彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ローマへ[街]
スポレートは、初夏に開催される国際芸術祭で有名だ。かつて天井桟敷が招かれて『奴婢訓』を上演したことは蘭さんから聞いた。
芸術祭はそのころよりも規模は縮小され、音楽中心で開かれ続けているということだったが、近年再び舞台も取り上げられ、今年は死ぬ直前のピナ・バウシュ、そしてロバート・ウィルソンの『クラップス・ラスト・テープ』などが上演されたという。
へー、ロバート・ウィルソンってまだ演劇やってんだね。もうオペラしかやってないと思った。
さらに来年から舞台で盛り上げようという現地の演劇関係者とも会ったが、現在のイタリア首相ベルスコーニはテレビ局のオーナーということもあってか、国民は演劇など見に行かなくともテレビも見ていればよろしいなどとまじめに語り、演劇への支援が極度に削減されているという。このことはこの後、ローマで野外オペラの『トスカ』を見に行った際、上演前、スタッフ、キャスト全員がベルスコーニの政策に対する反対表明を舞台上でアピールしていたことからも伺われた。

で、ウンブリアをあとにした。
出発の朝、窓辺に真っ白い鳩がとまって、私を見るのだった。
惜別の意味か、あるいはローマの旅の無事を祈ってくれたのだろうか。

DSCN9994.JPG

さて、これよりローマ。私、単なる観光人。

DSCN0002.JPG

トレヴィの泉の前で。一人旅のはずがなんで撮られてるんだって?
近くのおっさんにシャッター切ってもらったのさ。

DSCN0006.JPG

DSCN0008.JPG

DSCN0009.JPG

パンテオン。天井の穴から夕刻の西日が。
なんとも不思議な穴だ。
この下にラファエロの墓がある。

DSCN0017.JPG

DSCN0018.JPG

ナヴォーナ広場のカフェでビールを飲んでいると、大胆にも一羽の鳩がテーブルに上がってつまみのピーナッツをぱくぱく食べ出した。鳩に縁がある一日だ。どこまで食べるのかと思うほどに大量に食べ、もたもた飛んでいった。

DSCN0019.JPG

翌日の午前中は元気にコロッセオへ。なかに入ろうとするが、長い行列で、しばし並んだが、やめてヴァチカンへ。

ヴァチカン博物館には並ばずに入れた。正午頃である。この時間がどうやら空くようだ。人々の後をついてシスティーナ礼拝堂までいってしまて、いきなりメイン・エベントのミケランジェロの『最後の審判』を目の当たりにして、外界の音が一切遮断されてしまうほどの感動を覚える。大勢のひとが静かにせよという警護の者の警告の言葉を無視してわいわいするなか、私はひとりっきりの気分で長時間見上げていた。首が痛くなった。
で、もうこれでいいやと思ったものの、まだ見てないものがあると再び来た道々を歩き、ラオコーンかアンソール、ダリ、エルンスト、ベーコン、シャガール、ルオーとゲップが出そうになり、最後はラファエロの『アテネの学会』で締める。
いやはや、もう満腹なんてものではなく、これで十分とホテルに戻る。

DSCN0031.JPG

ラオコーン。

DSCN0032.JPG

アテネの学会。

で、夜九時よりカラカラ浴場で野外オペラ『トスカ』。

DSCN0034.JPG

日の入り間近のカラカラ。

DSCN0036.JPG

上演前の舞台での反ベルスコーニのアピール。

終演は12時近く、文化会館の高田さんの車で送ってもらったのだが、深夜だというのに車は多く、しかも横入りがんがんくるし、びゅんびゅん飛ばす。私の血は騒ぎ、こういう土地ならば車を所有して運転したいと思った。

なんかしみじみイタリア、好きだ。
スローなくせにせっかちで、スマートなんだか愚か者なのか不明であり、なんだかよくわからないところが好きだ。










トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/125126555