彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
この秋の新作『ドラマ・ドクター』のキャストが発表されました!詳細はティーファクトリー、ホームページで。

新作小説がen-taxiに載ってます。小夏、愛、睦が大活躍。小難しい、かっこつけたものじゃありません。心を込めて書きました。
吉祥寺シアターで開講しているドラマドクター講座の二回目が、今日終わった。
受講者の真摯さに心底、打たれた。みなさん、頑張っている。戯曲をとにかく書こうという意気込みが素晴らしい。
これからも続くので、皆さん、どしどし参加してください。
戯曲が完成されていなくてもいいのです。シノプシスでも登場人物表だけでも、ちょっとしたメモだけでもいいのです。
詳細は吉祥寺シアターまで。
戯曲について、お話しましょう。
ニューヨークで今回一本だけ舞台を観た。
Signature Theaterでリチャード・ミーのBIG LOVEが上演されているのを知って足を運んだ。
2000年頃の戯曲で、面白かった。演出はプロジェクション・マッピング多用で感心しなかったが。
戯曲はミーが得意とするギリシャ悲劇の換骨奪胎である。
ご承知の通り、ミーは全戯曲をウェヴサイトに上げていて、誰にでも読める。
そういうわけで、帰国後、戯曲を読み、わからなかった細部を確認する。
リチャード・ミーのラディカリズムを信用する。
image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg
ジョン、アリンカ。

image.jpg

image.jpg

リーディングの日は快晴。その日から徐々に暖かくなり、フランク、「タケシカワムラが、春を連れてやって来た!」
ピーター、ジョン、フランク、フィリップ、グレッグ、オスカー、フェデリコ、カイル、アスター、アリンカ、ジョン、マイケル、本当にありがとう!
全編リーディングやってしまうか、一部カットかが、考えどころで、まあジョンとも、リハーサルして決めようと言ってたのだが、稽古を始めると、なんやかんやで、途中止めるので、結局通しの時間不明のまま本番。
写真は本番当日、最後の結果の模様。

image.jpg

image.jpg

皆さん、本番用の衣装を着ています。

image.jpg

楽屋で寛いでいます。稽古は都合二回。リーディングなんですから、十分。

image.jpg

本番前の会場。

image.jpg

image.jpg

そしてスタート。特にO役のグレッグは上手かった。立ってるのが、U役のフェデリコ、左に座っているのが、グレッグ。その左がF役のオスカー。
フェデリコの右が男ト書きを読んだジョン。その右がR役のカイル。

image.jpg

image.jpg

結果、一時間40分、『4』全編読み切りました。実力ある俳優陣のおかげです。
その後は、フランク、ピーター、ジョン、フィリップでトークと質疑応答。

image.jpg
image.jpg

リーディングが長かったため、これは10分という短かさ。普段はリーディングが短くて、議論が長いということだが、今回はこれでいいと、フランク。因みにフランクはこのセンターのディレクター。

image.jpg

トーク後、レセプション。此処で成功したか、イマイチかが概ねわかるのよ。
四方田さんもいたし、ボニー・マランカもいた。けっこうなインテリジェンスだった。



リーディング、大変良かったです。
大成功です。日本人の証言者は、ニューヨーク滞在中の四方田犬彦氏です。
詳細は後ほど。
43ストリート、8アヴェニューの稽古場、マンハッタンクラブで、『4』のリーディング稽古始まる。
F役がオスカー、Oがグレッグ、Uをフェデリコ、Rをカイル、男とト書きをジョン(ジェスランではない)が読む。とてもいいキャスティングです。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg
少ないけど、お客さん来てくれて無事終了。
日本語ヴァージョンは森下で録画したものを流し、みんな興味深げに見ていた。
雪で飛行機がキャンセルになり、来られなかった人もあり。
わたくし、本番前、突然強力な眠り地獄に教われ、外は零下12℃でまさに冷凍庫の中で、全く英語不調。
要するに無口な男になる。

image.jpg

image.jpg
ラママに近い、二年前『AOI』を稽古した同じスタジオで、リハーサル。本番もここ。
外はしんしんと雪が降り続けている。早くもキャンセルになった興行もあるといい、お客さん来るのかね。

image.jpg
今 こちらは5日の午前11時。雪ですわ。
今晩7時半、ラママのギャラリーで『路上にて』のリーディングが開催される。3時から稽古。

昨晩あたりから時差ぼけの頭痛が引いてきた。今回空港からエアトレイン、LIIRを乗り継いでペン駅まで来たのだが、初めての外国人には簡単ではないな。ピーターが迎えに来ていてくれたので、スムーズに乗り継いだが、ひとりだったらスーツケース引いてけっこうバタバタしただろう。

で、昨日は『4』のリーディングをやるニューヨーク市立大学大学院のシーガルセンターを訪ねた。34ストリート、五番街、街のセンターにある。長のフランクと挨拶をかわし、近くのヴェジタリアンの韓国レストランでピーターと三人で昼食。このヴェジタリアン韓国料理が美味しい。
それから、フランクがこれからMOMAでビョークの音楽展覧会のプレビューを行くからと誘われ、向かう。
そしたら、その展覧会には、

image.jpg
柊アリスがいた。

image.jpg

image.jpg
雪のMOMA。

image.jpg
ある意味、ニューヨークは変わらない。
ドラマブックショップを覗いたら、私の戯曲集が、二年前と同じところにあった。売れてないのかな。
オールビーを買って帰る。

今晩、大雪にはならないように。