公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
そういうわけで、ほとんど頭からっぽにしてオリンピックみとる。
フェンシングっておもしれーな。決まると頭の側面がぴこぴこ光って、中世とアニメの融合って感じで、会場も暗転とかなるし、ビジュアル的にもカックイーよ。これで人気出んじゃねーの。

星野ジャパン、ピリッとせんかい。働いてんの川崎だけじゃねーのか。
それにしても、星野がメンバー交代で近づいてんのに、抗議だと思って後ずさって思わず退場コールしちまう審判には笑ったな。
「なんだ、おこってたんじゃなかったのね。だって顔こわいんだもん」
てなところか。
ほとんど、コントだったなー。
稲川淳ニの怪談って、微妙に滑舌が悪いから、聞き取ろうと思って集中しちゃうよなー。それが手か。

なぎら健壱の酒エッセイはおもしろいねー。

ところで、高校演劇全国大会の折り、顧問の先生らに昨今のモンスター・ペアレンツの実態などを聞いたのだが、そのペアレンツとは私とほぼ同年代と思われる。私らとは文句世代なのかと考えた。どういうことかと考えた。それで、はっと思った。思えば、私らの小学生、中学生、高校生の時代は理不尽なことばかりに遭わされていた。教員にである。はたかれるなんざ、ざらだったし、教員は教員という特権を振りかざして、自分らの理不尽さに見て見ぬふりをしていたようなものだった。
と、この私も教員のことを思い出すと、これほどいろいろ怨みがあるわけで、我々の世代とは、自分の子供を通して、教員という人々に復讐しているのではないだろうか。
ま、かわいそうなのは、今の先生方なわけだが、教育というものは、私は本当のところ、よくわからない。

ひさしぶりの休みで頭をからっぽにしたいのだが、本を読んだり、こうしてブログとかやりだすと、いろいろ考え出しちゃって、いかんな。
ほんっと、頭を無にしたい。
無、無、無、無、無。
北島コースケ、荒川区の精肉店のせがれってとこがまたいいよなー。
メンチカツがおいしそーなお店だなー。

タモリの弔辞の全文を入手して読んだが、やはり芸人タモリってひとはさすがというか、凄いなー。テレビではカットされていた箇所で今は無き新宿の飲み屋ひとみの名前が出ていてなつかしかったな。ひとみって靖国通り沿いにあって朝までやってて、なぜか店員がバーサンばっかで、私ら二十歳代の作家、編集者なんかとよく行ったところで、なぜかおれ、バーサンたちによくしてもらったなー。

花田清輝はやはり戯曲より評論のほうがいいな。

ところで猫だが、愛のかわいさが増していってる。
睦はグラビア・アイドル系だが、愛はこつこつといたずらをし、物事に執着する文化系で、独特のこだわりを持ち、からだも睦よりは小型だ。
小夏はもう母であることをやめて、かつてのようににゃあと小粋な芸妓のようにすりよってくるし、いろいろ忙しい日々ではある。

DSCN6703.JPG
で、京都でコミュニケーション入試っちゅうのやってんだけど、おあつうございますどころでないよ。毎日酷暑で昨日なんて37度で、しっかり汗疹だらけだよ。

で、おとついは鞍馬で釜飯食べて、出町柳で日本酒やって、さんま、いさき,鳥の心臓食べて、夜の高野川を歌歌いながら帰った。誰かに見られてたかも。京都って狭いからそういうこと多々あり。

で、昨日は神馬で鱧天、さえずり、牡蠣など食べました。
おいしゅうございました。
贅沢だって?この暑さのなかじゃ、こういう贅沢でもしなけりゃ、やってられないんですよ。
しっかし、この京都での食いっぷりはメタボへの道一直線か。

猫らが恋しい。大学のキャンパスに生後一週間あたりと思われる子猫二匹発見。母猫の姿は見えず、やせていて目やになどつき、しかし、我どうすることもできず、ただ愛、睦ららの、この子らと比べての毛艶の良さを思う。
で、京都で会議二個やって、夜、下鴨神社の御手洗祭というの初めて行った。ろうそく持って御手洗池に足漬かって穢れを清めるってやつ。夜の御手洗池気持ちよかったっすよ。
で、池から上がると湧き水の神の水をいただくわけ。
で、今年の今日こそは鰻を食いそびれてはならじと四条に向かって、無事鰻屋見つけて、うな重ときも焼き食べた。
鰻業界の策にはどんどん乗りたいわけ。
平賀源内も大好きだし。
で、ひさしぶりに先斗町のバーでラフロイグ飲んだ。
しっかし、先斗町の店並も、しばらくいかないと変わるねえ。
バーのマスターによると、それはそれは界隈の店舗の変化は激しくて、三ヶ月で閉店してしまう店もあるとか。

鰻万歳!大好き鰻!
以前一度、白焼き食って、うな重二段重ね食うってのやって、大いに満足したけど、さすがにもたれたなあ。

がんばれ、山本モナ!


