彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
期待はずれ[映画]
HBOのテレビドラマ『ウエストワールド』は鳴り物入りの放映だったのだが、いっこうに面白くならない。やたら凝ったシナリオが錯綜気味でわかりにくく、登場人物も複雑で躍動しない。創り手がカッコつけ過ぎなのだ。キューブリックにでもなったつもりかと悪態をつきたい。

映画『クリーピー』のつまらなさには、見終わって呆然とした。黒沢映画なので多少の事は目をつぶって敬意を表したいところだが、なんだか登場人物がみんなおマヌケ過ぎる。冒頭から刑事達は簡単に取り調べ中の容疑者に逃げられてしまう。主人公を含めて以後刑事達はサイコパスの家に無防備でのこのこ上がってっては簡単に殺害されたり、ヴェテランの刑事もまたのこのこ上がってって落とし穴にはまる。なんというおマヌケさ!
主人公の妻もまた男達に劣らずおマヌケで、感じの悪い隣人にわざわざ余ったシチューを持っていかなくてもいいだろう。おマヌケというか、ここでおかしいのは明らかに妻のほうで、もらう方はサイコパスでなくても、越して来たばかりの隣人の作ったシチューなど恐ろしくて口に出来ないだろう。つまりここは、おかしくなっていく妻の伏線ということなのかも知れないが、見ていると、なんたるおマヌケとつぶやいてしまう。
ラストはサイコパスもまたおマヌケでしたで終わる。
イタリアンホラーテイストに徹した『ロフト』のほうが、理不尽な展開にそれなりに釈然とした。
『クリーピー』は釈然としない。本格派のサスペンスを期待させるかのような装いだからだ。やはり最初から黒沢映画だからと思って見なければいけなかったのね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/444047370