公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『ハヤサスラヒメ』は是非もう一度見たい。先日、『カルデロン』の打ち合わせでマッチと高田馬場のローマ料理店タベルナで飲食したのだが、その際マッチプロデュースの写真集をもらった。ノムラサキコさんの渾身の写真集。タベルナのテーブルでページを開き、そのまま見入ってしまった。完膚なきまでの孤独感、死の営みとでも名付けたい空気感、死に到る高熱前の微熱、絶対のデジャブ、なんとも素晴らしい。いいものをいただいた。20日には中村崇に女児誕生の知らせ。母子ともに健康ということで、よかった。さて贈り物は何にしよう。
京都の二回生の授業発表『ハムレット』はとてもいい出来だった。杉原邦生の演出だ。戯曲ノーカット、三時間半と聞いて泣きそうになったが、感動的な舞台だった。戯曲の言葉に食らいつこうという学生の必死さがひしひしと伝わってきた。

柊アリスがラフォーレ原宿で開催されたパフォーマンス・オーディションで見事ラフォーレ原宿賞を受賞した。よかった。だがこの結果は十分予想できた。これから人気が出るだろう。

年の暮れ、うれしきことの数々。
昨日の投票所でこれまで感じたことのない緊張を覚えた。自民党の勝ちは納得できるが、勝ちすぎだ。圧勝にはがっかりした。それより落胆したのは、投票率の低さだ。わからない時こそ、政治に失望している時こそ投票しなければいけないと思う。無関心、冷笑、皮肉といった態度を知的と錯覚する雰囲気が横行する世界にはうんざりだ。とにかく私が投票した人と党はいずれも負けた。
来年四月公演の『カルデロン』はパゾリーニ戯曲連続上演の最終章だ。田之倉稔氏の翻訳である。読むとベラスケスのラスメニーナスが重要なキーになっている。そこでフーコーの『言葉と物』の登場ということになる。お勉強の日々である。
昨日は劇作家協会新人賞の公開審査であった。今年は小粒な印象だがいいものはいい。ちょっとこれは、というものもあり、それが票にもはっきり出た。

で、今日は日芸の劇作授業、今年最後の授業だ。草臥れているが、劇作に関してであるから、この疲労は愉しだ。本心からそう思う。
黒い報告書を見て、自分が太って映っているのでがっくりくる。テレビって実物より太って見えるね。
今晩9時、BSジャパンで黒い報告書の新作放映されます。私出ております。
世田谷パブリックシアターで見たのである。いやはやスゴイもんを見たの一言に尽きる。笠井さん麿さんは、もはやこの世の生き物とも思えない存在性だ。これは存在感という言い方では表せない。こことは違う世界にいるのだから。そのくせ十分俗っぽく色っぽいのだから、この老人たちは悪人である。
白塗り、金髪、オイリュトミーのアンサンブルの振り付けがまた素晴らしい。第九を目一杯使うというベタさがたまらない。年末に実にダイナマイトを見た。正直言って今年はもう何も見たくない。ハヤサスラヒメの余韻に浸ったまま新年を迎えたい。アキラさん、アカジさん、大好きです!!
横浜で用事を済ませてから、森下スタジオでのセゾン文化財団主催の懇親パーティーに行こうとしたところ、思いの外用事に時間が かかり、さらに横浜-戸塚間で踏切点検で、横浜駅ホームで30分ほど待たされ、一時間遅れでスタジオに着いた。
もうぐったりでワイン一杯で帰ろうとしたが、色々な方に声掛けられ、落ち着いてあたりを見ると、しばらくぶりの顔が多くあり、そうした方々と実のある会話を多数できて、非常に楽しい時間を過ごした。
私はいったん社交エンジンがかかると、こんなに社交的な人間はいない。だが調子に乗るとよくないので、適度なところで引き上げる。
とは言うものの、早いところ疲れを取り、12月には書斎活動に入りたい。
無事終わりましたな。白井さんとのタッグは良かった。成功とは言うまい。それは他人が判断することだから。とにかく私の演劇史において重要な仕事を伴走してくれた演出家として刻まれたのだった。
心底ほっとしています。年末はゆっくりしたい。
いろんな人が見に来てくれて、いろんなこと言ってくれて、ありがとうございます。
今日は久しぶりに三軒茶屋の味とめ行って、おっかさんが、あら川村さんとか覚えていてくれてとても嬉しかった。親友と煮込み、柳川鍋、いわしピザ食べて、飲んだ。