公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
もうこの一週間は小夏の発情でまいったわ。『エクソシスト』、悪魔にとりつかれたリーガンかっていうぐらい、人が変わったみたいって猫が変わったかのように鳴き続け、外に出せ出せって大変だったわ。いろいろ人に聞いたところによると、家猫で性体験がない猫より、押さえられると激しいらしい。そうだろうな。
愛と睦も、「ママ、どうなっちゃったの」てな感じで遠巻きにしてたり、ママの体をなめてあげたりで、健気ってた。
そんなとき、住宅地に迷い込んでしまったイノシシ捕獲のニュースがあったのだが、イノシシその後死んでしまったって、なんか間抜けなおとなどもがみんなで無用にわーわー追い込んでて、蹴っ飛ばしてるオヤジとかもいて、ちょっと虐待の図なんじゃないか、あれ。

で、カリウスマキの新作『街のあかり』を見たが、悪くはないが、よくもなかった。『マッチ工場の少女』の男版だよな、要するに。でも駄目男シリーズでいえば、初期の『真夜中の虹』のほうが断然いい。

で、大学の用事で京都にいったんだが、台湾から来た陳さんは、駅のトイレで「清掃中・ご協力ください」という立て札を見て、中に入ってそうじを手伝いだし、おばさんにびっくりされたという。

で、京都にいるとなんかやたら間違い電話が携帯の留守録に吹き込まれることが多くて、この日も、ギャップの某という女性から、スケジュールの変更があるので、これを聞いたらお店に連絡してくるようにってメッセージがあって、いくらなんでもすぐに間違いとわかったが、この後のギャップ内部での混乱を思うと、気の毒になる。ギャップってなんだか知らないけど。こういうときは、間違えてますよと電話してあげるのが親切なのだろうか。

そういうわけで、神馬で鰻の白焼き食べたのだが、大将、佐藤さんのこと知っててしばし話題はそのことに。

で、帰京すると、小夏の発情は終わっていて、みんな平穏に寝ていた。
今月は二回目のワクチンと、そしてそれから時間を空けていよいよ小夏の不妊手術をしなければならない。っておれが執刀するわけではないが。

イタリアからは連絡なし。なしだな、これは。
っていうか、近頃ひとり旅っちゅうのが、やたら寂しくなってしまって、ほっとしていることも確かなんだわ。
で、ザ・ココナッツは元気なんだけど、最近小夏がどうも落ち着かなくて、外に出ようとするのは、ザ・ココナッツが歩けるようになってからの子育てを外でやろうってつもりじゃないかと想像してるんだよね。
思えば、出産も家でするのは初めてのことだったわけで、そのときも外で出産という選択肢が、小夏にはあったわけで、実際、出産の日、外に出ようともしていた。今回もそれと同じで、小夏にとっては家で育てるという経験もないし、私らが子供を認めてくれるのかもわからないし、子供に狩りのやり方も教えてやらなければならないしってところなんだな。
みんな、家にいていいんだとわからせてやらなきゃなんない。

で、最近、めめが庭に現れるんだわ。小夏は、子育ての時は、めめにもハナグロにも自分の前に食べさせていたけど、親離れさせるためか、やがて、ここが自分のテリトリーであることを、認識させるためか、やってくる子供らにパンチを食わせるようになった。ハナグロはもう現れないが、やせたメスのめめは、ときたま、思い出したように現れ、小夏はめめに気がつくと、怒るんだよねえ。
こっちも、ザ・ココナッツもいることだし、めめには、かわいそうだが、餌はやらないことにしている。

で、サイトで脳内イメージってのがあって、名前から脳内に何が占めているかを診断するって、遊びなんだけど、名前だけっていうと字画、画数の判断かね。それとも、ただの与太かな。
まあ、とにかく、やってみたんですわ。そしたら「川村 毅」の脳内は「食」でいっぱい。つまり、食べることの興味が占めてるってことね。あと「悩」、「学」、「遊」が一個づつって、なんとものんきな脳が出てきたわ。
で、「川村小夏」で診断したら、「愛」だけでいっぱいで、なんかもうほんっと、この猫は泣かせるわ。

で、『変態男』ってベルギー映画を見た。「ユーロ・ホラー」ってコピーに誘われてなんだけど、ホラーっていうよりスリラーで、まあ、落語の落ちみたいな結末だが、まじめに撮ってるものでしたよ。原題が「ORDINARY MAN」だってのに、変態男とは、これまた大胆ですよね。
『変態村』ってのもあるのだが、これは同じベルギー映画ってだけで、監督も違うし、別に続編というわけではなさそうだ。ベルギー人に叱られるぞ。

