彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
六道の辻[街]
四日間にわたるコニュミケーション入試が終わり、昨夜帰京。
三日目の晩、お盆の六道の辻に向かい、現世と異界の境の夜を彷徨う。
五条坂では陶器祭りが開かれ、歩道に陶器の屋台が並ぶ。
六波羅蜜寺の萬燈会をのぞき、お参りの人々でにぎわう珍皇寺の境内を歩き、西福寺に至る。ここの風情が最高にいい。畳を上がり、「九相観図」を見る。生きているときには美人の女性が、死後腐乱し、蛆が湧き、次に鴉につつかれ、野犬に食べられ、やがて骨になり、最後にその骨も消えて土になるのが、九つの絵で描かれている。
あっけらかんとした無常感だ。もともと無常とは淡々とした明るさに支えられたものだとも言える。
近所の「櫻バー」で一杯やろうとするも満席。
陶器の屋台連なる五条坂を上がり、四条に向かう。道中、徳利に注意するが、いまいちこれだというものにめぐり合わず。縄手通りの小さな鰻屋に入って、肝焼きときんし丼を食べる。

日本選手、メダル決定とか四強決定の時に、喜びすぎ泣きすぎで、それで終わった感が無意識に刻印されちゃって金取れないんじゃないの。通過点だと思ってクールにできないのかな。それで金取れない結果になったら喜びそびれちゃうから、メダル決定時に大いに泣いておこうというのだろうか。まあ、メダルの色にこだわるなってことか。でも金、金っていっててそれを目標にしているのなら、決勝進出決定でもちょいとクールに決めるところがあってもいいのにな。ニュースの絵としては盛り上がらないだろうが。
それにしても、国が貧しくなっていくとサッカーが強くなるという仮説が現実味を帯びてきた。
渋谷で馬鹿騒ぎしてる場合じゃねーぞ。三位決定、男子サッカー、女子バレーの相手がともに韓国。そしてこの時期韓国大統領竹島上陸か?ってこれ、両国民の大多数、政治とスポーツは別物と割り切れることか?
不吉な予感。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/285860161