公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
今日前売開始。『マスクマン』はニューヨークで書き上げた戯曲。
短編30分が二本。笠木初演出。スタジオ梟門開場記念と色々面白い公演ですよ。
『神なき国の騎士』は来週16日、17日、京都・春秋座で上演します。
上演時間は一時間半強。いいタイムっすよ。最近休憩無しで二時間以上の舞台など犯罪的だと感じています。ぐだぐだぐだぐだ、止まらないションベンみたいな舞台はほんっと嫌になる。
映画も近年長すぎるのが多い。殊にアメリカ映画は無用に長い。90分映画全盛の時代よ、カムバーック!
京都の今年の授業発表は、なんと『神なき国の騎士』だ。
来週の土日だす。野村萬斎さんに書き下ろした戯曲です。
学生が全力をあげてこしらえております。
無料でお得な劇場体験と思います。
あけましておめでとうございます。
今年は2月、5月、10月と公演があります。
よろしくお願い申し上げます。

私は大晦日の晩から風邪が悪化し、完璧なオフに入っております。
ボブ・サップ、曙戦、予想通り消化不良試合ね。ピーター・アーツ、桜庭を出すのは可哀想だよ。
rizin、どうも対戦カードが弱かった。笑って許して、ってわけか。
56歳になりました。ハッピーバースデー・メールを送ってくださった皆様、お心遣い誠にありがとうございます。
今後とも、劇作、舞台創作に精進、邁進する所存であります。
56歳ですからね、65歳じゃありませんからね、そこのところよろしくお願いいたします。

image.jpeg
ニューヨーク滞在中、パブリック・ライブラリーで書いていたのは、マスクマンです
今日、ワープロに打ち直し、書き直しで、ほぼ完成。

image.jpeg

ニューヨーク・パブリック・ライブラリーの前で。
外ではスモーキング、いいんですわ。
こんなふうに午前中の図書館で書いていただよ。
やらせじゃないのよ。

image.jpeg
image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

そして稼ぎを山分け。ってウソウソ。終わってうどん屋で食事後の会計。
ジョンとトシ。

オスカー、アリンカ、アスター、カイル、スーザンと、ジョンのキャスティングはいい!
私のセンスと合う。




ラママでミア、かおりとミーティング。その後ジョンと今後について話し、イーストヴィレッジの『蕎麦屋』という名の蕎麦屋で蕎麦を食べる。ここの蕎麦は確実に美味しい。
ハドソン川沿いに今年新しく建ったホイットニー美術館にジョンと行く。
アーチボルド・モルターというエドワード・ホッパーと同時代の黒人の油画の展覧会に感銘する。
美術館には各階にバルコニーがあり、マンハッタンを眺望できる。
ホイットニー美術館、お薦めですよ。
美術館を出てハイラインを歩く。かつて『フレンチ・コネクション』のポパイ刑事が車で追跡した高架電車の線路部分が公園になってミッドタウンまで歩ける。ここからも眺めもまた心がせいせいする。

image.jpeg

ハイラインからの夕日。

image.jpeg

image.jpeg

夜はフィオナ・テンプルトンの小さな劇をシアターラボで見る。
フィオナさんはジョンが尊敬する詩人、劇作家、演出家で、今回会えてよかった。
出演者に日系のドーンサトーさんがいた。彼女はかつて『AOI』のリーディングで六条を演じた女優で力のある人だ。やあやあと再会を喜ぶ。

で、今はもう空港なんですが、スーツケースが閉まらずに一時間格闘し、サウナかというぐらい汗をかき、泣いた。
空港まで車を予約していたのだが、やってきたのはなぜかアメリカでしか見られないような長い白のリムジンである。こんなの乗り込むのは初めてだ。

image.jpeg
ブロードウェイでかかっていたアル・パチーノ主演、ディヴィッド・マメット作の『チャイナ・ドール』を見た。
アル・パチーノとは縁がある。およそ30年前、マメットの『アメリカン・バッファロー』を見ている。確か23ストリートあたりの決して大きくはない劇場だった。アル・パチーノは大熱演で、よだれを垂らしながら絶叫していた。
およそ20年前、第三エロチカの『マクベスという名の男』のニューヨーク公演の時にはパチーノ主演の『サロメ』がかかっていて、私は見なかったが、確か吉村とか宮島はみたと記憶している。彼らは終演後、なんと楽屋から路上に出てきたアル・パチーノと写真も撮った。その写真を自慢気に見させられた。
で、見た。70代のアル・パチーノである。アメリカン・バッファロー同様、二人の登場人物しか出てこないが、ほとんどパチーノが喋りまくる。もうそれだけで感激だ。今回マメットの戯曲はたいしことはない。全部理解はしてはいないが、わかる。
アル・パチーノが元気にたっぷり台詞を喋っている、それだけで観客は満足なのだ。
休憩ありの二幕二時間、アル・パチーノ独演会。
満足マンゾー、スタンディングオベーション。
劇場外の楽屋出口には路上に止められたリムジンに乗り込むパチーノを待つ人だかり。警官が歩道にと制しても人々は聞かない。私もしばし待ったが、なかなか出てこないので歩き出した。
セントジェームス劇場の前を通る。映画『バードマン』の舞台だった劇場だ。『バードマン』は実に面白い。二回見た。近くのバーでウイスキーを二杯。
そのまま暖かい夜を歩いてホテルまで帰る。幸福感。