で、まじめな話、『路上』のキャスティングが決まった。詳細はティー・ファクトリーのHPを見てもらうとして、この決定には、けっこう時間をかけてしんどかったが、参加者の熱意はほんまもんで、今回のワークショップは、実に有意義だった。

で、原稿も上がった。
で、私の初めての演劇エッセイ集『歩きながら考えた。』もいよいよ今週出版されるということだ。店頭に出るのは来週のあたまあたりだろうか。
いろいろ昔の原稿とか入ってるやつで、スリリングですよ。
UERRibc.jpg
産まれて二週目に入り、ザ・ココナッツの目が開いた。まだゼンマイの人形のようにもぞもぞ壁に頭をくっつけているだけだが、活発だ。特に小夏と同じ柄のほうの子は、小夏に似たのか、やんちゃそうだ。あるいは、おてんばそうだと言ったほうが正しいのか。いまだ雄雌いずれかは、わからない。なんか、これから豆豆歩き出すと、大変だろうなあ。

で、昨夜はルイ・マルの『地下鉄のザジ』を再見したのだが、ほんっとこれはすばらしいねえ。「としをとったわ」って最後のザジのせりふは泣かせるねえ。

で、今日はこれから原稿書いて、『路上』だわ。これは毎年やろうと思っている。来年は『路上2』で、全裸劇やろうかとか話してる。

ところで、ザ・ココナッツの傍らのキャンバスの油絵は私が描いたもので、興味を持った方はティーファクトリーまでご連絡ください。
小夏が産んだ二匹は順調に育っているようです。時々、みゃーと鳴き始めたりしていますが、目はまだ開いていない。あまり、のぞくと小夏も嫌だろうし、触ることもできず、まだ雄雌もわからないので、二匹をココナッツと呼んでいます。
で、小夏は小夏で食欲旺盛で、でもおてんば娘のこの子が、外に出るとは一言も発しないで、食べ終えるとだーっと子供のところに戻っていく。
で、親猫は子供をのぞかれると、場所を移すっていうけど、そんなこともなくて、私はもうここのボス猫ということで信頼しているのだろうか、これだけのぞいても普通にしている。しつこくのぞこうとはしていないけどね。
そういうわけで、四日間も外に出ない小夏というのは初めてで、どんどんきれいになっていく。

で、「路上」のワークショップも始まって、みんな大張り切りですわ。
来週から本格的に開始なのだがねこの日は、私半ばへろへろのまま美術打ち合わせなどをこなしました。
もう先週は、しっちゃかめっちゃか、どたばたのぐだぐだって、何のことかというと、もう活字の荒野で銃撃戦やらなにやらでばたばた。
まず、後半のおよそ100枚を放棄することにして、またしこしこ書き出したのだが、翌日20枚ほどのその新しい部分をワープロ(わし、未だワープロなんですわ)に保存していなかったことが判明。
もう、ちゃらちゃーん、鼻からぎゅーにゅーの、半狂乱。こういうことはこれまで一度もなかった。ひどく疲れていたなか、また、小夏の世話でふんたらなんたらやってたなかの執筆だから、こういうことになったのかも知れなかった。
とにかく、気を落ち着けようと思って猫をならって毛繕いとかしたんだが、収まらず、この馬鹿者と自身を叱咤し、着ていたTシャツをひっちゃぶり(でも、もう古くて捨てようと思ってたやつ。こういうところは計算済み)、夕方やっと落ち着いて再スタートしたものの、記憶をたどろうとするのは無理。私はほとんどトランス状態で書いていることが多いせいだろう。戯曲の場合、書くそばから忘れていく。だから、長期空けると筋がわからなくなる。なので、ほとんど前日書いたものとは違うものになったわけだが、ああ、消えた言葉は、一体どこに行ってしまうのだろうか。

