公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
頭がすっきりしないので散歩に向かった。谷中にだ。歩いて頭をすっきりさせようと思った。
全生庵で、幽霊画を見て、三遊亭円朝の墓をお参りした。
帰り際、自転車を引きながら独り言を言う男と墓地の小道ですれちがう。
「人間の霊が乗り移るから腹がへるんだ。ちきしょう、今日は絶対くわねーぞ、絶対、今日は」
と男はつぶやき、山岡鉄舟の墓に手を合わせた。
そこから長安寺によって、諏訪神社でおみくじを引くとなんと大吉だった。数年前下鴨神社で引いた以来の大吉だ。
ここいらの町並みは、田端と似ていて実に親しみを感じる。
田端、西日暮里、日暮里、鶯谷、上野は他人の土地に思えない。横浜から祖父祖母の田端の家にいく際、京浜東北線で田端に近づくこれらの駅を数えるのが好きだった。初めて行った美術展は小学生の時、祖父に連れて行ってもらった上野の日展だった。
西日暮里公園でしばし佇み、高台のその公園から下に見えるJRの線路などを眺める。
南泉寺から谷中銀座に出てぶらぶらし、さらに上野に出て、聚楽で生ビールの電気ブランのセットでナポリタンを食べる。電気ブランはこういう場所で飲むとやたらうまい。

そういうわけで今日は少し頭がすっきりしたので、ゲラに目を通す。

で、内田百けんの『ノラや』などを読み返しているのだが、子猫のとっくみあいというものはほんっと見ていて飽きない。
第一次UWF、柔道、レスリング、K−1、すべての要素が盛り込まれている。初代タイガーマスク、佐山サトルが猫科としてデビューしたのは正しかったのだ。
活字の荒野を彷徨っていると、あっという間に一日が終わる。運動不足になり、加えて、加齢で体の燃焼度が落ちるのだろうか、すぐに脂肪がつく気がする。この間、吉祥寺のメンチカツの行列の肉屋で、メンチはとうに売り切れなのだが、トンカツ、コロッケをわいわい売っているので、トンカツ五枚千円というのを買ってきて、おいしくて三枚食べたら、その分だろうか、あっという間に一キロ増えて、減る気配がない。

そういうわけで、私の長年の望みなのだが、亀を飼いたい。
猫と亀は相性がいいというか、お互い無関心なのでいいそうだ。猫と亀に囲まれて晩酌をするなど最高の幸せだ。

で、瀬戸内寂聴の新作『秘花』を買った。読むのが楽しみだ。
昨日は執筆中、ついになんだかむずむずして、だっとバスに乗り込み、吉祥寺まで繰り出して一杯やってしまった。脳みそほぐしであーる。
で、今日はちょっと二日酔いだわ。
で、昨日のことなんですけど、また猫のことで恐縮なんですが、二階の窓開けていたら、そこから小夏、飛び出していって、隣の駐車場の停車してる車のタイヤあたりをくんくんやっているので、「小夏、あぶないから、離れろ」とか言うんですが、全然そしらぬ顔で、次に身重とも思えない俊敏さで、近所の家々の屋根を跳んでいくんですわ。すごい運動神経を目の当たりにしました。
なんか、やっぱ野性だわって感心してしまった、あらためて。
で、小夏としても安定と自由の狭間でいつも揺れているんだと思う。
私らも揺れていて、家で生まれて育ったわけではないから、どうしても閉じこめっぱなしというわけにもいかんのじゃないか、ノイローゼになるんじゃないかと自分のこととか考えても思うんですわ。私には夜の街が必要ですからね。でも小夏は、もう夜は出さないことにしてますけど。
家で飼うなら絶対出すなとかご批判もあるとは思いますが、私も小夏も安定と自由、しつれと寛容さの狭間でいろいろ揺れているんです。

