彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
戯曲セミナー[演劇]
別に全然悪意があって書くわけじゃないけど、中日、日ハムの日本シリーズってキョーミわかねーなあ。

で、昨日は神保町で編集会議があって、出たところで古本市やってたんでうろうろしていたら、五柳書院の小川さんにばったり会って立ち話で用事一件済ませてしまった。
で、イタリア書房ひっかけて、劇作家協会の戯曲セミナーには時間があったので、九段下で下車して靖国神社の遊就館に行く。なるほどこの展示の何がよく問題になっているのかがわかった。しばし考えるのでここでのコメントは控える。
で、三茶に戯曲セミナーの講師やりに向かったのだが、これ毎年けっこう二時間何しゃべろうかって苦労して考えるのよ。去年何しゃべったかなんて全然忘れてて、よく二時間もしゃべったなあとか思うし、他の人もよくしゃべれるなあって感心するし、劇作家ってみんなそれぞれ一家言持っていてたいしたもんだよなあ。
で、たまたま『アルゴス坂の白い家』の創作ノートを開いたら、いろいろ創作のプロセスがメモしてあって、これをお見せしながら、しゃべるってアイデアを思いついて、あとはもうでたとこ勝負。こういうのって、面倒だし、あたし、あんま詳しく準備したり考えたりしないのね。ほんっと、でたとこ勝負。だからそれなりに緊張もするわけ。
で、二時間無事やり終えて、今年の受講生はなんかみんなきらきらしているなあ、なんてえらそーに思ってたら、飲みに誘われたんで、受講生の方々とがちゃがちゃ飲んでたら、市来さんがぼんやり現れて、やあやあとあいさつした。前は新宿のナジャでばったり会って、最近よくこのひととは飲み屋で出くわす。セミナーの前には世田谷の奥山カチョーと会ってイタリアのこととかも話したりして、本当によく人に会う日だ。
で、飲み屋の払いは、なぜか受講生の相模原の歯医者さんにしてもらっちゃって、すいませんでしたねー、相模原の歯医者さん、なんかの機会があったら今度は私に払わさせてください。
でも、受講生のおひとりの質問で、「彷徨亭の写真のちょび髭は付け髭ですか」って、あたりめーだろが。
ってんで、今日は小説の執筆。

おれも、渡辺さんにならって川村たけって改名しようかな。
川村タケがいいかな。ばーさんみたいかな。川村竹だと新種の竹に見えるかなあ。おせーて、美輪先生っ。

それにしても小夏はおもちゃのネズミくわえて子供らに狩りの稽古をさせようとして、にゃーにゃー呼ぶんだが、愛と睦も家生まれだから、全然知らん面で窓の外見てたりしてて、なんか小夏もこれまでの野良の子育てと調子が狂っているみたいで、なんかたまにかわいそうになってくる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/63915043