彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
大相撲春場所、WBCと忙しい週に突入してしまったが、往復書簡、第二章『森にて』について書こうと思う。
タイトルを決めたのは私で、書き出しも今度は私からであった。
19歳で殺人を犯したとされ、十年間服役して出所し心機一転立ち食い寿司を始めたものの、やはり立ち位置が不安定で自殺を決意し、樹海に向かったという設定が『森にて』である。
そこで主人公は同じく死にたいと思いつつ躊躇している自殺志願者や、自殺をしたい人のボランティアだから死ぬのを助けるという奇妙な論理を持つボランティアに遭ったり、ひとりでマグロの解体ショーをやってみたりするうちに、さらに混乱の深みへとはまっていく。
その混乱を受け継いだジェスランの後半は、Xという主人公のアルターエゴを登場させ、実は森の光景とは主人公が獄で見ている妄想で、彼は未だに服役中であるのではないかと思わせる展開を繰り広げていく。終わり近くになるとやはり森にいるらしいという展開になり、どうやら主人公は森に火を放って大火事を起こし、そのために多くの自殺志願者達を焼死させたらしいことがわかってくる。わかってくるというか、それもまた現実か妄想かははっはりしない。難解になっていくのだ。この件が全編中一番難解な箇所だ。物語の種明かしも謎の解明もないままに第二章は終わる。

私の書いた前半部分の英語はサラ・マクドナルドさんが下訳してジェスランに送り、ジェスランはその先を書いた。第一章同様25分ほどの作品となった。
森下スタジオで第一章第二章続けての都合50分ほどの日本語リーディングを私の演出で行い、第二章の一部分の英語リーディングがジェスラン演出で行われた。
数ヶ月後、マンハッタンのラ・ママ・ギャラリエで第一章と第二章の英語リーディングが第一章の時と同様、ジェスラン演出、キャスティングで上演された。
ニューヨークリーディングの模様は当日乗で見ることができる。
第一章は2015年3月「NY日記」で、第二章は201512月「冬のマンハッタン」で。
興味をもたれた方はそちらをご覧ください。
では、続きはまた明日。