で、今朝は小説のゲラとか届く。京都からは卒制の企画書等々が届く。北川わー、チャップリン、劇で扱うのはおもろいけど、戯曲書くの大変だぞー。
で、だらだらと目を通す。いや、まじめに目を通しているんですけど、なんとなく、だらだらということです。
「せりふの時代」にはヨン・フォッセはベケットじゃないだろって論旨のものを書いた。誰かにおこられっかな。

なんか、コカ・コーラの新作カロリー・ゼロにはまりそうな気配。
物書きモードで終日ぼやっとしているが、本人は要するに書き物の考え事ばかりをしている。

東スポのデーブ・スペクターのコラムは相変わらずとてもためになる。今回の重要点は以下の通りだった。
●ミス・ユニバースの森理世ってけっこうビミョー。
●河瀬直美は熟女AVでよく見かけるタイプ。
●新聞の号外でテレビ欄がないと憤慨している若者がいる。

私はデーブに賛同する。

陣内、紀香の披露宴は全然興味が湧かないんだけどなあ。

「アメリカン・アイドル」はいよいよ最終だなあ。ジョーダンがぐんと伸びてきてわかんなくなってきたなあ。

三茶トラムで寺田さんのソロ・ダンスを見たが、よかったなあ。おもしろかったなあ。ひとりの女性の遍歴、風俗で働いて、最後はばらばら死体にされてゴミ袋に入れられて海に捨てられるまでを一時間に凝縮させたもの。って、これ、おれの解釈だけど。

武と松本人志の映画を一日ではしごするつもりである。見比べたい。やや不吉な予感がなきにしもあらずだが。特に武の映画は最近妙に自己中毒症状に陥ってるからなあ。

そういうわけで、小夏に関して重大ニュースがあるのだが、詳細は明日。
昨日の自殺について、思いの外、いろいろな反響があり、夕刻若い友人から電話があった。
彼は自殺したいのだという。
彼「川村さんが書いていた純粋です」
私「他に理由があるわけではないのね」
彼「ですから純粋自殺です」
私「でも今君がそのつもりで自殺をしても世間はそうは思わないよ。今の君が自殺と聞いたら人は必ず貧乏のせいだとか、失恋だとかやまほど勝手な理由をつけて、納得したがるよ」
彼「そうかあ。それもそうだなあ」
私「純粋自殺ってのは難しいんだよ。そういう人生のシチュエーションを造り上げた末でないと、絶対アリバイ探しが起こる。で、結局つまんない理由で結論づけられる。川端ぐらいの境地と境遇でないと死に損するぜ」

彼は納得したようであった。
私についてもいっておこう。たとえ私が変死を遂げても絶対自殺ではないですので。
おれが自殺とかいったら、知ったふうな連中がやまほどいろいろなこと言うに決まってる。あることないこと、ないことないこと。
それが耐えられないという理由だけでも、自裁はあり得ず。

で、昨夜は小夏が帰ってこなかった。雨だというのに昼間もずっといなくて、どっかの毛皮業者か三味線業者に拉致されたんじゃないかとか眠れなかった。聞いた話では毛皮商品で猫の毛ってけっこう使用されてんだって。
朝になったらにゃーにゃー戻ってきたんだけど、もう完璧野性顔ですわ。なにがあったのかは知らないけれど。野良猫の世界は深いわ。なんか深海生物の世界に匹敵すると思う。どっかで生態調査しないかな。アフリカ象の生態系とかより、まず近所の猫の謎だよ。
どうも当ブログ、サーバー移行してから、エンタメブログの新着更新に載らなくなって、周囲から心配されてしまった。更新してるんだけど、管理のほうの具合が悪いらしいのですよ。

で、ボストンのジャパン・ソサエティーから、松坂、岡島を招いてのディナー、パーティをやるのでという招待がメールで届いた。
最近、ジョニーだパリスだって冗談ばっか書いてるから信用無しだが、これはほんと。
この一晩のためにボストン、行っちゃおうかな。

