彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
行きの新幹線ではなんか寒気がするし、胸がむかむかするしでやっばいなあと思ったが、着くとそれほど体調悪くも感じず、夜も神馬で酒が美味しく飲めた。この日の神馬では、斜め向かいの酔っぱらいから「陶芸やってる方でっか」と話しかけられる。
『新宿八犬伝』の稽古場には音響指導で原島さん登場。学生ら、そのこわもてに一気に緊張。しかも音響の学生が見事に遅刻。原島さん、バカヤローと机をひっくり返す、というのは嘘。
『大市民』の仮チラシが上がってきた。いいピンク色。出演者の名前を眺めつつ戯曲の構想を練るのである。目指すはラディカル・エンタテイメント、メタフィジカル・スラプスティック、ハッピー・アナーキーだ。
祝日返上で『アルゴス坂の白い家』の稽古。
いやはや順調な仕上がりを見せてますよ。みんな、なかなかやりますよ。冒頭のミュージカル音楽も学生が新たに作曲したものなのだが、これがまたなかなかおもしろいんすよ。
見に来てよ。
無料よ、無料。無料ってことはお金払わないで見られるってことよ。すばらしいっすよ、タダって。
でもちゃんと予約してね。
殺戮と自殺のこの時代、われわれはどう生き延びるかについての劇ですよ。

やっと湿疹も治まってきて、小夏、睦ぶ、愛も日々元気いっぱいっす。
やれやれ京都の『新宿八犬伝』もやっと出演者が揃い、まともな稽古が可能となった。一時は私がマーロウをやらなきゃならんのかという事態にもなったのであった。酒を飲むと湿疹が痒くなるので節酒の夜である。
疲れた体をだましだまし日々を送っている。とにかくちょいとほっとしております。
日芸のアルゴス坂の稽古はすでに中講堂でやっている。
今日は特別講師ということで勝也さんが見に来た。
言わずとしれた初演の新国立ではエウリピデスを演じたお人である。
通した。
で、学生らと交流会ということで江古田で飲んだわけだが、実に楽しい飲み会となった。
この日は午前から編集会議、午後打ち合わせなどなどあり、ほとんどわたくし、へろへろだったのだが、元気が出ました。
何よりうれしかったのは、勝也さんの言葉を学生らがきちんと理解していたことだ。

そういうわけで『アルゴス坂の白い家』情報

11月12、13,14日
12、13日18時開演。
14日13時、17時開演。
開場は開演30分前。
日本大学芸術学部
江古田校舎・中講堂

入場無料!!
ただしウェブサイトでの「観劇web予約」が必要
http://theatre.art.nihon-u.ac.jp/
よりお申し込みください。

てなわけで。
顔に湿疹ができてしまってる。自慢のてかてかのおでこにぼつぼつができて台無しだ。生来皮膚が弱くて赤ん坊の時の写真を見ると今と同じようにおでこに湿疹を噴き出させている。この顔を見たい人は日芸の江古田の中講堂・実習室2に来れば見られる。
『アルゴス坂の白い家』、稽古は佳境。なかなかのエネルギーで仕上がりそうでっせ。おもろい。
秋草のアレルギーで顔に湿疹が出てしまっている。いや、アレルギーのせいばかりでなく、例年通り一気に夏のダメージが押し寄せているんだな。とにかく顔に出てるってのが、憂鬱なのだが、毒素が出てるということで、薬で抑えたりせずに出し切ったほうがいいとの言葉に励まされる。
秋の気候は好きなのだが、いつもこの季節の変わり目は不調に見舞われる。
くたびれたからと言って、オリンピック東京じゃなくてほっとしておりますとか、まだなーんにもしていないオバマがなんでノーベル賞なんだよ、とか悪態をつくのはやめにしとこう。せっかくここまで書くの我慢してたんだからね。
京都では三年生が『新宿八犬伝・第一巻』を、二年生が『第二巻』をやっている。八犬伝の演出はやることが多くて、くたびれる。
昨日は木屋町付近でいささか飲み過ぎた。京都の夜ではけっこう京都・大阪ミシュランが話題にはなっていたが、星取りがあまりに当たり前の評価だというのが、もっぱらの感想だ。
なあんとなく忙しくて、ま、今日は京都なわけよ。昨日テレビでドイツから京都に移り住んだ尺八好きの人の番組やってたけど、やっぱり京都はのんびりしてるよ。で、東京から移り住んだ人ってのは本人は気がつかないだろうけど確実にのんびりになってんだな。ま、別にいいけど。
それにしてもポランスキー、このままアメリカに送還されるのかな。いやはや本人が望んだわけでもなかろうが、凄まじい人生だな。あの年で収監はつらいだろうな。ポランスキーの映画ってみんな恐怖症、神経症のテイストで満ち溢れてんだけど、単なる心配症の妄想じゃないってことを本人の人生が証明してんだな。