公演情報
詳細お申し込みははこちら≪

■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


【一般発売】
≪京都公演≫
2016/6/29(水)10:00〜〜

≪東京・神奈川公演≫
2016/7/16(土)10:00〜

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−

コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
なんだかんだとベイスターズ調子いいじゃない。
でも監督のラミレスってメディアにまったく無視されているね。
都知事選候補者の主要3人以外扱いですね。
都知事選政見放送、面白いねえ。
相模原で実に嫌な事件が起こった。
事故、天災、テロと未来は何が起こるかわからない。
「これから世界が明るくなるとは思えない。20年後の世の中など想像したくないから、さして長生きしたくない」
と語ったのは70代の京都の女将である。20年後といったら私はまだ生きていられる年数である。すべてを受け入れる覚悟と平常心で生きようと思い、基本的に能天気な私は暗い気分に浸りきることはないが、人間という生き物は本当に愚かだ。

話は違うが、ポケモンGOではしゃぐテレビのコメンテーターは馬鹿じゃないかと思う。やくみつる氏だけがまともだ。
それと日本テレビのニュースゼロでは番組の最後に宇多田ヒカルの曲をBGMにして、その日のニュース映像を細切れに流すが、この演出は事件事故のリアルを封じて情緒的に処理しようという無意識の作為が感じられて嫌な感じがする。概ね日本の夜のニュースショーは映像に音楽を被せ過ぎる。悲惨な映像にメロディーを付随させると、たちまちリアルは遠い世界の遠い出来事になってしまう。あるいはこれこそテレビの作り手側の意識的な意図だろうか。
今日も色々ありましたけど、とりあえず忘れて眠りましょう、とでもいうような。
しかし、そんな演出はこの時代癒しにもならない。嫌な感じだ。
毎日名古屋場所に釘付けになっています。今面白いねえ、大相撲。
前頭の上位あたりに面白い力士がぞろぞろいるね。みんなガチンコでいいっす。

ところでヴィデオで立川談志の『芝浜』を久しぶりに見た。談志はけっして自分が好きな噺ではないと常々言っている。私もまた談志見事とは思うが、どうも噺自体が好きではない。好きになれない。
芝浜の女房は気味が悪い。

今日は実は京都祇園祭り後祭宵山を愉しんできた。
京都文化博物館でダリ版画展も見た。ダリっていうのは相変わらずで面白くなかった。

昨夜は神馬で舌鼓をうち、河原町のうすいで、竃猫を呑み、女将と実に深い話をした。
うすいは8月いっぱいで閉店である。
例年よりは暑くなく過ごしやすい祇園祭りの夜、うすいを出て蛸薬師通りのコンビニでソフトクリームを買い、酔っ払ってB級甘味に浸りつつホテルに帰るという、このささやかな幸せ。56歳。

夕方東京に戻ってきたのだが、帰りの中央線でガラ携のワンセグで稀勢の里が白鵬に勝つのを確認した。
さて日曜日の相撲が楽しみだ。
世界文化遺産登録はめでたいが、それを抜きにしても、この美術館は大好きだ。
祖父母の家は田端で上野は幼少期のテリトリーで、何度も通ったのが、西洋美術館であり、松方コレクションのハイム・スーチン『狂女』にかなりの影響を受けた。
明日10時、『荒野のリア』、東京、神奈川、前売開始です。
左側の公演情報からクリック、クリック!