彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
新宿三丁目の雑遊が十周年を記念して来年お正月、上映会、イベントなどをやるということです。
私どもの『路上』シリーズが1、2、3が新年1月5、6、7日と三日間にわたり上映されます。あと色々あるので雑遊で検索されたし。
桐朋短期大学から集中講義を依頼されて先週今週と演出論をやっている。12月の二週間、日芸、桐朋、京造と大学漂流である。
今日は夜、劇作家協会の新人賞の公開審査。なんで毎年日曜日の夜なんだと多少ぶつぶつ言いつつ高円寺に向かう予定。今度の金曜日にやっともろもろ終わる。早く活字のほうに行きたい。
ニューヨークからメールが届く。
さあて色々やることありだが、どうも頭働かず。
とか言ってたら地震で新幹線遅延に遭う。
旅の終わりとか言っといて今日また京都来てるよ。旅人だよ。
今日は完全オフ。
溜まった洗濯物を洗って干して三猫と眠る。
iphone7を買うと言って、踊らされるんじゃない、そこいらのガキじゃあるまいしとたしなめられる。
それにしても、ここ数年千秋楽の幕が下りると、一気にスイッチがオフになってしまい、打ち上げ前にこと切れている。だから打ち上ではほとんど元気がない。最も打ち上げが異様に盛り上がる公演などおかしいと思う。体力が余ってるってことだ。
思えば劇団時代から打ち上げは苦手だった。
あらためて希望ヶ丘高校1978年卒業の皆さん、本当にありがとう!
生きていこうねっ!
全行程、終了いたしました。
観客の皆様、関わっていただいた皆様、
ありがとうございます。

今日は希望が丘高校の同級生達が観に来てくれて、同窓会、その後打ち上げと満載の千秋楽でした
さて最終公演となりました。天気は晴れですね。