彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ぼんやり[映画]
なんか梅雨前ということもあってか、公演の疲れなかなか取れずぼんやり。
三日間酒を断つ。平気だ。今日も飲まずに夜を過ごそうか。
蜷川幸雄氏の死は公演初日だった。
しっかりと話したことはなかったが、パーティー会場なとでは、氏の方から近づいて話しかけてくれた。
今はもうないベニサン・ピットでは公演後、氏がどこからともなく現れて、「お疲れさまです」と言って去っていった。私はといえば、「へい」とか「はあ」とか言ったたけだった。
人見知りどうしが向き合っても会話は弾まずということか。
パーティー会場で一度、私の戯曲でという立ち話しがあった。そこで平身低頭でもして、「ぜひ、よろしくお願いします」とかやれば実現していたかも知れないが、結局そうしたことはなく終わってしまった。
いや、平身低頭は関係ないだろう。ご縁がなかったのだ。
氏について、いろいろ書きたいこともありそうだが、墓穴を掘りそうなのでやめとく。
しかも、今はぼんやりだ。ぼんやりだと本心でもないことを本心のようにつぶやいてしまうことがある。
だから、私はツイッターをやらない。

『ズートピア』を見た。さすがディズニーの協同脚本、ストーリー作り。飽きさせず、巧みだ。
アメリカの警官礼賛映画かよ、闇はもっと深いぜとかとかつっこみどころ満載だが、そのつっこみもディズニー映画を前にしてすると、恐ろしくクリシェな批判に思える。つっこみたがり屋はディズニー映画を見なければいいのだ。
でも、あまり主人公のうさぎ、可愛くないな。駐車禁止をがつがつ取り締まる、新人警官うさぎのシーンは、田舎で優秀だった若者の焦りとマニュアルでしか判断しない融通のなさが的確に出ていて秀逸だった。

『レヴェナント』を見た。
レオナルド・ディカプリオの演技と撮影の凄み。
それだけ。それだけってこれだけで充分だけど。
熊のシーンにびっくりしたがCGに決まってるよね。思えば、この監督、前作の『パードマン』でもCGを上手に使っていた。
でもなんか最近ながーいワンシーンワンカット流行ってるな。どうだ、すごいだろというつぶやきがスクリーンの背後から聞こえる気がする。



 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。