彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
六時間一分五十三秒かけ、途中ションベンをだらだら垂れ流しながら、完走。くたびれた。
って嘘に決まってんだろがっ。

『路上3』、ほぼ脱稿の気配。
立ち食いそばのプロを自認している。マニアとはいいがたいが、プロだ。
西武新宿線駅沿線の狭山そばはいい。殊に所沢駅構内の狭山そばは、プラットホームにあるということもあって、旅先の地方駅で食べているような風情が味わえる。
あと、新宿思い出横丁なかの「かめや」は安くておいしくてもう二十歳代からお世話になっている。
最近この「かめや」に異変があって、二回ばかり満席で待たなければならない局面に出くわした。まず外国人が大挙してやってくる。どうやらガイドブックに載っているらしい。若者が大人数でつるんで食べとる。不景気のせいだろうか、ギャル連も天ぷらうどんかなんか食ってる。子ども連れの家族も来る。
いいんだけど、大勢で来られると一気に占領されて、しかも食べ始め食べ終わりがみんな同時間だから、団体の食べ始めに当たってしまうと、待たなければならなくなるんだよな。
で、待っていると待つほどのものかと考えるわけ。いくらうまいといっても立ち食いそばは、ちゃっと頼んでちゃっと食べてちゃっと払ってちゃっと去るのが流儀だと思うわけ。
で、やめてしまうのね。妙に人気が出てしまった店゜というのは、こうやって常連を失っていくわけね。
また、行くけれど。

で、このあいだ「かめや」でたぬきそば食べてたら、初老のおやじが「てんぷらせいろ」と頼んで、店員が出したら、「あったかいやつだよ」とかぬかしてやがんの。
店員さんはやさしく「せいろは冷たいおそばですよ」って新宿の立ち食いらしからぬ親切さで、変更を了承していたが、せいろの意味もわからないシロートが来やがるようになった。
ま、立ち食いにこういう憤りは似合わないんだけどね。
とにかく、安くてうまいよ。
ただし関西人には、汁の濃さは合わないだろうな。

それにしてもこの日本政治のていたらくはどうだ。
そろそろおれの出番か。
ケーブルテレビでやってる『素浪人花山大吉』にはまってしまった。
といっても初めて見るわけではなくて、小学生低学年のころ、よく見ていたユーモア時代劇。おもしろいねえ、今見ても。
おからが大好物の万用談素浪人花山大吉と蜘蛛が大嫌いな焼津の半次の道中記。
ね、これだけでもおもしろそーでしょ。
で、毎回のタイトルもふるってて、
「若様はおからが大好き」
「自分を探してたのは自分だった」
「笑いながら棺桶かつぐ」
ってすごいでしょ。
近衛十四郎が大吉で、焼津の半次が品川隆二。
このふたりがまたいいんだよねー。
DVDでも出せば売れるぞ。
もしかしてもう出てるか。

それにしても、昨日佐高信の文章で引用されてた伊藤肇の言葉、
「いかなる実力者、名社長といえども、亡くなった日から逆算して、3年間にやったことはすべて失敗である」は重い。
そこで佐高信は、七十歳で引退を決意する経営者を称えるのだが、私は最近七十五歳前後の方々とつきあうことが多くなるにつけ、実感しきりの言葉だ。
一見して頭がしっかりしているような方も、アレ?という事態に接することがあるのだ。
人間七十歳現役引退が正解か。
しかし、人ってやつは若い時期そう思っていても、いざその年になるとやたら業が深くなるということか。
この業から逃れられる者こそ、偉い老人ということか。
まだまだ若いと思っている老人というのは、その認識自体がぼけている証かも知れない。

それにしても、深夜の創作メモというやつは翌日たいてい使い物にならないもんだな。
みなさん、明けましておめでとうございます。
で、牛の笑い声が、うっしっしというのは間違いで、ほんとはブーフッフが正解なんですって。

