公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
年内中に上げたい書き物があるのだが、書き終えられるかどうか。今日は夜、大駱駝艦の忘年会紅白歌合戦に行く。
とにかくなんやかやと忙しい。今日は日芸の授業の後、京都入り。明日午前中の特別授業のため。10時近くに着き、ホテル近くの飲み屋ぎりぎり間に合う。短時間に日本酒二杯飲む。新幹線車中、活字を集中して追ってくたびれた。
京都の学生が去年は『ラディカル・パーティー』を今年は『エフェメラわが愛』を上演し、成果を上げた。
初期戯曲を含め、みなさん、どしどし私の戯曲、上演してください。遠慮なくTfactoryにご連絡ください。
歓迎いたします!
寺山修司のシンポジウムは思いの外面白かった。みなさんの話がとてもよかった。寺山修司には熱狂的なファンもいるし、色々事情もあるし、ちょいと気を遣ってくたびれた。

京都の学生が私の二十歳代の戯曲『エフェメラわが愛』を上演したのを見た。大健闘だった。
それにしてもこの時期京都は人だらけで、嫌になるよ!

中川安奈さんのお別れ会には行けなかった。骨箱の写真に言葉が出ない。こんなにちっちゃくなっちゃったんだ…
まったく昨夜は京都から新幹線で帰宅中、東京駅にあと数分ってところで地震で止まってしまうし、その後の中央線ぎゅうぎゅうだし、もう参ったよ!当分どこにも行きたくないよ!
先週末、お茶の水の明治大学構内でテントを張ってる唐組の公演を見に行った。明治大学、昔の面影まったくなし。なくていいけど。学生として通っていた当時、朝日ジャーナルで詩人の清水哲男が大学のルポエッセイみたいの連載していて、明治大学の外観を刑務所みたいだと書いて、ひでえこと言いやがると、私と周囲の者共は憤慨したものだったが、今や刑務所の面影なし、スキッとして人気があるのがわかるわ。

芝居はこれまた実に良かった。主不在のもと、久保井、辻、稲荷、藤井、赤松の面々が、頑張っていて涙が出てしまった。
おすすめの舞台です。
2014101916010000.jpg
今日は近所のお神輿について一時間ほど巡行。堪能した。おっさんたちの法被に注目。
毅と睦!
やっとなんとなあく復活してきた。とは言うものの、この間、眠りっぱなしってわけにもいかなくて、京都いったり、横浜で母の一周忌やったりしたんだけどね。なんとなあく疲れがとれてきた。
公演中、二キロ落ちて、現在68キロ、これキープしよう。
ところで、ハリーは最初から最後まで生きているつもりです。まあ私にとってはだから、どう見ていただいても構いませんが。
さて、次だ。
昨日、無事終演いたしました。ご来場いただき本当にありがとうございます。
近日また詳しく報告させていただきます。
今日は死んでおります。あと数日で生き返る予定でいます。
秋の清々しい気候のもとで芝居ができる幸せを感じつつ、劇場入り。
終演後、柄本さん、手塚さんとトーク。お二人、ノリに乗って話し、40分になった。
帰り、みんなでヴェトナム料理を食べる。