彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
盛況のうちに終わった。
自作を解説していると、先につながる色々な創作上の発見があった。
初期の戯曲は、平和で豊かな時代において反社会性とアナキズムがいかように作動できるかの思考のプロセスだ。
このプロセスの文体は唯一無二だと自負したい。

会場にはかつての劇団員、そして今の出演者の方々が多数現れた。この光景は実にありがたい。
梅山さんを筆頭に演劇博物館のスタッフの皆さん、ありがとうございます。
晴天ですな。
さて、今日これからリハーサル後、六時半、本番。
ここでしか聞けない、見られない物事、満載でっせ。
第三エロチカという名称絡みの、最後のイヴェントが
今日だ。早稲田大学小野記念講堂。
無料。
暖かい朝だ。
会場の早稲田大学、小野記念講堂でリハーサル。
初期舞台の上映もあるよ、宮島健復活よ、安藤玉恵ちゃん出るよ、わたくしもやるよ!!
無料よ、無料!!
明日、6時半からよ!!
二日目が無事終わり、今日が千秋楽。
昨夜、バーで飲んでいると、隣の見知らぬ方に声かけられる。ナンパされたわけではない。最近このことであちこちで声かけられる。
で、アジア杯、深夜ホテルで絶叫。
幕が開いた。
いい出来であった。まだよくなる余地あり、と終演後、学生たちに伝える。
それにしても、ずしんと重みのある劇だ。私は劇中の登場人物のモデルとなった、今は故人の見澤氏を思い、感情が渦巻いてしまった。
あと2ステージ。
場当たり終了。
この後、教授会。
その後、稽古。
社会的な1日ですな。

しばれるねえ。雪ちらついてきた。
そういうわけで昨日は早稲田で稽古だったのだが、手前味噌ながら、未出版の四戯曲、面白い。旗揚げの『世紀末ラブ』なんか、よく出来ていて、驚く。二十歳の作品だ。
稽古後、演劇博物館をひっかけて建物を出たところ、見知らぬ方に、劇団はもうやらないのかと尋ねられる。やりません。もちろん新作は打ち続けますが、と答える。
生涯、もう劇団はやらないだろう。今の私にとっては不自由な装置だ。
これからは、一本一本が、PK戦のようなものだ。大胆に丁寧に一本一本、こしらえていきたいです。
今日は早稲田でその顔合わせ、初稽古。
私の二十歳から三年間の未出版戯曲四本のダイジェスト。うち一本はビデオ上映。深浦も有薗も出てる『世紀末ラブ』。
リーディングでは安藤玉恵さんが出る。どういう縁かというと、彼女は私の早稲田大学客員教授時代の学生なわけ。
宮島健も出る。『チャイルド・オンリー』でかつての役でわたくしと掛け合う。つまりわたくしもやるわけ。これがわたくしの初めての女役なわけ。
そういうわけで2月3日、早稲田大学、小野記念講堂、話題満載よ。必見もの、レアものよ。
しかも無料よ、無料!
詳しくはティーファクトリーのHPで。
いよいよ今週の金土日曜日、京都三回生による授業公演の幕が開く。一年間をかけたわけである。この戯曲は、わたくしが36才時に書いた、ある意味、ドキュメンタリードラマである。
ラ・ママ・シアターのエレン・スチュアートさんの訃報が届く。合掌。