昨日の大晦日から頭はからっぽ。
からっぽのまま、紅白とか見てた。でも、冒頭のあゆは見られなかった。無念。
森進一、なんか鬼気迫っててこわかったなあ、顔。
石川さゆりの「天城こえ」って初めて真剣に聞いたけど、こわい歌だねえ。
大トリで泣いてた氷川きよしに思わずもらい泣き。
よくやってきたよ。
白組優勝で大感激。ってこれは嘘だけど。

今日は笑点スペシャルとか見て、風呂掃除した。
今年もよろしくお願いいたします。
浮き草稼業のわたしら、皆様方が頼りです。
秋の花粉が襲来していて、鼻水だっらだら。くしゃみちんちーん。

で、先週はけっこういろんなことかっとばして、日曜、サウナにマッサージやってもらったら、月曜照り返しか、ぼっろぼろ。だるくて仕方なかったのだが、火曜は復活して原稿ばりばりやって寝たら、背中が凝りで痛くてしかたなかった。

ところで、秋のテレビの新番組とかみてっと、やたら感動モノ、泣き泣かせモノが多いなあ。出演者の泣く姿やたら見せんのな。
気持ちわりい。みんなあ、簡単に感動とかすんのやめよーぜ。
いいよ、ぼくあ、ひとりでにんぴ人と呼ばれたって感動しねーさぞ。
昔スピルバーグの映画『ET』で泣かない人は人じゃないとかいわれていた時期があって、このくっだらねー映画で何が泣けんだとか大きな声でいってたら、村八分にされたことがあった。まあ、どーでもいーけど。
すいません、原稿疲れで頭おかしくなってる。
小堀さん、先週は楽しかったね。
楽しく飲まなきゃ酒じゃない。

で、テレビ見てて、三谷幸喜ってひと、妙な年のとり方したなあと思ってたら高須クリニックの院長だった。
リア・ディゾン、妊娠、結婚だと!?
伸び悩みは否めないからなあ。
グラビアだと栄えるが、動いてる実物は思いのほかオーラないからねえ。
それと姿勢がよくない。

そういうわけで、リアのニュースにショックを受け、よろよろと新幹線に乗り、京都で会議。
その後、渡邊守章氏らと飲み、楽しい時を過ごし、しばしリア・ショックを忘れる。
コミュニケーション入試で京都二日行って、帰ってきて日芸後期最初の授業やって、その足でまた京都行って、今度はプレゼン入試っちゅうのやって、帰京して、明日は深浦のお別れ会なのだが、当初何かあいさつをと言われたのだが、私はすでにいろいろメディアでしゃべっているのでと固辞したところ、なぜか弔辞を頼まれてしまった。これはまったく予想だにしなかった。
これは、いつものようにふざけるわけにはいかない。
当たり前だが。
で、次期首相はテイチクレコード演歌部営業課長になるのか。
マダム・すしのほうが全然ましだ。
例によってニュースは国民不在の総理選びとかいってるけど、大統領選じゃないんだから、仕方ないだろっ。自民党投票した国民が大勢いたんだから。

で、今日はいろいろやることあるんだけど、これでまた当分晴れの日はなさそうだし、プールとかいって遊んでこようか、なんて今考えてる。
八月も終わりだ。
まあ、ゆっくり休んだみたいだが、書き物はしていたし、なんやなんやとあって、要するにどこからかどこまでが休みだったのか判然としない、相変わらずの職業だ。

で、明日はテレビナマ出演で、ルー大柴路線でいこうと思っている。
もちろん冗談である。

星野仙一の夏が終わった。
しかし、星野ジャパンに感謝したいのは、自分が、やはり、こんなに野球が好きだったということを再認識させてくれたことだ。

今朝、猫たちが私の足元で三人くっついて寝ていた。
暑さの終わりを猫たちの動向で実感するも、これで本当に夏は終わりなのだろうか。

『リハーサル』の第九回を脱稿。
予定では第十回が最終回である。