公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
舞台芸術センターじゃなくて舞台芸術研究センターだろっとセンターの土屋に怒られた。そうだよな、研究しないといかんよな。
で、辻仁成氏とのトーク、おもしろかったどすわ。これは10月の新作「新宿八犬伝・第五巻」に向けてのイベントなんだけど、辻さんには気をつかってもらっちゃったな。内容はここでは書かない。直接来た人の特権的体験よ。
次回は内田春菊さんを予定しております。

で、昨夜は吉祥寺のマンダラ2で、なぎら健壱ライヴを楽しんだ。会場で売られていた東スポワルツのCDも買ってしまった。

一晩でも留守にすると睦が甘える甘える。
明日は京都で辻仁成氏と対談する。公開対談である。辻君と会うのは十数年ぶりだ。詳細は京都造形芸術大学 舞台芸術センターで検索してね。
そういえばついこの間、吉祥寺の飲み屋で、わたくしのブログを読んでるというやつに声をかけられ、絡まれた。「あんた、中小企業社長型演出家、政治家型演出家でないなら、なんなんだよ」とか言うので、「はい、わたくしは猫型劇作家です」と答えたら不意にだまりこみ、ちくわ食って出ていった。フリーのAV男優とかぬかしてたてめー、もう俺に声かけんなよ。
第三巻、第四巻を本当に二十年ぶりに読んでみた。第一巻、二巻ばかりが注目されがちだが、おもしろいので驚いた。というのも、ストーリーからなにまで自分が書いてたものながらまるっきり覚えていなくて、へえー、こういう結末かと感心もしたりしてしまった。三十歳のわたくしが書いた劇だ。当時の世相がありありと読み取れる。
読んでつまらなく感じたら嫌なので、ずっとこれまで読まなかったのだが、どうして、どうして。殊に第三巻は完成度が高い。
どうもこの寒暖の差が心身にひびく。
おとといはかなりの量を書く予定でいたのが、寒さのせいで進まなかった。立川談志師匠のごとく、ぶつぶつひとりごとをぼやきつつ一日が過ぎた。
昨日は昨日で銀座で面談、新宿でパーティーと社交の日を過ごした。
例の劇場法が話題になっとるな。
おまえはどういう考えだって?
いわない。まだ情報不足だし。
それに私はもう中小企業の社長型演劇人、政治家型演劇人はやめたわけだし。というか所詮向いていないことが、四十代でわかったから。
でもいうときはいうよ。
でも今はいわない。
井上さん、それにしてもあなた、最後まで書き続けて、亡くなる時には自作が公演中で、天晴れな劇作家人生ですよ!
実は私、井上さんには人生において四度励まされている。一度目は「ニッポン・ウォーズ」が岸田戯曲賞の候補になった時の選評。二度目は「新宿八犬伝」で賞を取った際の選評。三度目は小説「ギッターズ」を直接誉められた時。最後は麻実れいさんのしじゅほうしょう授賞パーティーで久しぶりにお会いできた時だ。
「川村さん、戯曲って70歳過ぎても書けるもんですよ。だから川村さんこれからまだいっぱい書けます」
これが私にとっての井上さんの最期の言葉となったわけだ。勝手ながら。
すなわち、日本の代表的劇作家とうたわれる氏の死に際して論じられるべきことは、日本の現代演劇像についてだ。単純な称賛で通過しては、また日本の現代演劇は数十年遅れる。
井上ひさしさんが逝去されたことを知って、今日もまた台詞を紡いだり、近場の公園で風に散り舞う桜の花びらを見ながら、井上さんのことを思い出したり、考えたりした。井上さんに関しては実は書きたいことが随分ある。ここでは書かない。
自分の寿命について考えたりした。
台詞を書いていたのだが、暖かいし天気もいいので、今年最後の花見、哲学堂、新井薬師と行く。ここいらは三十代を過ごしたところで哲学堂から新井薬師までの中野通りの桜並木がまた凄いのである。
新井薬師で屋台の焼きそばを食べ、中野ブロードウエイ界隈をひっかけて、吉祥寺に出る。中野も吉祥寺も凄い人出だ。この調子でみなさん消費しましょう。
ハモニカ横丁のなかのカフェモスクワでジンジャーハイボールやって帰る。
今年もいろんな場所の桜を見た。銀閣寺・哲学の道の桜も凄かったなあ。