公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
2014103012310000.jpg2014103012320000.jpg
みなさん、元気です。
ついに午後3時、採尿!
明日から本格的な稽古開始というギリギリの前日、なんてクールな睦でしょう。
すぐにお医者さんにオシッコ持ってって検査したところ、菌はもうないものの、大事をとってお薬二週間飲み続けなさいとのこと。膀胱炎はくせになるからね。
わーん、オシッコ採尿できないよお。
昨日みたくしないかと思って、シートに乗せるけど、「ざけんなよお」ってプイといってしまう睦。
オシッコ検査は、してから一時間以内の新鮮なやつじゃないと意味ないから、夜中に採尿成功してもダメなんだニャーン。
食欲もあって元気なのですが、三日間うんち、おしっこしてなくて、心配で、今日しそうだったのが、愛が近ずいてきて、気が散ってしないのです。それじゃってんで、抱き上げて便所の砂の上に乗せたら、すぐにモリモリ犬のもの並みのうんちをした。
それでタワーに戻ったのだが、オシッコもさせてみようと、嫌がるのまた抱き上げて、シートの上に乗せたら、今度はすぐにジョロジョロ、オシッコしました。
もうすっきり顏。
一安心。まだ採尿はできてないんだけどね。
オシッコ採取できず。というのは、今日はまだ一回もしていないのだ。
食欲は普通だが、どこかアンニュイだ。

で、夕方、吉祥寺コピス前で行われた劇団おぼんろのパフォーマンスを見た。
終演後、主宰の末原拓馬さんと初めて挨拶を交わした。
今の三十前後はいいですね。
やっと普通に戻った。
これで今日、検査用のオシッコ、採取出来ればいいんだけどね。

昨日は新国立でやってる『安部公房の冒険』を見に行った。
実はこの公演のプログラムで対談といういっちょ噛みしてるわけですよ、私。
見ながら、色々考えた。
俳優たちがいいです。プログラム、読み応えがあります。
食欲は戻りましたが、どこかアンニュイです。ゴダール映画のアンナ・カリーナに似た表情、仕草をしています。
広島の土砂災害。動物たちはどうしているのだろうか。
夜になっても暑いですね。なんだか冗談でなく、この奇妙な時代、生き抜くのはそうそう楽ではない。
でも皆さん、たかだか人生ですから気楽にいきましょう。
睦は午後より通常の食欲を取り戻し、嘔吐もせず、現在眠っております。
ひとまず安心いたしました。ご心配を掛けました。
オシッコは快調なのだが、こんなもんで大丈夫なのかなとおもうほど、少ししか食べない。
お薬をウエットに忍ばせて飲ませようとするのだが、見つけてすぐペッしてしまう。
小夏、愛は元気いっぱいなのが、救われる。睦が残したものを食べてしまうので、気をつけなければ。
オシッコは普段どうり、たっぷり出るようになりましたが、夏バテもあるんですかね、グッタリしていて、食欲がありません。
まだ心配ではあります。