何年ぶりかでプール行って泳いだ。
女たちにも行くかって聞いたら、小夏と愛は「いやっ」ってことで、睦は「いくいく」ってついてきた。
で、どこのプールかって、おれさまがいくところだぞ、都内ホテルのプールに決まってっだろがっ。って嘘。近所の200円の区営プール。
で、睦はやっぱ猫で、「お水はやっぱいやー」って入らなかった。プールサイドをはたはたと走っていて、まわりはもう「猫だ、猫だ、プールで猫だっ」って大騒ぎ。
しっかり監視員のねーちゃんに怒られたけど、にやにやしてるばかりのおれにあきれて、何もいわなくなった。
で、おれ、20メートル泳いだら、もう息が切れた。それでもがんばって三往復ぐらい泳いで、生ビール飲んで、らーめん食べて帰ってきた。
睦は周知不機嫌。
最近、愛、睦は食欲すごくて、がっついて小夏のまで横取りする勢いなんで、困ってしまう。
小夏ってほんっとやさしくて怒らないんだよね。
だからいつまでも甘ったれで、睦なんか小夏にすりよっちゃ、しゃーっていわれるんだけど、小夏も小夏で怒りながらなめてあげたりしてる。
ほんっと、愛、睦、いまだペットシーツでションベンしてるんだからねえ。

で、テレビで初めて聞いた鼠先輩の歌の下手さ加減に驚いた。

で、NHKの「私がこどもだったころ」の桂歌丸師匠。横浜の遊郭のひとり息子だったとは知らなかった!
このひと、何かあると常々感じていたのだが、そういうことだったのか。番組での師匠の昔話に深く感じ入った。すばらしい話だった。

遊郭といえば、ところで私の連載小説『リハーサル』だが、えらい展開になってる。だいじょぶかね。

しっかし夏になると体重増加気味になってくるなあ。動かないからかな。
で、京都で授業やってる。
昨日食べた天然の鮎はおいしかった。

で、さすがに少し疲れが残ってるもんで、時間が空いたところで、鞍馬まで繰り出して温泉入った。いやー、癒されるもんですな。だらだら、ぼーっとしていました。

で、日芸の一年生に課外授業として『路上2』の稽古、本番を見学させたり、手伝いさせたりしてレポート書かせたのだが、けっこうみんな冴えてるんで、これは期待が持てそうだ。いろいろな劇作志望の者どもがいる、ということです。

で、愛はどんどん女の子らしくなっていくのに比べて、睦はどんどん発達し、和田アキ子状態になっていく。でも、甘えん坊は睦のほうで、まだ小夏に甘えようとして拒否されて、それでもきょろんとしているのだが、どうも興奮するとトイレじゃないところでジョロジョロやってしまう癖が抜けない。しかも、睦のおしっこはふんじょーじょーって量が多いんだ、これまた。

祇園祭、鉾巡行を控えた京都、馬鹿暑いっす。
そうそう、長刀鉾んところで、ちまきも買った。
なんだかんだと京都を満喫しているみたいだけど、今だに京都という街は大いなる他者。ずっとそうなんだろうなあ、
だから、私はおもしろがってんのかなあ、とも思う。
わが京都なんて言い草はできそうもない。愛すべき他人、京都、か。
そういえば、昨日ニュースで上野の聚楽第が閉店したと知った。いずれ閉まるとは聞いていたが、昨日とはしらなんだ。こんなに忙しくなかったら近日中にでも行ったところだったのになあ。
レストラン聚楽は、田端の祖父祖母らに連れられて幼少の折り行き、なんと豪華な食堂だろう!と幼き私が感激した場所であった。
最後に行ったのは去年だったっけかな。今年の最初だったっけかな。
ナポリタンに生ビールと電気ブラン。
おいしゅうございました。

で、今日は初夏の陽気ですな。
愛の発情はまだおさまんないよ。

馬鹿みたいに忙しくて、馬鹿になりそうだよ。

t&a&m0804.JPG

ほんっと、まんなかの疲れた酔っ払いの顔がコワイ!
左が愛、右が睦。

t&k0804.JPG

いとしの小夏。
で、あたたかくなって睦も愛もしっかり発情している。愛はじっくり発情という感じだが、もう睦は激しくて、興奮してそこいらにおしっこしてしまうんだな。

で、今は京都で卒業式。初めて卒業式に立ち会った。
とはいうものの、本番直後で教員モードにならず、ふざけてばかりだ。

来週からは『毛皮のマリー』の稽古だ。精神分裂気味で、情緒も不安定だ。って別にどーってこともないんだけど、何かこのままだと現代演劇は滅びるという気がしてならない。
本格的な稽古は来週からってわけで、今日はいろいろ準備。
吉祥寺へいろいろ資料探し。
タワーレコードいって、ヴィレッジ・ヴァンガードいって、バサラ・ブックいって、古本屋もひっかけて。
暖かくて気分がいい。