公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
いよいよ明日夜10時、WOWOWでドキュメンタリー「第三エロチカ、新宿に散る!」が、予定通りなら放映される。

それにしても、これから、日本人の不屈の底力の作動だ。
助け合い、落ち着いていこう!!
昨日は家にいた。トイレの最中であった。自分の身の安全と猫たちの安全保護の狭間でパニックに陥った。とにかく猫たちをケージに確保した。みな極度に怯えており、おとなしく従った。その頃第二波がきた。三個のケージを抱えて外に出ようとしたが、止めてトイレに置き、外に出ると世界が揺れている。
今日は今、飛び出した本の山に囲まれて呆然としている。
仙台出身の伊沢、中村の心痛は計り知れない。
『豚小屋』の、21日に座・高円寺で開催されるリーディング用の台本が上がる。
これは原作の戯曲をそのままリーディングするもので、これを経て、さらに五月の本公演用に台本を作り上げるのだが、このプロトとも言える戯曲リーディングも興味深いと思う。
映画と比較すると、戯曲では荒野を彷徨う人食いのシークエンスは一切なく、ひたすらナチの残党である財界人の邸宅でのドラマになっている。さらに映画と違うのは、スピノザが登場するのである。
パゾリーニ当時の思想が凝縮している。まったく古くない。お楽しみに。
去年の世田谷トラムで上演した現代能楽集が、BS2で放映されるのは、明日ではなかろうか。時間はよくわからないのだが。

三月14日には、「第三エロチカ、新宿に散る!」のタイトルで私と新宿と解散公演を巡るドキュメンタリーがWOWOWで放映される。
このディレクターを務める宮本氏の萩原健一氏を題材にした「ショーケンという孤独」をこのあいだ、たまたま見ることができた。おもしろいものだった。さて、私はいかように料理されているのだろうか。

一気に花粉がやってくる。
くしゃみ、鼻水。
渡辺えりと高円寺で色々なことをしゃべる。面白かった。

『チェーホフ!?』見る。ヨーロッパ・スタンダードね。

フェリーニ、アントニオーニを見る。
パゾリーニがボローニャ大学学生時代、その講義に影響を受けたロベルト・ロンギの講義録を読み始める。ヨーロッパな日々だな。
早稲田のリーデイング、自分のことばかりで俳優のこと書くの忘れていたが、このようにして若い俳優の口から、かつての台詞が吐かれる光景は美しかった。かつての教え子、安藤玉恵は役にあっていた。
『世紀末ラブ』は安藤さん以外でも小寺、椎谷、中村、伊沢、そしてもうひとりの教え子林蘭
さんも、実にあっていて、コレで上演するかね。
斉藤さん、大畑さんもエネルギーがあった。

展示会も土曜に終った。第三エロチカは終了した。
皆さん、ありがとうございました。
今後もよろしくお願いいたします。
昨年夏より撮られていたドキュメンタリーの撮影がアップした。歌舞伎町からアートシアター新宿跡、富久町からどん底、ゴールデン街、紀伊國屋近辺と歩き、夕刻の風花。最後は私の書斎であった。
ディレクターM氏と映画についての雑談をしながらの撮影で実に楽しかった。放映日の詳細はまた、いずれ。
『春独丸』、『俊寛さん』、『愛の鼓動』の放映は今月の26日、衛星第二でやられるということです。
反体制を標榜する者が、闘争を実現させる際に、その組織内においてもののみごとに権力、体制となる光景を、私の初期戯曲は幾度となく描いている。
この頃から運動なんざ、まるっきり信じてなかったんだな。
盛況のうちに終わった。
自作を解説していると、先につながる色々な創作上の発見があった。
初期の戯曲は、平和で豊かな時代において反社会性とアナキズムがいかように作動できるかの思考のプロセスだ。
このプロセスの文体は唯一無二だと自負したい。

会場にはかつての劇団員、そして今の出演者の方々が多数現れた。この光景は実にありがたい。
梅山さんを筆頭に演劇博物館のスタッフの皆さん、ありがとうございます。