彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
この世界の片隅に[映画]
ドラマの感動とは、ストーリーや登場人物に自分と重ねることが出来る要素が多ければ多いほど強まる。
私は原爆の体験者でもなく、戦前戦中の世代でもないのに多くの方々と同様に心動かされた。
最後にタイトルロールが流れ出すと、ああ、こうして祖父祖母たちは、両親は戦争の時代を過ごしたのだなと思い、さらに思いは拡がって、これだけ破壊破滅の世界からよく日本人は生き延びたものだといった万感の思いが胸に去来した。広島に原爆が投下される前の呉市の空襲の挿話が効いている。呉市にこんなに空襲が遭ったということも驚きだが、東京の大空襲もこんなふうだったのだろう、これ以上だったのかも知れないと、一気に自分の生地の過去と重なってくる。祖父祖母、両親の人生を想う。
アニメの力がまた強い。ヒロインが実在の人間ではないから、ある種の抽象性を帯びていて、見る人それぞれの想像力の導入の幅が広い。実在の女優がやっていたとしたら、どんなに演技が上手い方でも、この抽象性には適わなかっただろう。
昨年はこの映画と『シン ゴジラ』と二本の国民映画が誕生したといっていい。
どちらも原爆と放射能と戦争が深く関係している。日本人の深層にはそれらが止みがたく刻まれているということだ。
ただ国民映画という呼び方には若干の批評性も含まれていて、日本国外では国内のような共感と賛辞はないかも知れないという保留が添えられている。
『シン ゴジラ』はまずアメリカ人には受けないだろう。無論『この世界の片隅に』もだ。
さらに他のアジアの国の方々はどう見るのだろうか?
多くの方々の感動に水を差す気はないが、黒澤明の『八月のラプソディ』完成時の記者会見でひとりの外国人記者が「日本の加害者としての立場はどうなのか?」と質問していた光景を思い出してしまう。
そういうふうに見る映画ではない、といった空気でその外国人記者の質問は穏やかに無視されていた。
『この世界の片隅に』にそうした質問が浴びせられたら、恐らく日本国民はやはり、つぶやくに違いない。
そういうふうに見る映画ではない。
その答えは正解だが、見る人によっては正解ではない。
そこいらへんが常に難しい。表現というものの難しさ。国民映画の限界もまた覚悟していなければならない。
涙をこぼしながらも、そう思ったのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/447310159