公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『大市民』、決定稿を上げ、印刷所に入れる。

新年会の連続で疲れた。
渋谷と神楽坂で飲み、今年の抱負を語り合う。

浅川マキ死去の報。この歌手を知ったのは中学生の時。全共闘世代の、当時新任の担任教員のアパートで聞き、ファンになった。文芸座ル・ピリエのライヴにも行ったものだ。山下洋輔作曲の『都会に雨が降るころ』を『ワニの涙』で使ったばかりだ。
今夜はひとつ冥福を祈ってウイスキーで聴こう。
小林投手といい、シブイ人たちが亡くなる冬だな。
いよいよ『大市民』の前売り開始が近くなっていた。

ところでこれまでスタッフとしていろいろ参加していた波多野君が私の印刷されていない初期戯曲を肉筆原稿からデータ化してくれている。
『世紀末ラブ』、『爆弾横丁の人々』、『チャイルド・オンリー』、『世紀末ラブー西暦2008年のロミー・シュナイダー』、『新・爆弾横丁の人々』の五本である。
正確にいうと『新・爆弾横丁の人々』は岸田戯曲賞を取った直後「新劇」誌に掲載されたのだが、その「新劇」を劇団事務所から持っていった劇団員がいて返却されないままだ。

そういうわけで二十代で書いた自分の戯曲をちらちら見たりしている。よくもまあこういうものを書いたものだ。

で、遅ればせながらマイケル・ジャクソンの『This is it』を見た。ビリー・ジーンがよかったよ。この歌が一番好きだ。
新春のカミングアウト。
デーブ・スペクターが好きだ。
ケーシー高峰が好きだ。
土曜午後のTBSラジオの「宮川まさるのパカパカ行進曲」が好きだ。
やっと今年の仕事納まった。
新宿で人と打ち合わせあり。その後久米さんに初稿を渡し、なんやかんやしゃべる。
そして阿佐ヶ谷のtpt『キレイじゃなきゃいけないワケ』を見る。ニール・ラビュートのこの戯曲、弾けたものと予想していたら、思いの外正統で劇作コースの一年生に手本にさせたいような保守であった。
いやはや、やはり米英の戯曲は保守だねえ。ドイツ戯曲のぶっ飛び方が逆に際立つな。
日本の現代戯曲はそれらとさらに古典の生理、手法までを咀嚼せんとする雑食動物なわけですな。
ま、少なくとも、私はね。
とにかく『大市民』の執筆。こりゃ二十代に書いてたスタイルに似たドタバタ・ラディカル・コメディになりそうでっせ。
「喜劇は批判精神だ」という観世栄夫さんの、かつての言葉が身に染み渡る。『黒いぬ』ご出演の折り、いただいた言葉である。
今日は暖かくて助かる。いよいよ五十代に突入。よくぞ生きた、書いた。ま、でもさしたる感慨もない。執筆を続けます。
とにかく人のこと60だ五十の半ばだと言ってる人々、おれ今日から五十だからね。
大掃除も忘年会もクリスマスもなし。とにかく『大市民』の執筆!
今日で年内の日芸の劇作授業は終わり。
で、セゾン文化財団の懇親会、銀座へ。
この会に出るのは五年ぶりだろうか。堤清二氏の顔を見るのも久しぶり。
きたまりもいた。
ペーター・ゲスナーとも、宮城聡とも久しぶり。宮城さんには、あなたは本当に我慢強い人だと労を労った。タニノ氏とも会った。私にとっては安藤玉恵の旦那という言い方のほうが近い。
高山明氏と初めて会う。いろいろ話す。

さて仕分けに舞台芸術はどうした論戦を張るか。
劇作家協会新人賞の公開審査で座・高円寺へ。
終わって授賞式、忘年会出てヘロヘロや。
京都のみんな、打ち上げ出られなくてゴメンね。おにーちゃんいろいろあるんや。堪忍やで。
渡辺えりと久しぶりによくしゃべった。
千秋楽、無事終了。みんなよくやりました。戯曲に書かれた仕掛け全部やっちゃった。なんかラストの玉出てきたところとか涙出てきちゃった。来年の第五巻に向かって、いよいよ新宿八犬伝シリーズの開始といった気分だ。
キリシマを演じた馬場君のお父さんは初演を見ているということだ。さらに初演でルドルフを演じた香取早月も見に来ていた。うれしさと同時に何やら時というものの恐ろしさを感じる。