

そういうわけで、帰国しました。暑いローマで日本選手と泳ぎましたってのは嘘だけど、どうも最近ヨーロッパに湿気が多いのはやはり温暖化のせいか、という話も耳にしたのだが、あの乾いたヨーロッパの空気はどこへいったと私も心のうちでつぶやいていたのだが、成田空港に降りた途端にむっと覆い被さってきた日本の湿気に比べると、やっぱりあれでも乾燥してたほうなんだと思う。
来週はもっと詳しく写真入りでイタリア・レポートします。とにかくよく働き、遊び、休んだ日々でしたよ。
で、これから京都なんですよ。さらに湿気の度の強いところへ行くわけです。
昨日ワークショップの進め方の関係で、午前午後と続けたので、私の仕事は1日早く終わった。

ワークショップは『KOMACHI』をテキストにしていろいろやったのだが、食い付きよかったっすよ。みんな夜中まで稽古してたよ。

そういうわけで、今日の午後ローマに入る。
ここの背後の林には蛇はもちろんのこと、狼もいるし猪もいて、スタッフのひとりは実際猪に出くわしたという。料理人のエリザの息子さんは猪狩り大会で14頭を仕留め、優勝したという。
ローマから車で二時間でスポレート。メンバーたちの夕食に合流してベッドに入った時は東京を出てから24時間経っており、いやはや遠い。おまけに機内食すこぶるまずく、気流も悪くて機体多いに揺れて、絶望的な気分になった。トランジットのチューリッヒでいささか気分は回復したが、とにかく時差ボケもきっちり二日間あった。
建物の周りは一面のオリーブ畑。ラ・ママのスタッフの皆さん、みんな働き者だわ。
ワークショップの参加者は世界各国から15名。1日にヒップホップのワークショップのダニエル・バンクと交互に午前、午後と四時間ずつやる。今日は私が午後で明日は午前。
日々暑い。昨日は午後、スポレートから車で40分のアッシジに行ってきました。ワークショップの様子はまたこんど。
スイス航空、チューリッヒ経由でローマ入りという空路。ローマから車で二時間でスポレートらしい。これよりワークショップの模様など伝えようと思いますが、雨が降ると電話が不通になる時があるという土地なので携帯が作動するかわからないのだが。
とにかく今成田空港。ほどよい人加減で穏やかな空港内です。喫煙所広くなってて快適ざんす。