てなわけで、そういうへろへろのなか大学行って講義とか実習やって、学科の飲み会とかやって、もうへろへろになって新幹線乗って、ビールも飲みたくないほど疲れていて、寝て、翌日、小夏が午前中から、にゃーにゃー鳴いて甘えてくるので、これはいよいよ出産かと思っていると、鳴き続け、家を落ち着かずうろうろしているので、これはほんともう今日だと、小夏は小夏ですでに用意して、本猫もここだと定めていた産箱に入るも、人が離れると、「心細いの。そばにいてよお」と鳴くので、ほぼ一日中小夏の視野の範囲にいるも、なかなかいきまず、心配になって途中動物病院に電話して聞いたりしていると、夕方あたりから鳴くのを止め、なにやらまどろみだした。小夏、食欲はなく、朝から何も食べない。
で、執筆などをして、夜、風呂入る前にのぞくと、相変わらずで人の顔見て、小さくにゃーと言うので、風呂入って出て飯食って午後11時半頃、様子を見ようとのぞくと、すでに子供が小夏の乳を吸っているではないか!
「生まれてるぅー」とびっくり。こちらがまったく気がつかなかった空白の二時間の間、にゃーとも騒がず、小夏は自力で出産を無事終えていたのであった。しかも、胎盤も食べたらしく跡形もなく、地べたが濡れているだけで、乳にありつく二匹もきれいで、小夏が十分なめてきれいにしたのだろう。
こちらは、へその緒を切るはさみなども用意していたのだが、この女はさすが、野性の女、すべて自分で騒ぐことなく一切を終えた。やっぱり、半野良は強いよ。さすがだねー、よくやったねー、小夏。と、これは自然界においては当たり前のことなのだろうが、この私にとっての運命の猫をますます、なんか尊敬してしまった。
そういうわけで、二匹、小夏に似た柄をすでに持つ小さな小さな命、今も小夏にくっついているようです。
あまり、のぞかないようにしている。
里親探しも始めるかもよ。

全国のみなさん、ご心配かけました。小夏は無事二匹を出産いたしました。
ああ、これから日々子猫も育っていくし、ほんと猫ブログになっていくなあ。

浅田さーん、書いてるから心配しないで。
2007-06-24 11:58 この記事だけ表示
ずっと自主的カンヅメで、執筆中で、妊婦の小夏は昼はずっとけだるそうにして長椅子の上でまどろんでいる。その寝顔を見ると、戯曲の次の展開をどうしたものかといらいらしている気分がほぐされる。
で、昨日はほんっとひさしぶりにめめが現れた。小夏のお皿から残っている餌を食べていった。それを小夏は何も言わずに見守っているのだった。めめはやせていた。やっぱり猫の世界も大変なんだと思う。もしかしたら、やせている我が子を見て、小夏が呼んできたのかも知れないとも思う。猫界からすれば、小夏はいい旦那に囲われたラッキーな女ということになるのだろうか。
だんだん日々、小夏のお腹は大きくなっていて、本猫はやや大儀そうだ。

ところで、話は変わるが、「すべらない話」って、なんか芸人たちが必死だし、お互いの競争意識も読み取れるしで、見ていて疲れるな。それを見物して、知った風な感想述べたりしているタレント連中のやにさがった顔がまた嫌だ。
まっ、どうでもいいことを書いてしまった。
すいません、わたくし、執筆の荒野に戻らせていただきます。
13.jpg14.jpg

そういうわけで、こんなふうに仲良く暮らしているのですが、ついに決意して小夏をお医者に連れて行って、健康診断、予防接種を受けさせることにしました。
午後、本猫がぼんやりしているところを、キャリー・バックに入れました。思いの外、すんなり入りましたが、運び出しし歩き始めると、鳴き続けましたね。
でも、お医者さんで順番待ちしている時は静かになって、診察台の上では、怖くて固まってしまっているのか、まったく暴れないで、かんねんしていました。カラーを首につけられて、お耳掃除をされている時など、もう瞳孔開いちゃって、震えてました。私は顔を見ながら、だいじょぶだよと声を掛けてました。血液をとるお注射には静かでした。
で、ノミもいないようで、耳ダニもいないようで、血液検査からの病気も陰性ということで安心しまして、で、お腹が張ってるというので、透視するやつで視てみますと、検査室に入れられ、しばらくして、お医者さんの「川村さん、赤ちゃんいますよ」の声に、もうびっくり、というか、やっぱりそうきたかと「ええっ」と声を上げてしまいました。
もっとくわしく視るというので、レントゲン写真を撮り、見せてもらうと、小夏の背骨の左右に明らかに二本の小さな背骨がうっすら写っております。「心臓はここです」とお医者さんは指さしました。
あと、二、三週間後の出産、二匹は確実でもう一匹いるかも知れないということでした。
そういうわけで、いよいよです。
うちで生ませる心づもりでおります。
ま、一度出産、子育てはしていますから、本猫への心配はないですけど。
もう、夜回りはさせないで、家にいさせようと思っています。

