彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
DSCN3037.JPG

DSCN3024.JPG

DSCN3042.JPG

テレビがつまらないので、買い込み、積み上げていたマンガ本の一冊を取り上げ、読み出したところ、たいそう読みにくいのを、これがこのマンガの手法かと思いつつ、読み終えて初めて気づいたのは、第六巻目だった。おかげで物語の真相を全部知ってしまった。また第一巻から読み直しているけれど。
三猫ファンのみなさま、おまちどうさま!

冬猫1.JPG

書斎の猫猫猫。日だまりの猫はあたたかい。

冬猫.JPG

愛、三歳。

冬猫3.JPG

睦、三歳。このあいだ、深夜ひとりで騒いでて、冷えたらしく一時食欲なくして心配したが、すぐに復活。他人事と思えない性格。お調子者。かまい過ぎるとうるさがり、かといってかまわないでいると、すねる。

冬猫4.JPG

小夏、五歳。宿命猫。12月のあたま、連続くしゃみと鼻汁が続いたので医者様に連れて行き、検査したところ、鼻炎であった。お薬七日分もらって、治った治った。いやあ、猫はやっぱり砂漠の動物ということもあって寒さには弱い。他人事とは思えないのは、わたくし、寒冷じんましん。

冬猫5.JPG

サービスでもういっちょ、愛。このひとは元気いっぱい。

そういうわけで、今年、『大市民』に関わっていただいたすべての方々、『新宿八犬伝』に関わっていただいたすへての方々に絶大なる感謝の念を送ります、ありがとう!!
人生、前向きにいこうな、前向きに!
来年も、ネガティヴ思考は排除。そねみ、ひがみ、ねたみは御法度。
先へまいろう、先へ!
三歳の愛.jpg

みっつになりました。今はラウリーの『火山の下』を読んでいます。

三歳の睦.jpg

あたちもみっつ。三回転ジャンプができるようになりました。

三歳の愛・睦.jpg

おとついはみんなでワールドカップ、日本を応援しました。翌日はがーがー寝ていて起きたのは正午近くでした。
オヤジキラー睦1.jpg

どうです、この小首傾げ。このおやじキラーぶり。
前足に描かれたハートマークも注目してねっ。

オヤジキラー睦2.jpg

ふにゃふにゃ。

オヤジキラー睦3.jpg

これが猫型劇作家の生活ですわ。こうしているあいだ劇場法とかなんとかいろいろ決まっていってしまうのですわ。

オヤジキラー睦4.jpg

もてもてですわ。寒い日だけだけどね。
こどもの日三猫娘1.jpg

たまたま三猫、集まった。

こどもの日睦.jpg

睦。睦は女の子なんだけど、この家では私と睦が男子クラスなんです。
五月の三猫.jpg

ひなたぼっこの小夏と睦。

五月の三猫2.jpg

この世で一番私に傍若無人な女。睦。

五月の三猫3.jpg

愛。つつましやかなんです。
2010年小夏とおれ.jpg

宿命の猫、小夏と。
この小夏が家に舞い込んで、私の人生と生活は大きく変わっていったのであった。
小夏は睦と愛をこの家で生むのであった。そしてさらに私の人生と生活は三猫によって劇的に転換していくのであった。

2010年三猫.jpg

左より睦、小夏、愛。
睦はすごい運動神経。愛情表現も直接的。私の膝上を小夏から奪ってしまったのは睦である。アスリート系でゴムのようにしなやか。いまだに網戸にジャンプしてしがみつく。やせていて軽量。なぜかミルクはまったく飲まない。おしゃべり。うんにゃうんにゃ、いつもしゃべりかける。本猫に自分が猫だという自覚はまったくない。

愛はおとなしくて、膝に乗ってこない。でもさりげなくそばにきてじっと私の顔を見ていたりする。帰宅するとちょこんと座って出迎えてくれる。そのかわいさといったらない。文系で食欲旺盛。ご飯も食べるし、ヨーグルト、ミルクも大好き。ぽっちゃり型だけど、腕力はつよい。落ち着きがあって本を読むのが好き。まだ読んでいるところ見たことないけど。

さて、あなたは睦派?愛派?
mutsu_goro.JPG

書斎猫の睦です。
でも落ち着きがないんです。
わがままです。
気まぐれです。
たけ兄とよく似ていると言われます。

それにしても例によって正月明け、働く気がおきんなあ。
なんて罰当たりなこと言ってはいけないのだが。

それにしても、年末の鳩山政権ドラマで鳩山演じたのが、白井さんっのは笑ったなあ。なんとなく誠実でうつろな感じが合ってるよなあ。平田さんは平田さんの役で出ればよかったのに。なんでおれに声がかからなかったんだろなあ。管直人あたり、おれ合ってたんじゃないの。
レンホーが渡辺えりって全然似てないか。
愛と睦・お正月.jpg

愛と睦です。
明けましておめでとう!

kona_shogatsu.JPG

小夏です。
今年もよろしくお願いします。

五十代に入ったわたくしは、エクスペリメントからエンタテイメントまで、がんがんやっていく所存でおります。
昨夜、直した原稿が上書きされず、それに気づいた時、がーがーぎゃーとわめき、膝の上にいた睦が驚いて逃げていってしまった。
それから必死に記憶を頼りに書いたのだった。ほんと、こういう時は気が狂うんではないかと思う。
オバマのおためごかしの演説にみんなして感動してんじゃねー、とか他人に悪態をついている場合じゃない。

そういうわけで、睦、ごめん。

睦とおれ.jpg

うんこに唐辛子が丸々一本出てきた愛。
いやはや、おそろし。それにしても唐辛子を丸呑みして平気だったこの胃腸もおそろし。三猫のなかで一番太ってるのはその強靭な胃袋のせいか。

愛.jpg

美人母娘である。小夏と睦。

小夏・睦.jpg

わが運命の猫。深い猫。大女優・小夏。

小夏.jpg