気温の変動で体調悪しのなか、執筆、執筆の日々。
なんか、そこはかとなく、つらおだ。
なんか私、自衛隊の潜水艦に乗って、どこぞの国の艦隊を攻撃して沈めろって依頼を受けて、翌日乗り込むところなんですわ。そいで、もうひとり同乗者がいるんだけど、そいつはやめてしまう。そこで、私も初めて疑問に思う。なんで、おれが潜水艦に乗って、こういうことをやんなければいけないのか。そいで、安倍総理にテレビ電話で質問するんですわ。すると総理は「民間人として関わってもらいたい」云々とか言うんですわ。「「でもなんで俺なの」と聞くと、なんだかいろいろなこと言うんだけど、何を言ってるのかさっぱりわかんなくて、「わかんねーよ」とか言うと安倍ちゃんもむきになって言い返してきたりとか、テレビ電話で大げんかやってる。
って夢。

そして目覚めて、なんか恩寵を受けたように、せりふの一節が思い浮かび、キーボードに向かう。なにも安倍総理に恩寵を受けたわけではないが。

亡くなったなつみさんは送信されてきた読売新聞の二月四日付けの記事によると、死因は心臓発作でサンパウロの自宅でたおられ、一週間気づかれなかったという。五十四歳ということだ。私と同い年というのはまったくの私の錯覚であった。こう思わせるほどに若い人であったのだ。気取らず、突っ張らず、自然に貫禄のある素敵な女性だった。
大学では宙づりになってしまった観世先生の「近代能楽集」の授業をどうするかについて学生を交えての話し合い。結論はまだ出ず。

西海岸からはリンジーから、刑務所行きが決まったパリスの免除嘆願願いの署名を頼まれたが、これは拒否する。
どう考えてもパリスが悪いのだから、ここできっちり苦労すべきだ。今は彼女と会うことはできないが、会えたらここらへんのところをきっちり説教しようと思う。
あと、来週はリアの悩みを聞く予定だ。いろいろ忙しい中年だ。
いい天気で、吉祥寺でも出て、いせやで一杯やりたいところなのですが、ギリシャ悲劇に取り組んでて、つらおだわ。
つらおっちゅうのは、ルーさんの口癖で、「そりゃ、つらおだな」とか言ってた。マチネ、ソワレとかあるとき。
そういうわけで、これちゃりったら、また原稿用紙に戻るけど、やめて吉祥寺行っちゃうかも知れない。

朝、歯を磨き出すと妙な味なので、はっとした。間違えて湿疹のクリームを歯ブラシに絞り出したのだった。

で、「アメリカン・アイドル」はやっぱりサンジャヤ落選だった。
この頃になると、出演者、サイモンの毒舌に反論したり、司会者とサイモンがほぼ本気モードでやり合ったりとまた違った展開を見せていておもしろい。出演者も最初の時期と比べると格段とあか抜けてきているのでしみじみする。技量ではもう圧倒的にメリンダが頭ひとつ出ていてほぼ優勝決まりだと思うのだが、本命がなぜか優勝しないというのが、この番組の今までのシーズンでは見られるそうなので予断を許さない。まあ、男性陣はみな小粒のように思えるし、私はラキーシャが好きなので応援したい。私の優勝予想はラキーシャということにしておこう。でもメリンダの歌声は圧倒的だ。

で、今は意味も理由もなく、斉藤龍鳳の映画批評本なんか開いて呆然としている。
原稿、書かなくちゃ。
で、今日は夕刻、インタビューと打ち合わせが二件だ。

ところで、これも別に何の理由があるわけではないのだが、四方田犬彦氏の例の『先生とわたし』のなかで、自分(四方田氏)は比較的早い年齢でデビューした者なのだが、同年代で遅れて出た人にたまに想像だにしなかった嫉妬の感情から発生する仕打ちを受けたりすることがあり、まさかと思う反面びっくりする、と言った件が書かれていて、私も同様の思いと経験をしたことがある。
別に昨日今日見舞われたってことじゃないんだけど。ふと思い出したので、書いた。