彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
三越と伊勢丹が合併して、三越伊勢丹ホールディングを名乗るというが、演劇界もこういうのが進んで、数年後、文学座と青年団が合併して、文学青年団になったりしてね。文学青年座だと青年座との合併になっちゃうからなあ。

で、小説やっと一段落したけど、連載は続くし、まだ先は長いぜ。

で、小夏の発情は治まりました。
で、今日は三匹をケージに入れて病院連れてって、三匹、ワクチン注射しました。ケージに入れるのはけっこう緊張するんたけど、親子一緒だし、小夏は二度目だし、思いのほか、みんな、静かだった。
愛も睦も、注射が刺さる瞬間は、きゃっと鳴いたけど、けっこう平然としてた。小夏は2.75キロとやはり小型の猫だ。睦と愛はまるで同じ体重で900グラム。
で、注射で具合悪くなる子もいるらしいんだけど、安静にしているようにのアドバイスもどこかで、走り回り、はしゃぎまわり、よ。DSCN0725.JPG
DSCN0733.JPG
DSCN0703.JPG
猛暑のなか、言葉と物語を紡いでおります。
新国立の稽古場には、顔合わせ以後一度も行ってなくて、小説が一段落ついてから行こうと思っている。
しっかし、稽古場を離れていると、こんな日々に稽古をするってのが異様に過酷に思えてくる。
で、小説なんだけど、「せりふの時代」に『リハーサル』っちゅうの連載してんだけど、第五回が終わって全体の三分の一ぐらいかな。何を書いてるかっちゅうと、愛だよ、愛!ってうちの子猫のことじゃなくて、ほんっと現代の愛、痛い愛を描こうってわけよ。
「先考えないで書いてるっしょ」などと失敬なことをいってくる人がいるが、まあ見てらっしゃい、これからすごいことになってしまうから。
で、「主人公の演出家は、自分でしょ」なんちゅうこという人いるけど、そう思われるのを避けようと思って、体型を肥満型にしたんだけど、やっぱり「おれ」って一人称で演出家だと、おれがモデルだと勘違いされる。この男ほどおれはヤクザじゃないって。っていっとかないと教育者として失格ってんで大学クビになるのも嫌だから、いっとく。
この小説のためにもたまに新宿をぶらぶらして空気を感じてないといけないんだ。

で、いきなり朝青龍だけど、処分は甘すぎるぐらい甘いと思うね。
ようするに舞台でいうと、本公演が終わって地方公演って時に出なかったわけだろう。仮病で。こんなのクビに当たり前だろが。こういうの劇団にもいたよ。本公演と地方公演の間にのうのうとやめるやつ。許せない輩だよ。でも、こういうのに限って、それがいかに非常識なことかってわからないで、ひとつきも経たないうちにのうのうと「おひさしぶりです」とかいって人の前に現れるわけ。あったまくるよ。って、こういうのを思い出し怒りってんだよね。

で、小夏っすけど、発情期ですごい鳴き声で、近所迷惑かもしれんってんで、つらいっすよ。本能。おそろしきは、本能。
愛は、小首をかしげて人を見上げるのがくせで、それがちょうど滝川クリステルのカメラ目線角度と同じなんだなあ。
もう睦と愛は、走り、跳んだりはねたり、ネズミだよ、ネズミ。あるいはニューヨークのリスだよ、リス。
猛暑のなか、ずっと小説書きでくたびれている。もうほとんど家にいっぱなし。なんだか、起きるとアレルギーでくしゃみと鼻水が出るし、汗疹だがなんだかで痒いし、明け方はザ・ココナッツの大運動会で起こされるし、まあ、これはこれでいいんだけど、小夏がここ数日おかしくて、ぎゃあぎゃあ鳴いて外に出せって主張するのね。
で、これはぼちぼち離乳期だし、子どもに狩りを教えなければという意思なのかなとも思っていたのだが、どうも研究するに、離乳の時期の発情期らしい。確かに鳴き声はそういう感じ。
猫って三ヶ月おきに発情期がやってくるもので、子どもの手が離れる頃、これで外に出すとまた交尾して帰ってくるってことになるらしい。
こりゃ早急にワクチンやって、不妊手術を施さないと。
つまり、野良猫のメスの寿命って二、三年だっていうが、このサイクルで妊娠、出産、子育てしてたら、当たり前だということがわかった。しかも、野良だと外敵と食事確保のストレスが加算されるし、事故もあるしで、そりゃ長生きせんわ。

