彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
昨日無事幕が開いた。
終演後、神馬で食事して出ると雪がざんざん降っている。それが一時ふりやみ、またふるの繰り返し。

今日起きると窓の外は盛大に降っている。
なんという風情だろうか。こんなことはめったにない。
ゲネプロ、無事完了。
予想を超えた出来。
感無量。
寒い京都。明日は雪か。
雪の第5巻。いいかも。
場当たり、なんとか最後までいった。みんながんばっとるよ。
三条のよしみで、おでん、さえずり、焼きそらまめ。
今週の土日、いよいよ最後の京都、最終授業発表『新宿八犬伝 第五巻・犬街の夜』が上演される。
さらば、京造である。
そういうわけで、これまでの授業発表一覧を記しときたい。たぶん合ってると思う。間違いがあったらどなたか指摘していただきたい。
尚、構成と明記していないものは私の劇作であり、演出はもちろんすべて私である。春秋座が明記されていない公演はスタジオ21である。
2002年『メトロポリス』構成
2003年『ロスト・バビロン』今活躍中の杉原邦生が俳優、舞台美術で参加している。
2004年『わらの心臓』
2005年『トラウマ学園GO!GO!』構成。これが一番、大傑作というむきも多い。今活躍中の木ノ下歌舞伎の木ノ下が出演している。奇妙な落語を披露していた。
2006年『怪奇大作戦』構成。ここから学科長を受け持たされる。
2007年『レミング』作・寺山修司
2008年『ワニの涙』
2009年『新宿八犬伝 第一巻・犬の誕生』春秋座公演。
2010年『オイディプス、WHY?』
2011年『ニッポン・ウォーズ』
2012年『大市民』稽古中、北野武氏がテレビ番組取材で私と対談した。これ以後全て春秋座。
2013年『新宿八犬伝 第三巻・洪水の前』
2014年『マクベス』作・シェイクスピア
2015年『神なき国の騎士』

とまあこういう具合である。14年間、よくやった、ぼく!
ほめてよ、ぼく!
雑遊10周年梟門1周年記念イベントの打ち上げ新年会が池林房で行われました。
とてもいい会でした。

IMG_4569.JPG

久しぶりに小林勝也さんと。

IMG_4568.JPG

わたくし、早くもネズミになっております。

IMG_4565.JPG

ネズミが増えております。

IMG_4564.JPG

中央にいるのが、オーナーの太田篤哉さんです。
伊沢、勝也さん、平井、美貴ちゃん、アリス、桜井君と多彩であります。
さて『路上5』行くぜと高らかに宣言しました。誰が?わたくしが。おそらく来年でしょう。
とにかく新年早々のぐでんぐでんは回避できて快調であります。
みんな、はりきっていこうぜ〜。

新宿雑遊の10周年イヴェントで『路上2』の上映会に行ってきた。
全然忘れていて、こういう劇だったかと感心してしまった。
ぼちぼち『路上5』の計画を練り始めようか。
展示会も充実していて劇場スタッフがいい仕事をしている。
明日までよ、明日まで!
11:45からは『路上3』の上映があるでよ。
なんか世間は休みが少ないなあ。もう仕事始めですか。
みんな、もっと休もうよ。
って私も今日から書き物始めてるが。この仕事は休みと休みじゃない境がわからないのですよ。
それにしても三が日暖かくて助かった。
ひしひしと時代の変化を感じる新年だ。
資本主義はもとより、不変の絶対はない。
なんかさっきぼんやり書いていたけど、今年は『ハイ・ヌーン/マスクマン』、『愛情の内乱』、『荒野のリア』ツアーと三公演もやったんだなあ。
元気なもんだね。
健康、皆様、三猫に感謝。

IMG_4528.JPG
いやはやなんと昨日今日と二日間芝居を見た。
昨日は新宿フェイスで末原たくまの芝居。今日は王子で岡田あがさが出ている『楽屋』。
保護者気分で二本見た。
ふたりとも元気でなによりだ。
昨日は観劇後久しぶりに夜の歌舞伎町をぶらぶらして楽しかったな。
久米宏氏のラジオ番組に伊集院光氏が出ていて面白かった。
ロールプレーイングゲームにおいてそのゲームの達人ばかりが集まってしまって初心者が入れなくなったゲームはすぐに廃れるという。
本の話題をする番組において出演者全員が取り上げる本を読んでいるトークは未読の人を自然に排除してつまらないものになるという。ここまでは伊集院氏の話なのだが、これは芝居の公演にもつながる。
ファンというのはありがたい。しかし熱狂的なファンばかりが劇場を埋めてしまう団体はいずれ廃れるというのが私の実感だ。
初めて見る方、そこそこのファンでたまに見に来る方を迎える隙間やら余白を持っていたいとつくづく思う。熱狂的なファンはそうでない人々を劇場で排除してしまう。自分たちの聖域に半端な者たちは来るなというわけだ。
もう一度言う。ファンはありがたい。ありがとう!が、熱狂的なファンは創り手の冒険と新思考には恐ろしく不寛容だ。ファンではない観客への余白を抱えた舞台をやっていきたい。
劇団をやめた訳もここいらにある。