公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
IMG_4476.JPG

愛です。

IMG_4475.JPG

やっぱり愛です。

IMG_4477.JPG

いっぺえやっか。
ニューヨークのジョン・ジェスランからメールが届く。
大統領選挙結果以後、ニューヨーク人々は絶望的なムードだと言う。自殺の森だと言う。
来年の3月のニューヨーク/東京往復書簡はジョンが先に書く。
絶望のニューヨークからどのようなテキストが届けられるのか、楽しみだ。
『アイ アム ア ヒーロー』は優れたゾンビ映画でこのレベルのゾンビモノが日本映画で遂に誕生したことは喜ばしい。最近の日本映画の監督はみんな見せ方が上手い。ほんっと上手くて舌を巻く。しかも一人や二人ではない。これは日本のマンガが貢献しているように思う。原作の面白さのみならず、マンガのコマ割りの巧さが映画のカット割りに影響を与え、実にリズムのある展開を映画に及ぼしているということだ。
日本映画、エンタメ度は負けない。これでいい。しかし一方でかつてのATG映画の如き難解モノが恋しいわたくしである。

さて、年末まだゴタゴタあるが、メインは活字の荒野へと向かう。
IMG_4455.JPG

睦とパイナップル。
新作に向けての資料読み、漁りの日々。

横綱三人を破り、注目された途端ジョージアの栃ノ心に負ける稀勢の里が好きだ。先場所は謎のニヤニヤ笑いをしたり、ほんっと面白い。予測をことごとく裏切る男稀勢の里、大好きだ!
OJシンプソン事件を扱った『アメリカン・クライム・ストーリー』はいやはや面白かった。
アメリカンはこういうエンタメ社会ドラマの作り方が上手いね。
検察側の女性検察官を演じたサラ・ポールソン、黒人検察官のスターリング・K・ブラウンが実にいい、上手い!