小夏は娘のような存在かと聞かれますが、これは違いますね、彷徨邸の住人、大好きな同居人というところですかね。

で、本猫も、いろいろ感じるところがあるのか、夜出さないよと宣言して戸を閉めると、この晩、今まで近づかなかったトイレに初めてオシッコをしたのでした。
2007-06-04 11:12 この記事だけ表示
移行後、初の小夏です。
どうも猫馬鹿ですいません。
なんか、最近ちょっと貫禄も出て参りました。雄猫もうろうろすることがなくなりました。猫の世界ってのは不思議なもので、この家が小夏のうちであるということが、猫界で認知されたということなのでしょうか。他の猫が小夏のお皿のものを食べに来るということもなくなりました。そのことを日夜確認するためでしょうか、明け方には必ず地回りに出て行きます。たぶん、小夏は今や駐車場かなんかでの猫集会でも顔なんじゃないのかなとも思います。
そうそう、小夏の子供めめのことですが、今や完全に違うテリトリーで生活しているらしく、来ることはなくなりました。
そういうわけで、元気だにゃー。

10.jpgtarget="_blank">11.jpg

そういうわけで、GWが終わったが、この間何をしていたかというと別段どこぞに出かけるということもなく、家で仕事をしておりました。書き物であります。それでよく進むと元気で、うまくいかないと不機嫌というのを繰り返しておりました。
マーティン・スセッシの『私のイタリア映画旅行』を観たが、作品、物語の紹介の仕方が相変わらずスコセッシは上手で、もうそれを観た気になってしまうね。スコセッシは少年の頃、アントニオー二の『情事』が難解で何度も観たと語っていたが、これって大切なことだよね。私だと中学の頃ベルイマンの『叫びとささやき』が、謎でわかりたくて何度も映画館に足を運んだ。そうしていくと、見逃していた細部に気がついて、わからないことがわかってきたり、わからなくていいのだということがわかったりするのだ。
ついでにロッセリーニ『イタリア旅行』を観てしまう。

ところで私は映画が好きというより、映画館が好きということなのではないかと最近ふと思う。

子供の日は、NHK FMが一日中ジャズを流していて、ずっと聞いててうれしかったな。
で、アメリカン・アイドルもしっかり観たよ。
で、まだ目を通してなかった文芸誌をぺらぺらめくっていたら、四方田犬彦氏の『先生とわたし』ってのに立ち止まって、読み出したら止まらなくなり、この400枚、一気に読んでしまった。ここで書かれた由良君美という人、私知らなかった。勉強になった。それと大学ってところは本当の大学人、研究者にとってはいろいろ派閥闘争で大変だよなって、会社員の世界もどこもそうなんだけどね。
まっ、私は大学人になれないし、なる気もないし、教師にもなれないし、なる気もない。

で、いつかこういうことが起こるのではないかと思っていたところ、現実になったというのは、家でネズミのおもちゃで遊んで、やたら興奮気味に飛び出していった小夏、深夜、本物のネズミのぺちゃんこになった死骸を持ってきて、得意げに遊んでんだ。
もうヒェーッですよ。
わかったわかった、わかったからもってってって言っても、弄んじゃってんですよ。まいりました。
ほんとこの子のおもしろいところは、いくらなついたといっても基本的に野性なのね。何かあってびくっとして、だっと走る姿なんて、もうほんと野良の面目躍如って感じだし、でも昼間とか遊び疲れてる時なんか、でれでれ甘えてくるのね。不思議ですよ。まっ、猫ってみんなそうなのかも知れないけど、野良と家猫の両面が極端に違うんだな。

そういうわけで、『路上』のオーディションも今週だし、しこしこ執筆もしなくちゃ。

昨日はさりげなく、『武蔵野八猫伝』と書いたが、これいいなあ、本気で考えようかなあ。ちょうど晴天の井の頭公園のなかでは女の子モデルの撮影会がそこかしこでやっていて、カメラ小僧ならぬカメラオヤジたちが群がっていたのだが、八猫士、普段は撮影会のモデルの女の子たちで非常事態になると猫士に変身する。だけど、みんな気まぐれでマイペースで寝てばかりいて全然戦いにならないってストーリー。
それにしても猫見てると他人と思えないところがあるなあ。おれってこんなもんだからなあ。みんなで運動なんてだいっ嫌いだし、自分でやろうと思っていることでも人に指図されるとやりたくなくなり、絶対やらない。

で、『ブラック・ブック』見たけど、基本的に私、ポール・バーホーベンって監督好きね。
で、夜は衛星で『怪奇大作戦』見たけど、「かまいたち」って回のはすごいね。女子がばらばらになる冒頭ってのもすごいけど、こういうの日曜六時にやってたってのが驚きだし、深い。岸田森がいいよ!
この番組は当時親も見るの許してくれなかったし、何より子供には怖すぎだったよ。

で、今日はぐだぐだ、いいともとかちょいと見てたんだけど、「女の品定め」っていうコーナーは無理があるんじゃないの。どこがおもしろいのよ、これ。ひねりもないし。

新たに執筆開始。