彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
そういうわけで、浅田彰氏とパゾリーニについて語り合った。
映像ホールは満席であった。浅田氏とは初対面なのだが、のって話した。
トーク終了後、ふたり並んで『テオレマ』を見たのだった。

この映画やっぱすごいわ。家でひとりでDVD見るのとは迫力が違う。
画面の大きさだけでなく、大勢の他人の集中の息遣いが、映画世界と連動してパゾリーニという思想の彼方を漂うがごとき、快感である。
シルバーナ・マンガーノ、ラウラ・ベッティと女優陣がすごいね。

会場にはいろいろな方がいらしていた。京都の知識層というのも、また独特だ。
どう独特かというと、ああ京都だあ、という感じがするのである。
大忙しだ。京都も始まったし。日芸も始まった。稽古も本格的に始動だし、小説のゲラを抱えている。
水曜日は京都の映像ホールで、『豚小屋』京都公演のプレイベントとして『テオレマ』の上映会が開かれる。上映前には、私と浅田彰氏とのトークがある。なんという贅沢さであろうか!!わたくし、浅田彰氏ときちんと話すのは初めてで、実はちゃんと挨拶を交わしたこともない。
わくわく。
昨夜は京都市内のホテルにいたので、関東の地震を体験することはなかったのだが、本当に西にいると別世界のようで、あの揺れを体感した人としていなあ人との間には、かなりの温度差がある。

で、マック赤坂の政見放送は、ケッサクで、三回見てしまった。もうサビ部分は真似をできる。
『豚小屋』の上演台本にかかっている。
書斎にはパゾリーニをはじめとして、クライスト、ヘルダーリン、アルトーと頭のおかしい仲間たちが集まってあーだこーだとのたまい、騒がしい。
気候が春になってきて、三猫たちも活発になってきた。
それにしてもサルコジ大統領の来日には驚いた。みんな落ち着かないのだな。
世田谷の稽古場で開催された、劇作のためのワークショップは随分な成果があり、執筆への弾みがついた。今回は関係者限定公開だったが、次回の夏は一般公開になるかも知れない。

終了後、同じく発表した扇田君チームと飲んだのだが、話題はやはりもっぱら地震である。伊沢の弟さんは、津波から間一髪の避難だったという。話してるそばから、居酒屋が細かく揺れる。
なんとも不安な時代だが、こうしてお互い体験を語り合うことが大切だ。語ると落ち着くというものだ。
揺れてないのに、揺れている気がするという人も多い。私も便器に座っていると、細かく揺れている感じがする。これは大きな揺れを脳が記憶しているせいで、徐々には消えていくという。まことに人の脳とは、厄介な代物だ。
何があろうと、起ころうと東京が大好きだ。西へ避難なんて想像つかない。身寄りがあるわけでもないということもあるが、ここが好きだからずっといる。
都知事選、どうしよう。
明日新宿を散策していろいろ考えよう。
来週の戯曲のためのワークショップの台詞を上げる。
勝手にこのワークショップのタイトルを「劇作家の作業場」と名付けている。
普段通り、劇作家の仕事を続けている。
トイレットペーパーが見つけられるようになった。
牛乳も戻りつつある。
だが、直後は他人に優しかった街の人々が、いらいらしてきているな。仕方ないといえば仕方ないが、ハンナ・アレントの『暗い時代の人々』を想う。

ゴダールの『映画史』を映画館で見る。本人が映画館用に編集したものだが、やはりビデオ何巻版のほうがいいねえ。一時間半これだと飽きるし、なんか詰めすぎで言葉足らずになっている。と思うのはビデオ版全巻を見ているからだろう。
館内は若者ばかりで、おそらく私が一番年だろう。そういう年になったのだな。

三猫のおひな様をまだ片付けていない。

昨日の東スポの記事に、東国原氏の歌舞伎町再生に関する記事が載っていた。
いいと思う。
昨夜、『豚小屋』リーディング、無事終了いたしました。三十名のお客様、ありがとうございました。お客さんの前で台詞を声にして出すのを聞いて、今後本公演に向けて実に参考になりました。

座・高円寺の地下稽古場は、シェルターのようで実にたのもしく、安心だ。この日は終日稽古場では、まったく揺れを感じなかった。
一階の劇場では、らっぱ屋が千秋楽を迎えていた。
いろいろ困難な状況下でよく公演されたと、労いたい。
鈴木聡さんに一言声をかけたかったが、行き違ってしまった。
私どもは近くの焼肉屋で、軽い打ち上げのようなものをしていたのだが、店員が少ないせいか、メニューが出てくるのが、遅いったらありゃしない、二時間経っても出てこない肉麺を確認したら、玉子がないんで、できないってことだが、いっとう最初にだし巻き玉子出てきたぞ。これでなくなっちゃったってことか。まあ、いろいろ混乱しているのだな、文句じゃないからね。

さて、来週は世田谷で戯曲、モノローグのリーディング・ワークショップを行う。これは初めての試みであり、お客さんは入れないでやる。どうなるのかねやってみないとわからない。
そのためのテキストを書いている。これが次の新作として結実していくことを、自分のことながら、望む。

一番おてんば娘の睦が、実はいっとう揺れにストレスを覚えているようで、もうくっついて離れようとしない。
午後よりリーディングの稽古。
キャスト集まり、初めて読む。明日のリーディングはお客さんにスタートに立ち会ってもらうという意味合いでもある。
明日、計画停電による電車の混乱がないことを望む。
上演時間一時間。私のパゾリーニ講義も少しやります。なので、早く帰れます。
若干席まだあります。来てください。
それにしても原発がどうにか解決をみないと落ち着かない。
どことなく、みなさん、地震疲れというか、被災疲れというか。

三猫たちはそれぞれ避難場所を決めている。大きめのがくると、すわっとそこに隠れる。小夏は文机の下、睦は本棚の裏、愛は書斎の机の下。おさまると、こわかったよおと、すりすりしてくる。
こんなことが思い出話として笑って話せる日々よ、早く来い。物事には必ず終わりがあるものだから、必ず来るのだろうが。

それにしてもこんな時にゾンビ映画なんぞ、見るものではない。
あの日、見てる最中に身内からおかしな電話があり、さらにすぐに海江田の大停電予告会見があり、一気に心拍数が上がって、具合悪くなった。卒業式の前日でもう京都には行けないと決意したのだが、行ったのだった。
21日、「豚小屋」のリーディングやります。
被災から一週間経った。もう怯えて引きこもっている時期ではない。こういう時こそ演劇は必要とされるはずだ。そうでないのなら、演劇人である意味がどこにあるというのだろうか。