彷徨亭日乗 −川村毅の日記−

公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ジョンの後を書き継ぐ。上げる。
恐ろしい。アメリカ新大統領は本当に恐ろしい。必ず文化芸術にも干渉してくるぞ。
日本のテレビ、報道ステーションとnews23のキャスターがトランプ絡みでニヤニヤ、ニコニコしながら話題にしていることに違和感を覚える。のんき過ぎる。
東京ニューヨーク往復書簡の第三章、ジョン・ジェスランはこんなタイトルをつけて寄越した。中身はいやはや現在のアメリカの痛い思いがひしひしと感じ取れる地獄絵図だ。訳していて震えた。
雑ながら和訳し、私は今書き継いでいる。やたら時事的な内容になりそうだ。リーディングは第一章から全編やる予定です。お楽しみに!
日芸の授業で所沢にきたところ、佐伯隆幸氏の訃報を知らされる。急に一昨日ということだ。
ああ、人が亡くなっていく。人が亡くなっていく。
佐伯氏は私の舞台をほぼ見てくださったのではないだろうか。最後の姿は昨年の『荒野のリア』KAAT公演だった。
やったあ、優勝!
IMG_4605.JPG

いただいた薔薇。

IMG_4604.JPG

睦と薔薇。

IMG_4600.JPG

小夏と薔薇。
先週のことだ。京都入りして2日目の夜、講演会で京都にいた渋谷和宏氏と落ち合い、今年初の神馬で舌鼓を打った。それから久しぶりに祇園のバー、サンボアに行き、年配のマスターが去年に亡くなったと知った。
土曜日、『新宿八犬伝』の初日が開いて再び神馬に行き、そこでおかあさん、つまり大将の奥さんから大将が去年の11月に亡くなっていたことを聞いた。大将は具合が悪く、去年は店には出ていなかった。葬儀は家族で済まし、店を休むことはしなかったという。私は11月には来店はしていなかった。12月にいったときには誰も大将の死をおくびにも出さなかった。酒を飲む場所ならではの気遣いである。常連に告げる機会を探ることの難しさというものだ。
ああ、ついに逝ってしまわれたかと私は大将・酒谷芳男さんの顔を思い浮かべて酒を飲み、のど黒、鯛のかぶら蒸し、琵琶湖のもろこ、鯖寿司を食した。
15年間、京造に通った。つまりおよそその年数神馬で毎週酒を飲み、料理を食べた。私の京都を支えたのは神馬であった。神馬があったから京造に通えた。楽しみはなにより夜の神馬で、神馬に行けるからと折れそうな心を奮い立たせた。
京造を辞めるこの年、奇しくも大将は逝ってしまわれた。こんなことをいうのは失礼だが、私にとってなんと切りのいい終わり方だろうか。
「この世に未練はない」と大将は今わの際で言っていたとおかあさんは話してくれた。なんとも大将らしい。「京都京都は嫌や」と言ったりもする、さくっとした人柄のシティボーイで、.20歳も年長なのだが、友達のように話しに付き合ってくれた。
「東京から京都に通うものには京都の呪いがつく、殺される」と渡辺保氏が言っていたと渡辺守章氏に聞かされたことがある。心当たりがあるので妙に納得した。
酒谷芳男さん、ありがとうごさいました。神馬のおかげで私は生き延びることができました。

しかし神馬通いはこれで終わるわけではない。今後毎週というわけにはいかないが月イチ単位で向かう。
ですので、三代目・直孝さん、よろしくお願いします。
神馬よ、永遠なれ。
終了。学生一同の総力戦で素晴らしい舞台だった。ヘルプの大人の皆さんには感謝。カーテンコールで舞台に上げられ、花束をもらう。みんな泣いてる。なんと幸せな終わり方をできた私だろう!
劇場を出ると外は雪が舞っている。京都市内の雪景色というめったに見られない風景をタクシーは走る。
京都駅に混乱はなく五分遅れでのぞみ号は来るも、京都名古屋間は徐行運転。窓から雪景色。
今日という日は忘れられなくなりそうだ。
昨日無事幕が開いた。
終演後、神馬で食事して出ると雪がざんざん降っている。それが一時ふりやみ、またふるの繰り返し。

今日起きると窓の外は盛大に降っている。
なんという風情だろうか。こんなことはめったにない。
ゲネプロ、無事完了。
予想を超えた出来。
感無量。
寒い京都。明日は雪か。
雪の第5巻。いいかも。