彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
さてさて、いよいよ明日明後日、リーディング発表である。
俳優諸氏さすがの力量である。
スピードである。
わたくし、稽古が終わるとどっと疲れる。走り切ったレーサーのような気分。
ってレーサーになったことないけれど。
つまり、前回前々回に比べてより作品を創り上げるモードになっているのだな。
みんなスマートで本当にこの企画を楽しんでしまっている。快調に学んでおります。
森下スタジオ通いが昨日から始まった。
今日はびっちり四時間、みんなで翻訳作業。
メンバーの意見、指摘、的確。
今さらながらこういう作業はすごく面白い。
ジョンからニューヨークのトランプ反対のデモの様子などを聞く。
60年代を超えるデモの盛り上がりという。
今回のテキストも、こうした時代の今が如実に反映されている。
これが募集チラシ。

IMG_4784.JPG

よく見えない?
もうすぐティーファクトリーHPに上がります。
新作、全力を注いでこしらえたいと思っています。
ティーファクトリー秋の新作のキャスト、オーディションを四月に行います。
もうすぐティーファクトリーHPに詳細が上がります。
また、都内劇場、公演時、募集チラシが配布されます。
1月中をお正月というそうだ。そういうわけでお正月が終わったが、密度の濃い新年だった。
今日はセゾン文化財団の懇親会で杉原、村川と久しぶりに話し、谷君とも会えた。
例年のこの会も貴重な集まりです。
ジョンの後を書き継ぐ。上げる。
東京ニューヨーク往復書簡の第三章、ジョン・ジェスランはこんなタイトルをつけて寄越した。中身はいやはや現在のアメリカの痛い思いがひしひしと感じ取れる地獄絵図だ。訳していて震えた。
雑ながら和訳し、私は今書き継いでいる。やたら時事的な内容になりそうだ。リーディングは第一章から全編やる予定です。お楽しみに!
日芸の授業で所沢にきたところ、佐伯隆幸氏の訃報を知らされる。急に一昨日ということだ。
ああ、人が亡くなっていく。人が亡くなっていく。
佐伯氏は私の舞台をほぼ見てくださったのではないだろうか。最後の姿は昨年の『荒野のリア』KAAT公演だった。
終了。学生一同の総力戦で素晴らしい舞台だった。ヘルプの大人の皆さんには感謝。カーテンコールで舞台に上げられ、花束をもらう。みんな泣いてる。なんと幸せな終わり方をできた私だろう!
劇場を出ると外は雪が舞っている。京都市内の雪景色というめったに見られない風景をタクシーは走る。
京都駅に混乱はなく五分遅れでのぞみ号は来るも、京都名古屋間は徐行運転。窓から雪景色。
今日という日は忘れられなくなりそうだ。