で、今日は執筆に疲れて近所の公園いったら、猪瀬直樹にそっくりの牡猫が歩いてた。

帰ってくると、昼寝から目覚めた小夏が、ぎゃあぎゃあ発情声あげてて、愛と睦はその母を見て、「まっ、あっしには関係ないけど」みたいな顔してたりして、こういう季節に、元気ですかってあいさつやめような。
この暑さで元気なわけねーじゃねーか。
それにしても昨日の滝川クリステルの和服姿、可愛かったなあ。

瀬戸内寂聴の『秘花』読んだが、けっこうエッチな小説ね。っていうか瀬戸内さんの小説ってみんなエッチだけれどね。八十何歳かで、これだけエッチなもの書けるってのはたいしたもんですよ。おれもこうする。
自殺という死に方は、本人が望む望まないに関わらず、強烈に主張をしてしまう。あるいは主張しているというように捉えられてしまう。だから、主張されたと思う側、すなわち、残された側は、その主張にどう反応していいのかどうか、主張した本人はすでにこの世にいない分、戸惑いは大きい。
政治家の自殺に「侍だ」などとコメントする神経、考え方は、どういうことなんすかね。自殺=主張を全面的に認めた考えだと思うが、自らのマッチョ性を露呈させるのみならず、死んだ人までマッチョの仲間入りをさせようとしていて傲慢ではないか。
こんなケースで、侍を使って取り出すのは、やめようよ。

何も主張しない純粋自殺というものがあり得るだろうか。つらつら思うに、川端康成の自殺は相当それに近かったのではないか。当時、川端自殺の報を聞いても、あまり世間は驚かなかったように記憶する。
もうやりたいことやりつくしたし、やってないことといえば自殺ぐらいじゃねーかな、じゃ、いっちょやってみるかってな感じがあって、死によって、何かを訴えようという気配はおよそなかったように思う。
で、「近代能楽集」とかを舞台に取り上げるから、三島好きなのとか聞かれること多いのですが、何も好きだからやるなんて単純な回路で演出などやってはいられないし、やれるものでもないわけであって、小説家で今でも好きなのは、私、圧倒的に川端、おもしろいのは谷崎ですよ。

で、現役ではやはり圧倒的に大江健三郎が、今でもその新作、おもしろいっすよ。特に最新の「おかしな二人組三部作」はもう変、変、実に奇妙な小説で抱腹絶倒だよ。
とか、思っています。けっこう古い趣味だよな、おれって。

いろいろなジャンルの、さまざまなスタイルの劇を書いて、「私」などというものは、それらいろいろさまざまな舞台に散らして、なくしてしまいたい。
一作一作、違うものを書きたい。

昨日は稽古後、アメリカ・ツアー及び国内ツアーについての打ち合わせ。
今日はほんっとひさびさの稽古休みで、「せりふの時代」に連載中の小説「リハーサル」の執筆。
永井愛さんがいきなり第三回を読んで、
「なに、このすごいことになってるやつは」
といってたやつで、確かに一回から読まないと、なにがどうしてこうなってるのか、皆目不明と思われる。
テロの時代の痛すぎる愛を描こうと思ってるんだけど。
そう、痛愛というやつ。
いろいろな意味で痛すぎる愛。
これまで長編やろうとして挫折ばっかしてるから、これは是非完成させたい。
現実感を喪失させている登場人物ばかりで、書いているうちに自分も、そのようになってしまう。
でも、それでいい。
「川村毅」という実在と意識を霧散させてしまいたい。

それにしてもふと気づくと寺山修司が亡くなった年齢になっている。
だからなんだというわけではないが、この年齢で終わりとはさぞかし寺山さんも無念だったのではなかろうか。
それとも人間の寿命とは決められているもので、その人にとってはそれでいいということなのだろうか。

痛愛をテーマにした小説が、死と隣り合わせということもあり、生と死のことばかりを考える。
あるいは、私にはやはりバタイユが常に意識の片隅にあるのだろうか。

全然関係ないが、最近安易な社会派の劇が持ち上げられすぎじゃねーか。
そういうテーマ取り上げれば、とりあえず思考しているとみなされるこの風潮はなんだ。
わかりやすくなんか訴えてるそぶりを見せると、みんな納得しちゃってよお。
だから、笑いは笑いでしかないと書くケラに共感してんだ、最近、おれ。